5月12日「深く憐み、教え始められた」

イエスは...、大勢の群衆を見て、飼い主のいない羊のような有様を深く憐れみ、いろいろと教え始められた。(マルコによる福音書6章34節)

主イエスは弟子たちと舟に乗り、ガリラヤ湖の向こう岸に向かった。ところが、人々が追いかけて来るのを見て、舟を降り、岸に上がった。今日の聖句は、そこに待ち受けていた人々に対する主イエスの心情を伝えている。主は苦しみを背負って必死に救いを求める人々を深く憐れみ、そのような人々に「神の国」の福音を語ったのである。

時がだいぶ経ったので、弟子たちは主に人々の解散を進言した。これに対して、主イエスは人々を青草の上に座らせ、それから5つのパンを取り、天を仰いで祝福の祈りを唱え、パンを裂いて弟子たちに配らせた。すると、5000人以上の人々が食べて満腹し、しかも、残りを集めると12の籠に一杯になった。主イエスの奇跡は、超自然的な力を示す業ではなく、病気やさまざまな問題を抱えて苦しみ、必死に救いを求めている人々に対する深い憐(あわ)れみの業であった。救いを求める思いと主の深い憐れみが相まって、奇跡は起きた。そして人々は憐れみ深い神に覚えられている自分を知る者となった。

主イエスは人々を深く憐れみ、裂いて分け与えたパンをもって、十字架の上で裂いて与えるご自分を示したのである。人のためにご自分の身を裂く主イエスの愛は十字架に極まっている。主イエスは「主の晩餐(ばんさん)」を制定し、今も、私たちにパンを裂いて与える。私たちは裂かれたパンをいただいて腹の中に入れる度に、主の愛が私たちの魂の飢えを満たすのである。「わたしが命のパンである。わたしのもとに来る者は決して飢えることがなく、わたしを信じる者は決して渇くことがない」(ヨハネ6・35)。

Share

Related Posts

None found

  1. 4月19日は大中寅二の召天日

  2. 2020年12月30日「この聖書の言葉は、今日、実現した」

  3. 世界初の殉教者は「天使のような」イケメン! 〜聖ステパノの記念日〜

  4. 【くめさゆりのDAY BY DAY】第9回 小さな旅のススメ 久米小百合

  5. 【教会では聞けない?ぶっちゃけQ&A】 牧師館のプライバシーどう守る? 塩谷直也

  6. 【今日は何の日】1521年12月1日(大永元年11月3日) 武田信玄の誕生日

  7. 神さまが共におられる神秘(27)稲川圭三

  8. 牧会あれこれ(15)賀来周一

  9. 【今日は何の日】11月26日 いい風呂の日

  10. 3月27日「神の恵みにより、義とされる」

  11. 【くめさゆりのDAY BY DAY】第11回 近くて遠い?兄・弟・姉・妹 久米小百合

  12. 6月23日は沖縄慰霊の日

  13. 6月24日はドレミの日

  14. 生死の狭間からとんでもない人生が始まった! ジョン万次郎の誕生日

  15. 2020年8月12日「あなたがたに耳を傾ける者は、わたしに耳を傾け」

クリスチャンプレス をご支援ください

300円 1000円 5000円 10000円

※金額のご指定も可能です。

金額をご指定

リンク用バナーダウンロード

画像をダウンロードしてご利用ください。

リンクを張っていただいた場合は、ご連絡いただけると幸いです。