5月8日「どうしてそうなるのか、知らない」

人が土に種を蒔いて、夜昼、寝起きしているうちに、種は芽を出して成長するが、どうしてそうなるのか、その人は知らない。土はひとりでに実を結ばせる...(マルコによる福音書4章26〜28節)

主イエスは冒頭のたとえで「神の国」の秘密を語った。福音という種が蒔かれるところに、神の国は現れる。福音を聞いて、主イエスを信じる者たちが起こされるところに、神が真実と愛によって支配する神の国が始まっている。教会は地上においてすでに始まっている神の国である。

農夫は種を蒔くが、どうして種が芽を出し、成長するのか知らない。同じように、福音の種を蒔く伝道者も、どうして主イエスを信じる者が起こされるのか知らない。「土はひとりでに実を結ばせる」。信じる者を起こし、成長させるのは神である。ここに、神の国である教会の秘密が語られている。教会が進展してゆくのは、人間の業によるのではなく、神の業、聖霊による。聖霊は宣べ伝えられる福音を通して、イエスを主と告白するキリスト者を生み、ご自身の教会において育む。こうして神の国は進展してゆく。

神の国の進展が人間の業によらず、神の業によるのであるなら、私たちキリスト者はただ手をこまねいていればよいのか。そうではない。先に神の国に招かれた私たちは、主の僕(しもべ)として、主に託された福音の種まきをするのである。伝道する私たちにとって大事なことは、福音の種を芽生えさせ、成長させるのは神であるという信仰である。「神は、すべての人々が救われて真理を知るようになることを望んでおられます」(Iテモテ2・4)。私たちは神の御心を知る僕として、「御心をなさせたまえ、御国を来たらせたまえ」と祈りつつ、種まきにいそしむ。

Share

Related Posts

None found

  1. 5月24日「主がお入り用なのです」

  2. 牧会あれこれ(9)賀来周一

  3. ピーター・パンとダビデ王の意外な共通点

  4. 【インタビュー】作家・下田ひとみさん 小説の作り手として、万物の造り手である神様のことを思いながら(後編)

  5. 【東アジアのリアル】 陳日君枢機卿の「荒野の声」! 松谷曄介 2020年11月21日

  6. 2020年9月7日「人々は、叫び続けた」

  7. 「デッカンショー♫」の最後の巨人。世界を作ったのは神でなく「意志」である。 

  8. 2020年11月7日「目を上げて畑を見るがよい」

  9. 【東アジアのリアル】 台湾キリスト教長老教会の視点から見た李登輝 鄭 睦群

  10. 【今日は何の日】7月15日 レンブラントの誕生日

  11. 【今日は何の日】8月29日 洗礼者ヨハネ斬首の祭日

  12. 【教会では聞けない?ぶっちゃけQ&A】 牧師の引き際はどのタイミング? 上林順一郎

  13. 【聖書の不思議あれこれ!】第5回 「聖書」って何よ? その1 パダワン青木

  14. 2020年10月12日「イエス・キリストについて教え続けた」

  15. 2020年11月10日「だから、わたしも働くのだ」

クリスチャンプレス をご支援ください

300円 1000円 5000円 10000円

※金額のご指定も可能です。

金額をご指定

リンク用バナーダウンロード

画像をダウンロードしてご利用ください。

リンクを張っていただいた場合は、ご連絡いただけると幸いです。