2020年11月5日「わたしが与える水を飲む者は」

この水を飲む者はだれでもまた渇く。しかし、 わたしが与える水を飲む者は決して渇かない。(ヨハネによる福音書4章13〜14)

日差しの強い真昼、主イエスは旅の疲れを覚えて、サマリアの町シカルの井戸端で休んでいた。そこに人目を避けるように一人の婦人が水を汲みにやって来た。主イエスは彼女に一杯の水を乞うた。ところが、彼女の返事は甚だ無愛想である。主は彼女の渇いた心に話しかけた。しかし、彼女は 「何を偉そうに言うか」と軽蔑した口調で受け答える。普通の人なら、こんな人との関わりを絶つところであるが、主は彼女に「生きた水」を与えようと、愛を込めて今日の聖句を語った。

暑い時は何度水を飲んでも、すぐに喉が渇く。私たちが心の渇きを満たそうとして求める人の愛も、富、名誉、快楽も、この水と同じである。主イエスは「あなたの夫をここに呼んで来なさい」と言って、彼 女が持っている問題の核心を衝(つ)いた。ニヒルで荒(すさ)んだ心の原因が、すぐに涸(か)れてしまう愛にあることを彼女に気づかせるためである。主との対話によって、彼女は 「この水を飲むものは、また渇く」自分の現実に気づかされ、神の救いを求め、メシアについて問うた 。そこで主イエスは、「あなたと話をしているこのわたし」がメシアであると宣言した。主の言葉を聞いた時、彼女は今まで自分にかかわり続けてくださった方がだれかを知った 。彼女は反抗的な罪深さも、人知れず流した涙も、すべてを知っていて、見放さずに自分にかかわり続ける救い主に出会ったのである。主に愛されている自分を知った彼女は、今まで避けていた人々の中に出て行った 。心を落ち込ませることの多い現実であっても、この愛があれば、だれでも前向きに生きることができる。

Share

Related Posts

None found

  1. 10月12日は神戸女学院大学の創立記念日

  2. 2020年11月2日「水と霊とによって生まれなければ」

  3. 「捕囚」の次は「分裂」、教会の踏んだり蹴ったりな時代

  4. 5月31日「わたしの言葉は決して滅びない」

  5. 【毎月1日連載】牧会あれこれ(25) 神にのみ栄光あれ

  6. 【宗教リテラシー向上委員会】 ムスリム女性のマスク事情 小村明子 2020年10月1日

  7. 2020年11月25日「わたしは復活であり、命である」

  8. 【今日は何の日】10月4日 世界動物の日

  9. 1月26日「あなたの罪は赦された」

  10. 自らを銃撃した犯人をゆるしたローマ教皇ヨハネ・パウロ2世

  11. 007の誕生日? ジェームズ・ボンドの本当の姿

  12. 【トナリビトの怪】(3)世界民俗学とキリスト教 波勢邦生 『アーギュメンツ#3』

  13. 【くめさゆりのDAY BY DAY】第3回 Withコロナな日々徒然 久米小百合

  14. 11月1日は、上智大学、明治学院大学、聖学院大学、名古屋柳城短期大学、大阪キリスト教短期大学の創立記念日

  15. 【クリスチャンな日々】第13回 「STAY HOME」だけじゃありません。 MARO

クリスチャンプレス をご支援ください

300円 1000円 5000円 10000円

※金額のご指定も可能です。

金額をご指定

リンク用バナーダウンロード

画像をダウンロードしてご利用ください。

リンクを張っていただいた場合は、ご連絡いただけると幸いです。