2020年11月9日「起き上がりなさい」

起き上がりなさい。 床を担いで歩きなさい。(ヨハネによる福音書5章8節)

エルサレムにベトザタと呼ばれる間歇泉(かんけつせん)の池があった。時々涌き出る鉱泉が病気を治すと聞いて、大勢の病人が池の周りにある回廊に寝起きし、水が動くのを辛抱強く待っていた。この回廊を訪ねた主イエスは、そこに38年も横たわっている一人の病人に目を留められた。主イエスの愛は失われた一人の人に注がれる。

この病人は主イエスに、「わたしを池の中に入れてくれる人がいないのです。わたしが行くうちに、他の人が先に降りて行くのです」と嘆いた。水が動くと、すばしこい者が我先にと池に向って突進するのであろう。回廊で一緒に暮らしてはいるが、互いに競争相手であり、他人のことまで構っておれないのである。しかも、彼は競争社会の中で自分は駄目だと絶望していた。「ベトザタ」は私たちの現実の世界である。

この世界に、主イエスが来て、「人の子は、失われた者を捜して救うために来た」(ルカ19・10)と言われる。 主イエスは病人に「良くなりたいか」と言い、彼の中に治りたいという願いを引き出して、今日の聖句を語った。その言葉に促されて病人は立ち上がり、歩き出した 。彼は自分にかかわってくださる主を知り、その言葉に従って行動した。その時、彼は真に生きる者となった。自分の不幸に横たわっていた人間が自分の足で立って歩む者となった。このように、病んでいる者に近づき、かかわってくださる主イエスに出会い、主の言葉を聞いて従う時、 真に生きる人生が始まる。主イエスの言葉を聞いて、主に信頼して行動することが信仰である。

Share

Related Posts

None found

  1. 【東アジアのリアル】 民の朝鮮半島平和協定宣言 松山健作 2020年12月25日

  2. 【毎週日曜連載】神さまが共におられる神秘(91)稲川圭三

  3. 3月26日はダイアナ・ロスの誕生日

  4. 【連載小説】月の都(39)下田ひとみ

  5. 豚を食べるか食べないか、それが問題だ。

  6. 神さまが共におられる神秘(78)稲川圭三

  7. 5月14日はバイエルの召天日

  8. 【連載小説】月の都(57)下田ひとみ

  9. クリスチャンの「一富士二鷹三茄子」 二人のヨセフと夢の話

  10. 【今日は何の日】1935年9月14日 赤塚不二夫さんの誕生日

  11. 3月6日「最後まで耐え忍ぶ者は救われる」

  12. 【毎週日曜連載】神さまが共におられる神秘(94)稲川圭三

  13. 4月10日はさだまさしの誕生日

  14. 8月25日は細川ガラシャの帰天日

  15. 【連載小説】月の都(47)下田ひとみ

クリスチャンプレス をご支援ください

300円 1000円 5000円 10000円

※金額のご指定も可能です。

金額をご指定

リンク用バナーダウンロード

画像をダウンロードしてご利用ください。

リンクを張っていただいた場合は、ご連絡いただけると幸いです。