2020年9月17日「わたしたちが救われるべき名」

わたしたちが救われるべき名は、天下にこの名のほか、人間には与えられていないのです。(使徒言行録4章12節)

ぺ卜ロたちが人々に主イエスの復活を語っているので、ユダヤの指導者たちはいらだち、二人を捕えて投獄した。次の日、最高法院が開かれ、議員、長老、律法学者たちが集まって、二人を尋問した。その時、ペトロは指導者たちに、あなたがたが十字架につけて殺し、神が死者の中から復活させられたあのナザレの人、イエス・キリストの名」(10節)について大胆に語った。

キリスト教の福音の中核は、主イエスの死と復活である。死者の復活が信じがたい出来事であるからと言って、これを取り除いて語るならば、それは福音ではない。使徒たちに復活の主が現れたので、彼らは主イエスが約束されていた救い主であると知った。その十字架の死は、神を無き者とする人間の罪を露(あら)わにしつつ、その罪を赦(ゆる)し、人間を神と和解させる贖(あがな)いの死であった。使徒たちは、神の救いの出来事である主イエスの死と復活の証人である。「神はこのイエスを復活させられたのです。わたしたちは皆、そのことの証人です」(2・32)。復活は証明できる出来事ではないが、使徒の証言を聞いて信じる者を、罪の裁きから解放し、死で終わらない命に生かす神の出来事である。

以前は、人を恐れて「その人を知らない」と言い、主イエスを裏切ったベトロであった。しかし、今は、自分の生死を握る権力者たちに、今日の聖句をもって、主イエスの名だけが人間を罪から救い、神との正しい関係に導く唯一の救いであると、「聖霊に満たされて」(8節)語った。「聖霊に満たされて」とは、自分の意気込みではなく、自分の罪と弱さを知って、主に身を委ねる者に、聖霊の主が共にいて、主のをなさせることである。

Share

Related Posts

None found

  1. 2020年8月7日「わたしに示した愛の大きさ」

  2. 3月4日「あなたたち偽善者は不幸だ」

  3. 1月29日「平和があるように」

  4. 3月8日「多くのものを管理させよう」

  5. 1月10日「みだらな思いで、見る者は誰でも」

  6. 2020年8月29日「へりくだる者は高められる」

  7. 2020年7月28日「神に仕える者として」

  8. 2020年12月24日「恐れるな。わたしは、大きな喜びを告げる」

  9. 2020年8月4日「力は弱さの中でこそ」

  10. 2020年8月24日「いなくなっていたのに見つかったのだ」

  11. 2020年11月27日「お前の王がおいでになる」

  12. 3月25日「神は真実な方である」

  13. 2020年10月30日「来て、見なさい」

  14. 3月22日「これを通して神を知ることができます」

  15. 4月15日「神の慈しみと厳しさ」

リンク用バナーダウンロード

画像をダウンロードしてご利用ください。

リンクを張っていただいた場合は、ご連絡いただけると幸いです。