2020年9月19日「神から出たものであれば、滅ぼすことはできない」

あの計画や行動が人間から出たものなら、自滅するだろうし、神から出たものであれば、彼らを滅ぼすことはできない。もしかしたら、諸君は神に逆らう者となるかもしれないのだ。(使徒言行録5章38〜39節)

使徒たちが主イエスの復活を語れば語るほど、ユダヤの指導者たちは激しく怒り、教会に対する迫害を強めた。使徒たちは捕らえられて投獄された。ところが、主の天使が牢(ろう)の戸を開け、彼らを外に連れ出し、「行って神殿の境内に立ち、この命の言葉を残らず民衆に告げなさい」(20節)と言った。天使そのものについて説明はできないが、私たちは不思議な方法で危機から救い出される時、それが人であれ、出来事であれ、聖書の言葉であれ、天使であると知る。天使は人を危機から救うことに終わらないで、これからなすべき使命を伝える。私たちは危機から救われる時、神の使命も聞かねばならない

ペトロたちが神殿で再び人々に語り始めたので、指導者たちは彼らを捕らえ、最高法院を聞いて彼らの処置について討議した。ペトロたちに対する激しい怒りが議場を包んだ時、民衆全体から尊敬されている律法の教師ガマリエルが立って、今日の聖句を語った。彼は、神の名によって集められた議場であっても、怒りによって判断し、行動することは、神に逆らう危険があると戒めた。ガマリエルの言葉は、今日も、神の名によって、報復が正当化される現実への警鐘である。たとえ正当な理由があっても、宗教が戦争を肯定し、敵対者を殺すことに加担するのは、神に逆らう行為である。怒りからの行動は人から出たものであって、必ず自滅する。私たちは敵対者から攻撃や屈辱を受けても、主イエスに倣って忍び、赦(ゆる)しと和解の道を探らなければならない。

Share

Related Posts

None found

おすすめ