5月2日「イエスが、お叱りになると」

イエスが、「黙れ。この人から出て行け」とお叱りになると、汚れた霊はその人にけいれんを起こさせ、大声をあげて出て行った。(マルコによる福音書1章25〜26節)

聖書に悪霊の話が出てくると、現代人には関係ないと思ってしまうが、そうではない。聖書は人間の悲惨と混乱の正体を語る。例えば、人間は平和を願っているが、現実は争いと不信が世に満ちている。「平和は赦(ゆる)す心によって実現する」と知っても、現実は赦せない。復讐の連鎖を断ち切れない人間の世界に、人間の力では太刀打ちできない悪の力が働いているのである。悪の力は人間を怒りと憎しみに駆り立て、悲惨と混乱に陥れる。聖書はその悪の力を、悪霊という名で指摘する。そして、この悪魔的な力は、神の意志に従って生きようとする者こそ身をもって知る。

悪霊につかれた人は「かまわないでくれ」と叫ぶ。他者との関わりを拒む。「指図されたくない。自分のしたいことをする」、「人生の意味などない。死んだら終わりだ」と言って、自分の殻に閉じこもる。悪霊は何よりも人間を神に逆らわせる。悪霊につかれた人は、近づいて来る主イエス、自分に関わろうとする主イエスに抵抗する。しかし、主が彼に近づき、「出て行け」と一喝すると、悪霊はその人から出て行き、彼は救われた。

主イエスは人間を神の御手に取り戻すために、悪霊を追い出される。私たちは主イエスによって神に属する者とされる時、悪霊から解放される。そして、悪霊と戦う者となる。「わたしたちの戦いは、血肉(人間)を相手にするものではなく、...悪の諸霊を相手にするものなのです。だから、邪悪な日によく抵抗し、すべてを成し遂げて、しっかりと立つことができるように、神の武具を身に着けなさい」(エフェソ6・12〜13)。

Share

Related Posts

None found

  1. 【今日は何の日】10月4日 世界動物の日

  2. 9月26日は洞爺丸事故のあった日

  3. 【クリスチャンな日々】第30回 イエス様は離乳食の名人 〜たとえ話のたとえ話〜

  4. 2月4日「その人に『手を伸ばしなさい』と言われた」

  5. 【夕暮れに、なお光あり】 大浦湾の海亀とジュゴン 島 しづ子 2020年9月1日

  6. 【今日は何の日】8月1日 水の日

  7. 10月7日はミステリー記念日

  8. 3月2日はカレン・カーペンターの誕生日

  9. 2020年11月17日「あなたを罪に定めない」

  10. 【連載小説】月の都(16)下田ひとみ

  11. 【連載小説】月の都(22)下田ひとみ

  12. 「Mr.一万円札」のあの人はキリスト教を排斥した?

  13. 2020年7月23日「土の器」

  14. 3月30日「苦難をも誇りとします」

  15. 1月10日「みだらな思いで、見る者は誰でも」

クリスチャンプレス をご支援ください

300円 1000円 5000円 10000円

※金額のご指定も可能です。

金額をご指定

リンク用バナーダウンロード

画像をダウンロードしてご利用ください。

リンクを張っていただいた場合は、ご連絡いただけると幸いです。