4月26日「わたしのために、神に熱心に祈ってください」

わたしのために、わたしと一緒に神に熱心に祈ってください。(ローマの信徒への手紙15章30節)

パウロはローマ教会の信徒たちに自分の伝道計画を伝え、「あなたがたに会い、...共にいる喜びを味わってから、イスパニアへ向けて送り出してもらいたい」(24節)という希望を伝えた。ここに教会の交わりを大切に思うパウロの姿がある。

しかし、ローマに行く前に、パウロは諸教会から集めた献金をエルサレム教会に持って行かねばならなかった。そのエルサレムでは大変な危険が予想された。回心してキリスト教の伝道者となったパウロを、ユダヤ人に対する裏切り行為と見なし、彼の命を狙う者たちがいたからである。また、エルサレム教会にも、異邦人を見下すユダヤ人キリスト者がいたので、異邦人から集めた献金が拒絶されるかもしれない不安もあった。

このような恐れと不安があったので、パウロはローマ教会の兄弟たちに、「わたしがユダヤにいる不信の者たちから守られ、エルサレムに対するわたしの奉仕が聖なる者たちに歓迎されるように」(31節) 祈ってくださいと、今日の聖句のように願ったのである。しばしば危険な立場に置かれたパウロにとって、恐れと不安を乗り越える道は神への祈りであった。彼が祈りを重んじるのは、自分の願いを実現するためではなく、祈りを聞いて、御心(みこころ)をなさるのは神であると信じていたからである。それゆえ、パウロは熱心に祈るとともに、兄弟たちにも祈りの応援を求めた。パウロにとって、一緒に祈ってくれる兄姉の存在は大きな励ましであった。パウロが自分の働きや計画を語り、また、不安や恐れを隠さないで、兄姉たちに「祈ってください」と率直に言えたのも、教会の交わりを信じたからである。教会の交わりは、祈りによって固く結ばれる。

Share

Related Posts

None found

  1. 【今日は何の日】1997年7月22日 「ONE PIECE」連載開始

  2. 2月2日「だれでもわたしのもとに来なさい」

  3. 思い出の杉谷牧師(7)下田ひとみ

  4. 神さまが共におられる神秘(39)稲川圭三

  5. 2020年11月2日「水と霊とによって生まれなければ」

  6. 2020年9月4日「信仰がなくならないように祈った」

  7. 神さまが共におられる神秘(30)稲川圭三

  8. 漱石は「月が綺麗ですね」とは言っていない? 

  9. 歌舞伎メイクのイエス・キリスト

  10. 3月28日「その信仰が義と認められます」

  11. 神さまが共におられる神秘(78)稲川圭三

  12. 【夕暮れに、なお光あり】 怪我の功名 島 しづ子

  13. ボヘミアンだって、クリスマスには歌って踊る。 〜『ラ・ボエーム』と『RENT』〜

  14. 2020年7月23日「土の器」

  15. 【今日は何の日】11月23日 聖ゲオルギオスの祝日(ジョージア)

クリスチャンプレス をご支援ください

300円 1000円 5000円 10000円

※金額のご指定も可能です。

金額をご指定

リンク用バナーダウンロード

画像をダウンロードしてご利用ください。

リンクを張っていただいた場合は、ご連絡いただけると幸いです。