2020年10月12日「イエス・キリストについて教え続けた」

パウロは、自費で借りた家に丸二年間住んで、訪問する者はだれかれとなく歓迎し、全く自由に何の妨げもなく、神の国を宣べ伝え、主イエス・キリストについて教え続けた(使徒言行録28章30〜31節)

一行がローマに着くと、囚人パウロは自分の家を借り、番兵が付けられて軟禁となった。外部との接触ができたので、パウロはローマにいるユダヤ人指導者たちを家に招き、ローマに来た経緯を説明した。彼はたんに囚人となった経緯を弁明したのではなく、モーセの律法や預言者の書を引用して、主イエスは神がイスラエルに約束したメシアであると語り、福音を信じるように説得したのである。パウロが語るイエス・キリストの福音を聞いて、信じて救われるユダヤ人もいたが、多くのユダヤ人はこれに反発した。パウロは福音を拒否するユダヤ人に、「この神の救いは異邦人に向けられました」(28節)と言った。福音はまずユダヤ人に宣教されるが、全世界に福音が宣べ伝えられるのは神の計画である。パウロはそのために神が自分をローマから異邦人世界に遣わしてくださることを祈っていたであろう。その後のパウロがどうなったのか聖書は記していない。今日の聖句は、この書の最後の言葉である。パウロは世界宣教のヴィジョンを見ながら、しかし、今いる場所で朝から晩まで福音を語り続けた。

私たちキリスト者は神に召された各々の教会において、伝道の業に仕えている。現在、私たちは「まったく自由に何の妨げもなく」伝道できるとはいえ、信じる者が大勢起こされる状況ではない。しかし、たとえ信じる者が少なくても、伝道を近視眼的に見ないで、私たちが担っているのは神の世界宣教という長い期間の一部であることを覚えて、伝道の業を続けたい。

Share

Related Posts

None found

  1. 2020年9月13日「地の果てに至るまで、わたしの証人となる」

  2. 【あっちゃん牧師のおいしい話】第3回 神様の食事 齋藤篤

  3. 【教会では聞けない?ぶっちゃけQ&A】 自ら信じた実感がない 上林順一郎

  4. 10月16日は世界食糧デー(大坂なおみの誕生日)

  5. 3月24日「キリスト・イエスを通して、明らかになるでしょう」

  6. 4月17日「自分の体を、献げなさい」

  7. 【宗教リテラシー向上委員会】 トランプ・カルトとキリスト教(2) 川島堅二

  8. 【東アジアのリアル】 コロナ禍で疲弊する中国の家庭教会 遠山 潔 2020年9月21日

  9. ユートピア(理想郷)を見出したトマス・モア

  10. 12月25日はクリスマス

  11. モアイはどうやって立ったのか

  12. 6月1日でクリスチャンプレス2周年

  13. 2020年8月20日「人々を連れて来て、この家をいっぱいに」

  14. 【今日は何の日】許さんぞキリスト教徒! 〜ディオクレティアヌス帝の没日〜

  15. 2月12日「心から出て来るので、これこそ人を汚す」

クリスチャンプレス をご支援ください

300円 1000円 5000円 10000円

※金額のご指定も可能です。

金額をご指定

リンク用バナーダウンロード

画像をダウンロードしてご利用ください。

リンクを張っていただいた場合は、ご連絡いただけると幸いです。