5月10日「なぜ、泣き騒ぐのか」

なぜ、泣き騒ぐのか。子供は死んだのではない。眠っているのだ。(マルコによる福音書5章39節)

会堂長のヤイロは、「わたしの幼い娘が死にそうです。どうか、おいでになって手を置いてやってください。そうすれば、娘は助かり、生きるでしょう」と言って、主イエスにひれ伏した。主は父親の切実な願いを聞いて彼の家に向かった。しかし、途中で一人の女性と関わることによって、主の歩みは中断した。

そこに家から使いの者が来て、娘の死が知らされ、ヤイロの願いは打ち砕かれた。使いの者は「もう、先生を煩わすには及ばない」と言った。すべてが終わったと思える状況の中で、主イエスはヤイロに「恐れることはない。ただ信じなさい」と言い、彼の家に向かった。そして、家に入ると、大声で泣きわめいている人々に今日の聖句を語った。
この言葉を聞いた人々は嘲笑(あざわら)った。しかし、主は人々の嘲笑いを聞き流して、死んだ子供のいる部屋に、ヤイロ夫婦と三人の弟子だけを連れて入った。そして、「タリタ・クム(少女よ、起きなさい)」と言って、眠っている者を起こすように、死んだ子供の手を取って起こした。

主イエスはこのことを誰にも知らせないようにと厳しく命じた。なぜか。この蘇生の奇跡は、主ご自身の十字架の死と復活から切り離して、受け止められてはならないからである。これと切り離して、奇跡だけが語られるならば、誤解は生まれても、主イエスに対する正しい理解も信仰も生まれない。死が不条理であるのは、人間の罪のためである。しかし、神の御子イエスがすべての人のために死んで、罪の贖(あがな)いとなり、神と和解させてくださった。それで、主イエスの憐(あわれ)みを受ける者には、死はもはや死ではなく、御国に目覚める日までの眠りなのである。

Share

Related Posts

None found

  1. 2020年11月27日「お前の王がおいでになる」

  2. 【今日は何の日】1648年10月24日 ヴェストファーレン条約調印

  3. 【毎月1日連載】牧会あれこれ (30) 君と僕は同じだ 

  4. 世界初の殉教者は「天使のような」イケメン! 〜聖ステパノの記念日〜

  5. 2020年8月21日「見失った一匹を見つけ出すまで」

  6. 3月23日「自分自身を罪に定めている」

  7. 【クリスチャンな日々】第31回 料理にはスパイスを、人生には聖書を MARO

  8. 2020年10月12日「イエス・キリストについて教え続けた」

  9. 4月8日「神が味方であるならば、だれが敵対できますか」

  10. 2020年7月28日「神に仕える者として」

  11. 人間の寿命は最長120年と神様が決めました。

  12. 【今日は何の日】1557年11月22日(弘治3年11月2日) 織田信長が織田信行を暗殺

  13. 6月3日「それを見たら、信じてやろう」

  14. アメリカ、コロナ病棟に届くメリー・クリスマス(2) 【アメリカのコロナ病棟から 関野和寛のゴッドブレス】第9回

  15. 【今日は何の日】1978年11月18日 「人民寺院」の事件

クリスチャンプレス をご支援ください

300円 1000円 5000円 10000円

※金額のご指定も可能です。

金額をご指定

リンク用バナーダウンロード

画像をダウンロードしてご利用ください。

リンクを張っていただいた場合は、ご連絡いただけると幸いです。