5月9日「この人から出て行け」

イエスが、「汚れた霊、この人から出て行け」と言われたからである。(マルコによる福音書5章8節)

汚れた霊につかれた人が主イエスに近づいた。彼は墓を住まいとし、凶暴で、石で自分を打ち叩いていた。彼は人を傷つけるだけでなく、自分を傷つけていた。彼は自分で自分を制御できなかったのである。これは聖書が語る人間の姿である。この人は私たちと違わないのである。私たちは隣人を愛し、理解し合うことを願いながら、隣人を理解できず、憎み、争う。平和を願いながら、正義と愛国心をかたって戦争をする。まさに混乱しており、自己制御できない。主イエスは人間の自己矛盾の背後に悪霊が働いているのを見ている。「私たちは皆、悪霊にとりつかれて、狂い回りながら、山から海へ飛び込んで溺れ死んでしまう。これが私たちの運命です」(ドストエアスキー)。

今日の聖句のように、主イエスは「言葉」をもって悪霊につかれた人を解放した。この人は「正気になった」。主は彼を悪霊の手から神の子に取り戻したのである。神は人をご自分と向き合う者として創造した。しかし、人は悪魔に誘惑されて神との関係を捨て、その結果、他者のみならず自分をも傷つける人間になってしまった。このような人間を元のかたちに回復するため、「正気にする」ために、主イエスは来られたのである。

主イエスは「言葉で」悪霊につかれた人を癒した。主の言葉を聴き、主の言葉に自分をかけて生き始めるとき、私たちは癒され、正気になる。主の言葉によって、神に愛されている自分を発見し、神の御心(みこころ)を知ってこれに応える新しい人間にされて行く。環境のせいにしたり、人の声に振り回されるような人間でなく、神と向き合ってゆく主体的な人間にされてゆく。

Share

Related Posts

None found

  1. 神さまが共におられる神秘(36)稲川圭三

  2. 5月5日は立教大学の創立記念日

  3. 2月27日「これが隅の親石となった」

  4. 【あっちゃん牧師のおいしい話】第13回 豆談義(その1) 齋藤篤

  5. 【宗教リテラシー向上委員会】 オンラインによるムスリムとの接点(2) 小村明子

  6. 2020年10月15日「その愛によって、キリストと共に生かし」

  7. 4月2日「新しい命に生きるため」

  8. 【あっちゃん牧師のおいしい話】第11回 チーズサンド 齋藤篤

  9. 5月18日はマーラーが亡くなった日

  10. 【宗教リテラシー向上委員会】 イスラエルからの「メリー・クリスマス!」 山森みか

  11. 神さまが共におられる神秘(55)稲川圭三

  12. 本当は画家ではなく聖職者になりたかったゴッホ

  13. 5月3日「わたしが来たのは、罪人を招くため」

  14. 【あっちゃん牧師のおいしい話】第5回 これはジュースだ! 齋藤篤

  15. 5月25日は『広辞苑』初版の刊行日

クリスチャンプレス をご支援ください

300円 1000円 5000円 10000円

※金額のご指定も可能です。

金額をご指定

リンク用バナーダウンロード

画像をダウンロードしてご利用ください。

リンクを張っていただいた場合は、ご連絡いただけると幸いです。