4月24日「強くない者の弱さを担う」

わたしたち強い者は、強くない者の弱さを担うへきであり、自分の満足を求めるべきではあリません。(ローマの信徒への手紙15章1節)

パウロはキリスト者の倫理について述べる時、キリストの生き方、特にその十字架の姿を念頭においている。彼は「キリストも御自分の満足はお求めになりませんでした。『あなた(神)をそしる者のそしりが、わたし(キリスト)にふりかかった』と書いてあるとおりです」(3節)と言う。キリストは徹底して人を愛し、神をそしる不信仰の罪さえご自分の身に受けとめた。そして、十字架上で、「父よ、彼らをお赦(ゆる)し下さい。彼らは自分が何をしているか知らないのです」(ルカ23・34)と祈った。

今日の聖句の「弱さを担う」は、「十字架を背負う」(ヨハネ19・17)と同じ言葉である。キリストは私たちの罪のために私たちに代わって十字架の裁きを引き受けた。このようにして私たちの罪を贖(あがな)い、神と和解させてくださったキリストの十字架の苦しみを仰ぐ時、キリストの愛が私たちに迫る。私たちは罪深い人間であるが、この罪人の私がキリストによって神に受け入れられた。「だから、神の栄光のために、キリストがあなたがたを受け入れてくださったように、あなたがたも互いに相手を受け入れなさい」(7節)と聖書は言う。

夫婦、親子、兄弟、友人の関係において、人はみな受け入れられることを必要としている。受容こそ人間関係を暖かくする。ところが、性格も、考え方も、育ちも違う人間が交わり、生活を共にする時、私たちは受容の難しさを経験する。互いに受け入れ合うためには、まず私たちがどのようにしてキリストにより神に受け入れられたか、その愛と苦しみを少しでも思うことが大切である。そこから、他者を受容する力が与えられる。

Share

Related Posts

None found

  1. 4月12日「神がイエスを、復活させられたと信じるなら」

  2. 【連載小説】月の都(31)下田ひとみ

  3. 3月27日「神の恵みにより、義とされる」

  4. 神さまが共におられる神秘(37)稲川圭三

  5. 【東アジアのリアル】 コロナ禍の韓国教会における礼拝認識の変化 李 恵源 2020年11月1日 

  6. 【今日は何の日】1881年10月25日 パブロ・ピカソ誕生日

  7. 世界初のバブル経済「チューリップ・バブル」 

  8. 「ガリレオvs教会」の構図は後世の脚色だった?

  9. 信仰を封印して、神に創られた人間の愛おしさを描く 下田ひとみ『落ち葉シティ2』

  10. ミロのヴィーナスの失われた両腕が持っていたものは禁断のリンゴ?

  11. 9月25日はグレン・グールドの誕生日

  12. 教理も死も超えて(上) 【アメリカのコロナ病棟から 関野和寛のゴッドブレス】第12回

  13. 名横綱谷風を負かしたのは風邪でした

  14. 「ラプンツェル」のモデルかも!? 〜聖バルバラの記念日〜

  15. 【今日は何の日】11月23日 聖ゲオルギオスの祝日(ジョージア)

クリスチャンプレス をご支援ください

300円 1000円 5000円 10000円

※金額のご指定も可能です。

金額をご指定

リンク用バナーダウンロード

画像をダウンロードしてご利用ください。

リンクを張っていただいた場合は、ご連絡いただけると幸いです。