2020年9月3日「わたしの血による新しい契約」

この杯は、あなたがたのために流される、わたしの血による新しい契約である。(ルカによる福音書22章20節)

 エルサレムで、主イエスは弟子たちと最後になる過越(すぎこし)の食事を守った。その昔、イスラエルがエジプトに寄留する奴隷であった時、エジプトを襲った神の裁きは、屠(ほふ)られた小羊の血を鴨居(かもい)に塗ったイスラエルの家を通り過ぎ、これによってイスラエルはエジプトの桎梏(しっこく)(束縛)から解放された。過越の食事は、イスラエルがこの出来事によって救われ、神の民とされたことを感謝し、神を礼拝し、神の戒めに従って歩むと誓った神との契約を覚えるものである。

 主イエスは食事の席に着くと、「苦しみを受ける(パスコー)前に、あなたがたと共にこの過越(パスカ)の食事をしたいと、わたしは切に願っていた」(15節)と言った。主イエスはご自分の十字架の苦しみと過越とを結び合わせて語った。そして、パンを取り、感謝の祈りを唱えて、それを裂き、「これは、あなたがたのために与えられるわたしの体である」(19節)と言い、杯も同じように弟子たちに回し、今日の聖句を語った。神は預言者を通して、イスラエルの民を贖(あがな)った最初の契約を更新し、「新しい契約を結ぶ日が来る」(エレミヤ31・31)と語った。それは罪の奴隷となっていた私たちを救いだし、神の民とし、その間に交わす新しい契約である。最初の契約で傷なき小羊の血が流されたように、新しい契約では罪なき神の御子(みこ)の血が流された。永遠の”霊”によって、御自身をきずのないものとして神に献(ささ)げられたキリストの血は、わたしたちの良心を死んだ業から清めて、生ける神を礼拝するようにさせないでしょうか」(へブライ9・14)。

Share

Related Posts

None found

  1. 【今日は何の日】7月11日 iPhone日本発売

  2. 警告!!ワクチン接種がもたらす副作用と差別 【アメリカのコロナ病棟から 関野和寛のゴッドブレス】第11回

  3. 牧会あれこれ(10)賀来周一

  4. 【クリスチャンビギナーズ】第2回 神父ってどんなお仕事?

  5. 【東アジアのリアル】 イデオロギー的重圧下での中国の教会学校 ヴィクター・リー

  6. 神さまが共におられる神秘(27)稲川圭三

  7. 塀の中からハレルヤ!(4) 叶わなかった親孝行

  8. 2020年10月8日「自分の奉仕を通して」

  9. 【宗教リテラシー向上委員会】 すべての民の復活日へ 與賀田光嗣

  10. ギロチンの導入は死刑廃止への第一歩だった?

  11. 【今日は何の日】10月10日 マグロの日

  12. 【今日は何の日】1483年8月9日 システィーナ礼拝堂開場

  13. 【chiyoのGOD ONLY KNOWS!】第13回 イスラエルにて

  14. 5000円札の現在・過去・未来とキリスト教

  15. 【今日は何の日】1571年9月29日 カラヴァッジョの誕生日

クリスチャンプレス をご支援ください

300円 1000円 5000円 10000円

※金額のご指定も可能です。

金額をご指定

リンク用バナーダウンロード

画像をダウンロードしてご利用ください。

リンクを張っていただいた場合は、ご連絡いただけると幸いです。