6月11日「いつも神に感謝しています」

わたしは、あなたがたがキリスト・イエスによって神の恵みを受けたことについて、いつもわたしの神に感謝しています。(コリントの信徒への手紙I 14節)

パウロが本書簡を書いたのは、コリント教会で起っている問題を率直に指摘し、これを正すためであった。しかし、今日の聖句のように、パウロはまず神の恵みに目を留める。御子キリストの死と復活によって私たちの罪を贖(あがな)い、私たちを無条件に赦(ゆる)して御許(みもと)に招く神の恵みである。「この神によって、あなたがたは神の子、わたしたちの主イエス・キリストとの交わりに招き入れられたのです」(9節)。パウロはまず、コリントの信徒たちがこの恵みによって救われた人々であることに目を留めて、神に感謝する。次に、パウロは主キリストとの交わりに入れられた信徒たちが、主を証しする言葉においても、主を知る知識においても豊かにされてゆく神の恵みを感謝する。コリントの信徒たちは主に仕え、共に教会を形成してゆく点で未熟な状態にあったが、パウロは信徒たちを豊かに成長させてくださる神の恵みに目を留める

さらに、パウロは教会の希望を語る。この世にある教会はしばしば混乱を引き起こし、弱さをさらけ出す。しかし、人の罪を贖い、ご自身との交わりに召してくださった神は真実な方である。神は恵みによって召した信徒たちを守り、訓練して、「主イエス・キリストの日に、非のうちどころのない者にしてくださ」8節)る。このようにパウロは、最後の日までに救いを完成してくださる神の真実と教会の希望を信じていたので、コリントの信徒たちに率直、かつ厳しい手紙を書くことができた。教会の問題だけに目を留めて、神の恵みと教会の希望に目を留めなければ、教会によく仕えることはできない。

 

Share

Related Posts

None found

  1. 【chiyoのGOD ONLY KNOWS!】第10回 ブラジルにて(前編)

  2. 4月15日「神の慈しみと厳しさ」

  3. 【毎週日曜連載】神さまが共におられる神秘(101)稲川圭三

  4. 5月19日「互いに平和に過ごしなさい」

  5. 【今日は何の日】1327年8月16日 聖ロクスの召天日

  6. 4月24日は星野富弘さんの誕生日

  7. 【chiyoのGOD ONLY KNOWS!】第12回 家にて

  8. 漱石は「月が綺麗ですね」とは言っていない? 

  9. 【東アジアのリアル】 「国家安全法」が突き付けた重い試練 倉田明子 2020年7月11日

  10. 【Road to えきゅぷろ2022】 クリスマス会「もろびと(オンラインで)こぞりて」を終えて 次回「教会どうでしょう」本日〆切

  11. つかの間の命と永遠の命は取り替えられない

  12. 【Road to えきゅぷろ2022】 第2回「教会どうでしょう」

  13. 【今日は何の日】10月10日 マグロの日

  14. 10月12日は神戸女学院大学の創立記念日

  15. 神さまが共におられる神秘(80)稲川圭三

クリスチャンプレス をご支援ください

300円 1000円 5000円 10000円

※金額のご指定も可能です。

金額をご指定

リンク用バナーダウンロード

画像をダウンロードしてご利用ください。

リンクを張っていただいた場合は、ご連絡いただけると幸いです。