4月30日「神の国は近づいた」

時は満ち、神の国は近づいた。悔い改めて福音を信じなさい。(マルコによる福音書1章15節)

主イエスは、貧しい人や病人の多い辺境の地ガリラヤを活動の地と定め、福音の宣教を開始した。今日の聖句は、主イエスが宣べ伝えた宣教の内容を端的に要約している。

神が罪の世界を終わらせ、王として支配される「神の国」は、主イエスの到来によって近づいた。主ご自身が福音を宣ベ伝え、活動しておられる此処に、神の国は来ている。「見よ、わたしは戸口に立って、たたいている。だれかわたしの声を聞いて戸を開ける者があれば、わたしは中に入ってその者と共に食事をし、彼もまた、わたしと共に食事をするであろう」(黙示録3・20)。

主イエスの言葉を聞いて、戸を開けさえすればよいのである。「時は満ちた」。今が、神に立ち返り、神の支配の中に生きる好機である。決定的な救いの時が来たのである。「悔い改める」とは、方向転換をすることである。まともな人間になって、神に立ち返れというのではない。主イエスは罪人に代わって十字架にかかり、罪の裁きを引き受けて死んでくださった。「今のまま、罪のあるまま、わたしのもとに来なさい」と主は招いておられる。

「福音を信じよ」を文字通り訳せば、「福音の中に信じよ」である。イエス・キリストを通して現れた神の愛の中に、身を置いて生きよ、信頼して生きよ、という招きである。そうすれば、「終わりの日」に成就される神の国に生きるだけでなく、今この世において、神に守られ、導かれて生きる。人間は弱い、孤独な存在である。何が起こっても大丈夫というものを持っていない。しかし、信じる者には、イエス・キリストが共にいて、その人生を担い、守り、導いてくださる。だから、苦難に直面しても、勇気を出して生きるのである。

Share

Related Posts

None found

  1. 【今日は何の日】1840年11月12日 オーギュスト・ロダンの誕生日

  2. 「キリスト教=ヨーロッパの宗教」のイメージはこの人から?

  3. 【chiyoのGOD ONLY KNOWS!】第1回 荒野にて

  4. 【今日は何の日】11月11日 聖マルティヌスの祝日

  5. 1月21日「人を裁くな」

  6. 2020年11月29日「光を信じなさい」

  7. 1月7日「心の貧しい人々は、幸いである」

  8. 2020年9月7日「人々は、叫び続けた」

  9. 倍返し、キリスト教ではダメなんです。 〜「目には目を」の本当の意味〜

  10. 人生を変える聖書のことば60(1) 編集部

  11. 【毎日連載】思い出の杉谷牧師(14)下田ひとみ

  12. 神さまが共におられる神秘(81)稲川圭三

  13. 2020年12月10日「永遠の命とは、イエス・キリストを知ることです」

  14. 【今日は何の日※臨時】2020年9月27日 正代が熊本県出身初の優勝力士になった日

  15. 【宗教リテラシー向上委員会】 イスラエルからの「メリー・クリスマス!」 山森みか

クリスチャンプレス をご支援ください

300円 1000円 5000円 10000円

※金額のご指定も可能です。

金額をご指定

リンク用バナーダウンロード

画像をダウンロードしてご利用ください。

リンクを張っていただいた場合は、ご連絡いただけると幸いです。