2020年9月6日「そして、激しく泣いた」

主は振り向いてベトロを見つめられた。。へ卜ロは、「今回、鶏が鳴く前に、あなたは三度わたしを知らないと言うだろう」と言われた主の言葉を思い出した。そして、外に出て、激しく泣いた。(ルカによる福音書22章61〜62節)

主イエスが捕えられ、曳(ひ)いて行かれた時、ペトロは遠くから主のあとについて行った。そして裁判が行われる大祭の中庭にまぎれ込み、火をたいて座っている人々に中に腰を下ろした。彼は主イエスの最後の行動に期待していた

その時、ひとりの女がベトロを見て「この人も緒にいました」と言った。不意を突かれて、ペトロは「わたしはあの人を知らないと打ち消した他の人にも追及されたが、ペトロはイエスとの関係を否定した。時間ほどして、別の人からも詰め寄られ、ベトロが「あなたのうことは分からない」(60節)とい終わらないうちに、突然鶏が鳴いたその時、は振り向いてペトロを見つめられた。今日句は、その時のベトロの反応を彼が激しく泣いたのは、主の惨めな姿をたからではない主を裏切っている惨めな自分に気づいたからであるそれと同時に、ペトロは言葉を思い出し、が弱い分を知っていて、「信仰が無くならないように祈った」(22・32)われた主の愛に圧倒されて泣いた

私たちは神に背いている時、必ずしも自分の罪にづいていないしかし、ベトロのように、のまなざしが自分にがれていると知った時、分の罪に気づいて泣く他ないのであるそして、まさにそこで、弱さのゆえに罪を犯す私たちを赦(ゆる)し、私たちのために祈って、そこから新たに立ち上がらせてくださる主の愛が迫って来る

Share

Related Posts

None found

  1. 2月4日「その人に『手を伸ばしなさい』と言われた」

  2. 2020年11月4日「だから、わたしは喜びで満たされている」

  3. 2020年12月9日「わたしは既に世に勝っている」

  4. 2020年10月22日「愛によって造り上げられて行く」

  5. 2020年12月8日「その悲しみは喜びに変わる」

  6. 2020年10月1日「すぐに、出発することにした」

  7. 2020年8月9日「これはわたしの子、選ばれた者」

  8. 2月24日「『何をしてほしいのか』と言われた」

  9. 2月25日「見よ、お前の王が、おいでになる」

  10. 2020年10月28日「わたしたちはその栄光を見た」

  11. 2020年12月23日「救い主である神を喜びたたえます」

  12. 2020年9月4日「信仰がなくならないように祈った」

  13. 2020年1月15日「御心が行われますように」

  14. 1月7日「心の貧しい人々は、幸いである」

  15. 2020年11月18日「わたしは世の光である」

リンク用バナーダウンロード

画像をダウンロードしてご利用ください。

リンクを張っていただいた場合は、ご連絡いただけると幸いです。