2020年10月3日「神は、遠く離れてはおられません」

実際、神はわたしたち一人一人から遠く離れてはおられません。(使徒言行録17章27節)

パウロはアテネに来て、至るところに神々の像があるのを見て憤慨し、会堂や広場で人々と論じた。アテネの人々は耳新しい話を聞こうと、パウロをアレオパゴスの丘に連れて行った

アテネでのパウロの説教は、同じ多神教の日本で伝道する私たちにとって参考になる。まず、宗教心に富むアテネの人々に、「知られざる神」は「世界とその中の万物とを造られた」(24節)創造主であり、手で造った神殿などに住まない超越者であると語った。天地も、人間も偶然の所産(しょさん)ではなく、神が目的をもって創造し、支配しておられる。とは言え、神による天地創造とその支配は、私たちに自明(じめい)ではない。命と美と調和がある一方、死と闇と不合理がある。しかし、すべては神のみ手の中にある。神は私たちの思いを超えた方であるが、今日の聖句が語るように、私たちがへりくだって探し求めれば、見出すことができる方である。「われわれは、神のうちに生き、動き、また存在している」(28節、口語訳)。神は、「あそこに石がある」というような観察によって知る存在ではなく、私たちが今生かされているという事実によって知る方である。

日本のある識者は、今日の世界は宗教の衝突であると述べ、唯一神信仰は自己を絶対化して、異教徒を排除するが、多神教は寛容で何でも受け入れると言う。しかし、何でも受け入れて、”愛国心”や”大義”というナショナリズムに流され、他国を排除した歴史があったのではないか。キリストにおいて啓示された神への信仰は、人間が謙虚にされることはあっても、被造物である人間を神としたり、人が唱える主義主張を絶対化しない

Share

Related Posts

None found

  1. 11月11日は、ハルマゲドンが訪れると麻原彰晃が予言していた日

  2. 1月2日「その子をイエスと名付けなさい」

  3. 4月2日「新しい命に生きるため」

  4. 【クリスチャンビギナーズ第5回】お節料理にお年玉・・・クリスチャンのお正月ってどんな感じ?

  5. 2020年12月2日「互いに愛し合いなさい」

  6. 2020年9月1日「神のものは神に返しなさい」

  7. 【宗教リテラシー向上委員会】 除夜の鐘のライブ配信が変えた体質 池口龍法

  8. 2月12日「心から出て来るので、これこそ人を汚す」

  9. 10月20日は上皇后美智子の誕生日

  10. 2020年7月25日「キリストの愛が、駆り立てているから」

  11. 神さまが共におられる神秘(80)稲川圭三

  12. 4月10日はさだまさしの誕生日

  13. 【連載小説】月の都(19)下田ひとみ

  14. 2月10日「あなたがたが、与えなさい」

  15. 7月17日は漫画の日

クリスチャンプレス をご支援ください

300円 1000円 5000円 10000円

※金額のご指定も可能です。

金額をご指定

リンク用バナーダウンロード

画像をダウンロードしてご利用ください。

リンクを張っていただいた場合は、ご連絡いただけると幸いです。