2020年9月22日「福音を告げ知らせた」

フィリポはロを聞き、聖書のこの個所から説きおこして、イエスについて福音を告げ知らせた。(使徒言行録8章35節)

ステファノの殉教がユダヤ人の怒りに油を注ぎ、教会に対する迫害がさらに激しくなった。使徒たちはエルサレムに留まったが、信徒たちの多くが地方に散った。しかし、信徒たちは迫害を受けて信仰を捨てたのではなく、行く先々で伝道したのである。散らされて行った町に住み、そこで出会った同胞のユダヤ人に福音を語った。信徒たちは皆、伝道者であった。さらに福音はその地の異邦人にも広がった。エルサレム教会に対する迫害は、福音が全世界に広がる契機となった。「七人」の一人であるフィリポも、散らされた福音宣教者」(21・8)であった。彼はサマリアの町で伝道した後、主の天使の言葉に従って、エルサレムからガザに下る道に出かけた。その道で、エチオピアの宦官(かんがん)がエルサレムの礼拝から帰る途中、馬車に乗って預言者イザヤの書を朗読しているのに出会った。フィリポは彼に「読んでいることがお分かりになりますか」と聞くと、宦官は「手引きしてくれる人がなければ、どうして分かりましょう」(30〜31節と言った今日の聖句は、フィリポが宦官に聖書の手引きをしたことを語る。彼はイザヤ書の「苦難の僕(しもべ)」が主イエスであると説き明かして、伝道した。宦官は信仰を告白し、バプテスマを受け、喜びにあふれて旅を続けた。

聖書は手引きが必要である。聖書の手引きは礼拝の説教や教会の諸集会でなされる。手引きの目的は聖書が証言する主イエスを解き明かし、伝道することである。今日、教会において、聖書を説き起こして伝道する信徒が増えること、信徒たちによる伝道の場を広げていくことが求められる。

Share

Related Posts

None found

  1. 4月18日「キリストに結ばれて」

  2. 1月14日「御国が来ますように」

  3. 2020年11月4日「だから、わたしは喜びで満たされている」

  4. 2月25日「見よ、お前の王が、おいでになる」

  5. 2020年12月22日「お言葉どおり、この身になりますように」

  6. 2020年9月14日「”霊”が語らせるままに、話し出した」

  7. 2020年11月6日「霊と真理を持って父を礼拝する時が来る」

  8. 2020年8月29日「へりくだる者は高められる」

  9. 3月8日「多くのものを管理させよう」

  10. 2020年9月29日「主イエスの恵みによって救われる」

  11. 2020年11月16日「罪のない者が、まず」

  12. 1月25日「なぜ怖がるのか」

  13. 2020年9月5日「起きて祈っていなさい」

  14. 2020年8月17日「災難に遭ったのは、罪深い者だったからだと思うのか。決してそうではない」

  15. 2020年11月11日「死から命へと移っている」

リンク用バナーダウンロード

画像をダウンロードしてご利用ください。

リンクを張っていただいた場合は、ご連絡いただけると幸いです。