4月21日「権威は、神によって立てられたもの」

人は皆、上に立つ権威に従うべきです。神に由来しない権威はなく、今ある権威はすべて神によって立てられたものだからです。(ローマ信徒への手紙13章1節)

パウロは今日の聖句において、国家に対してキリスト者がどのような態度を取るべきかについて語る。国家もまた神が立てたこの世の秩序であり、神の支配のもとにある。為政者は神から権威を託されて、神と人とに仕えるのである。為政者が権威を託されて、上に立つのは、国民の命と人権を守るためである。この目的を遂行するために、国家は法律を定め、行政を行う。国家と行政の仕事はこの目的のためであって、国民を支配したり、他国を侵略するためであってはならない。

パウロは、国家の権威は神に由来することを語った上で、国家に対して「良心のためにも、これに従うべきです」(5節)と勧める。「良心のためにも従う」とは、「良心が許さなかったら従うべきではない」という他の側面を含む。人間は権力を持つと誘惑に陥りやすい。為政者は神と人とに奉仕する者であるのに、しばしば神の名を利用したり、自分を神のように権威づけて、国民を従わせようとするのである。その時には、良心に従って、服従を拒否しなければならない。

かつて日本も、天皇の名によって国民に国家への絶対服従を強要した。教会も時流に押し流され、国家の強要に屈した。教会の過ちの理由は、キリストの支配が人間の内なる魂だけにかかわり、国家とは無関係であると考えたことにある。イエス・キリストは私たちの個人的な主であるだけではなく、国家も地域共同体も家庭も支配する生の全領域の主である。

Share

Related Posts

None found

  1. 牧会あれこれ(4)賀来周一

  2. 牧会あれこれ(5)賀来周一

  3. 5月10日「なぜ、泣き騒ぐのか」

  4. 2月20日「七の七十倍までも赦しなさい」

  5. 【Road to えきゅぷろ2022】 第4回 教会どうでしょう「セクシュアリティ×教会×コロナ」を終えて

  6. 空気は読まない、時代の波にも乗らない 【アメリカのコロナ病棟から 関野和寛のゴッドブレス】第1回

  7. 遺伝の法則を発見したメンデルは科学者ではなく神父でした

  8. 2020年12月16日「成し遂げられた」

  9. 2020年12月5日「わたしの平和を与える」

  10. 【宗教リテラシー向上委員会】 カハル(会衆)とデモ 山森みか 2020年9月1日

  11. 【インタビュー】作家・下田ひとみさん 小説の作り手として、万物の造り手である神様のことを思いながら(前編)

  12. 【クリスチャンビギナーズ】第1回 聖書について教えて!

  13. 9月8日はハヤシの日

  14. 2020年8月10日「人の子には枕する所もない」

  15. ドイツ哲学のキーパーソンは『車輪の下』の大先輩

クリスチャンプレス をご支援ください

300円 1000円 5000円 10000円

※金額のご指定も可能です。

金額をご指定

リンク用バナーダウンロード

画像をダウンロードしてご利用ください。

リンクを張っていただいた場合は、ご連絡いただけると幸いです。