2020年10月7日「主イエスの名のためならば」

主イエスの名のためならば、エルサレムで縛られることばかりか死ぬことさえも、わたしは覚悟しているのです。(使徒言行録21章13節)

パウロたち行はエルサレムに向かう途中、シリア州のティルスに寄港すると、弟子たちを探して七日間泊まった。ティルスから航海を続けてプトレマイスに着き、兄弟たちのところで日滞在した。そして、カイサリアでは、例の「七人」(63)の人である福音教者フィリポの家に行き、そこに数日間泊まったまだ始まって間もないキリスト教であったが、すでに各地に多くの家の教会が誕生していた事実を知るパウロはただ宿泊先を求めたのではなく、「共に励まし合うため」(ローマ1・12)、弟子たちを訪ねたパウロは行く先々でエルサレム行きを引きとめられたフィリポの家では、ユダヤから来たアガボの話を聞いて、同行者たちも緒になって、パウロを引き止めた今日の聖句は、そのときのパウロの答えである。兄弟たちの勧めを振り切っても、パウロがエルサレムに行く理由は何か。持参している支援金なら、他の人に託せばよいはずである。問題は福音に関わることであったユダヤ人にとって割礼は神の民である誇りであったから、律法なしでも神の民とされるというパウロの宣教は、自分たちの存在を否定されることであった。しかし、パウロにとって、割礼をけなければ救われないという教えは、キリストの福音ではなく、別の福音」(ガラテヤ1・7)である。パウロの決意は、エルサレム会議で確認したキリストの福音を再確認することであった。今日、私たちは聖からキリストの福を正しく聞けることを感謝したい信仰により、キリストの恵みによって救われていることをび、神を賛美し、神に仕えたい

Share

Related Posts

None found

おすすめ