4月29日「福音の初め」

神の子イエス・キリストの福音の初め。(マルコによる福音書1章1節)

「マルコによる福音書」の冒頭の言葉である。マルコが福音書を書いたのは、イエスという人物の伝記を書くためではなく、神の子イエス・キリストによってもたらされた福音(良い知らせ)を伝えるためのである。迫害や脅迫があったにもかかわらず、初代教会が福音を宣べ伝えたのは、イエスが誰かを知ったからである。復活の主イエスにお会いして、主イエスが「神の子」であると目が開かれた時、その生涯と十字架の死は、世を救う神の出来事であると知ったのである。

主イエスの死は、神が人の罪を赦(ゆる)すために、罪なき神の子が人の罪の裁きを代わって引き受けた贖(あがな)いの死であった。まさに神は人間の罪によって争いと不正に満ちてしまった世界を救うために、御子の死という一回限りの出来事によって、人の罪を赦し、罪人に和解の子を差し伸べる愛を示されたのである。

イエス・キリストによる救いは、神の深い計画によって定められ、イスラエルの預言者たちによって語られていた。その最後の預言者であるヨハネは、人々の罪を指摘し、悔い改めを促すバプテスマを授けた。ヨハネの使命は人々がキリストによる「罪の赦しを得る」ための準備をすることであった。ヨハネは言う。「わたしは水であなたたちにバプテスマを授けたが、その方は聖霊でバプテスマをお授けになる」。

「聖霊でバプテスマを授ける」とは、罪の赦しが神から来る一方的な恵みであるということである。復活のキリストは、今、聖霊によって、罪の赦しを宣言し、私たちを神と和解させ、神の祝福のもとに生きる者にしてくださる。ここに世を罪から救う神の計画がある。これが神の福音である。

Share

Related Posts

None found

  1. 3月22日「これを通して神を知ることができます」

  2. 【今日は何の日】1483年8月9日 システィーナ礼拝堂開場

  3. 【発達障害クリスチャンのつぶやき】 はじめて聖書を読むかたへ(2)どこから読むか

  4. クラファン応援!限定公開【大頭眞一の「焚き火」日記】 石川ヨナ之巻(4) 2020年10月21日

  5. 神さまが共におられる神秘(73)稲川圭三

  6. 【Road to えきゅぷろ2022】 「えきゅぷろ」っていい名前

  7. 【解説】灰の水曜日って何?四旬節(レント)の意味は? 

  8. 3月11日「心は燃えても、肉体は弱い」

  9. 【東アジアのリアル】 台湾キリスト教長老教会の視点から見た李登輝 鄭 睦群

  10. 神さまが共におられる神秘(72)稲川圭三

  11. 3月28日「その信仰が義と認められます」

  12. 5月1日はアイルトン・セナの帰天日

  13. 【夕暮れに、なお光あり】 フーテンの寅とイエス 細川勝利

  14. 5月6日「神の御心を行う人こそ」

  15. 2020年9月29日「主イエスの恵みによって救われる」

クリスチャンプレス をご支援ください

300円 1000円 5000円 10000円

※金額のご指定も可能です。

金額をご指定

リンク用バナーダウンロード

画像をダウンロードしてご利用ください。

リンクを張っていただいた場合は、ご連絡いただけると幸いです。