5月7日「百倍の実を結ぶ」

良い土地に蒔かれたものとは、御言葉を聞いて受け入れる人たちであり、ある者は三十倍、ある者は六十倍、ある者は百倍の実を結ぶのである。(マルコによる福音書4章20節)

主イエスは「よく聞きなさい」と言って、種蒔きのたとえで「神の国」を語った。神の国は、語る主イエスと、聞く私たちとの関係において実現する。「種を蒔く人が種蒔きに出て行った。蒔いている間に、ある種は道端に落ち、鳥が来て食べてしまった。ほかの種は、石だらけで土の少ない所に落ち、そこは土が浅いのですぐ芽を出した。しかし、日が昇ると焼けて、根がないために枯れてしまった。ほかの種は茨(いばら)の中に落ちた。すると茨が伸びて覆いふさいだので、実を結ばなかった。また、ほかの種は良い土地に落ち、芽生え、育って実を結び、あるものは三十倍、あるものは六十倍、あるものは百倍にもなった」。

「種」は神の国の福音である。種が落ちた道端とは、福音が語られても耳を傾けない人である。その心は踏み固められた道のように、既成観念で固まっているからである。石地とは、福音を喜んで受け入れたのに、試練に会うと脱落する人である。まだ福音が根を張っていなかったのである。茨の土地とは、福音を受け入れたのに、この世の思い煩いや富の誘惑のために実を結ばず、収穫の前に枯れてしまう人である。良い土地は、福音を受け入れ、神の言葉に信頼して生きる人である。その人は、永遠の命という神の国の祝福の実を結ぶ。

神の国の福音は聞く人の応答に委ねられている。伝道者はこのことを良く踏まえた上で、農夫が収穫の喜びを胸に抱いて種を蒔くように、神の言葉が実を結ぶことを期待しつつ、うまずに福音を語り続けるのである。

Share

Related Posts

None found

  1. 【Road to えきゅぷろ2022】 「えきゅぷろ」っていい名前

  2. 【宗教リテラシー向上委員会】 共に祈る「オンラインキャンドル」の輝き 與賀田光嗣 2020年10月11日

  3. 神さまが共におられる神秘(57)稲川圭三

  4. 2020年11月5日「わたしが与える水を飲む者は」

  5. 5月21日「神の国に入るのは、なんと難しい」

  6. 【宗教リテラシー向上委員会】 共存のための住み分け再考 山森みか

  7. 4月21日「権威は、神によって立てられたもの」

  8. 神さまが共におられる神秘(51)稲川圭三

  9. 5月14日「その心は、遠く離れている」

  10. 【今日は何の日】2004年11月15日 ワイ公国建国

  11. 【イースター・メッセージ】神さまが共におられる神秘(48)稲川圭三

  12. 2020年12月11日「すべての人を一つに」

  13. 【今日は何の日】1893年9月10日 マリア・デ・ジェズスさんの誕生日

  14. 2020年11月12日「聖書はわたしについて証するもの」

  15. 聖書を日本語に翻訳したのはローマ字でおなじみのあの人

クリスチャンプレス をご支援ください

300円 1000円 5000円 10000円

※金額のご指定も可能です。

金額をご指定

リンク用バナーダウンロード

画像をダウンロードしてご利用ください。

リンクを張っていただいた場合は、ご連絡いただけると幸いです。