2020年11月10日「だから、わたしも働くのだ」

わたしの父は今もなお働いておられる。だから、わたしも働くのだ。(ヨハネによる福音書5章17節)

ベトザタの池の回廊に38年間も横たわっていた病人は、主イエスから 「治りたいか」と言われて、 治りたいと言わず、助けてくれる人がいない自分の身を嘆いた。しかし、 主は彼を憐(あわ)れみ、 「起き上がりなさい」と言うと、彼は踊り上がって立ち、 今まで身を横たえていた床を手にして歩きだした。

その日は安息日であった 。当時、ユダヤの律法は安息日の労働を禁じ 、 これを犯した者は社会から追放された。主イエスは 「安息日は、人のために定められた。人が安息日のためにあるのではない」(マルコ2・27) と言って、律法の本来の趣旨を曲げたユダヤの権力者を痛烈に批判した。

しかし、 病気を癒(いや)された男はこの世の権力者を恐れた。床を持ち歩いたことで律法違反に問われた彼は、その責任を主イエスに転嫁しようとした。そのような彼に主は近づいて来て、 「あなたは良くなったのだ。もう、罪を犯してはいけない」と言った。ところが、彼はその言葉に従わず、この世を恐れて主イエスを裏切った。主イエスを告白すべき時に、この世に妥協して罪を犯したのである。

その後、彼がどうなったのか記されていない。その代わりに、主イエスの今日の聖句が記される。 一人の病人を憐れまれた主は、今も、病める者に近づき、神の言葉によって生きる新しい人間を創造するために働いておられる。昨日も、 今日も、 変わることなく働いておられる主イエスの真実のゆえに、この病人が悔い改めて再起するチャンスがある。「わたしたちが誠実でなくても、キリストは常に真実であられる」 ( Ⅱテモテ2・13)

Share

Related Posts

None found

  1. 世界で2番目に多くの言語に訳された本を書いた人

  2. 2020年12月17日「見て、信じた」

  3. 神さまが共におられる神秘(26)稲川圭三

  4. 牧会あれこれ(7)賀来周一

  5. 2020年10月15日「その愛によって、キリストと共に生かし」

  6. 【教会では聞けない?ぶっちゃけQ&A】 中高生が都会に出ていってしまいます( ;∀;) 上林順一郎

  7. 【東アジアのリアル】 増加する韓国キリスト教の若い「カナン信徒」 洪 伊杓

  8. 神さまが共におられる神秘(11)稲川圭三

  9. 【今日は何の日】8月4日 橋の日

  10. 900年の時を超えた「仲直り」 〜東西教会の「和解」の日〜

  11. 【日本人のみたキリスト教「今昔」】第4回 「自分の足で歩め」歴史学者・笠原一男 2020年7月30日

  12. 【クリスチャンビギナーズ】第6回 クリスチャンのお葬式は、礼拝!?

  13. 【今日は何の日】1632年11月24日 スピノザの誕生日

  14. 5月12日「深く憐み、教え始められた」

  15. 2020年8月3日「神が抱いておられる熱い思い」

クリスチャンプレス をご支援ください

300円 1000円 5000円 10000円

※金額のご指定も可能です。

金額をご指定

リンク用バナーダウンロード

画像をダウンロードしてご利用ください。

リンクを張っていただいた場合は、ご連絡いただけると幸いです。