2020年11月28日「死ねば、多くの実を結ぶ」

一粒の麦は、地に落ちて死ななければ、一粒のままである。だが、死ねば、多くの実を結ぶ。(ヨハネによる福音書12章24節)

人間は土から出て土に帰る肉体の命を持つと同時に、神の息によって生きる霊的な命を持つ者として創造された(創世記2・7)。人間は肉体の命を保つために「額に汗して」働かなければならない。そのと
ころで人間は自己本位となり、不正、争い、殺人などさまざまな事件を引き起こす。衣食住が豊かになっても、人間の欲望は止まることがなく、闇が社会を覆っている。

主イエスは闇が覆う世に、世の光として来た。主イエスは私たちが生きることだけに終始して、神を見失い、神の息によって生きるべき霊的な命が死んでいる事実を明るみに出した。同時に、私たちを罪と死から救い、私たちの霊的な命を回復するために、ご自分の命を捨でなければならなかった。

ご自分の死が近づいた時、主イエスは「わたしが栄光を受ける時が来た」と言って、今日の聖句を語った。すなわち、一粒の麦が地に落ちて死ぬことによって新しい芽を出し、多くの実を結ぶように、罪の
贖(あがな)いのために命を捨てるご自分の死が、多くの霊的な命の実を結ぶと語られた。主イエスは死を前にして、ご自分が命を捨てることによって、多くの人が神に罪を赦(ゆる)されて、神との正しい関係を回復し、神の霊の息吹(いぶ)きによって生きるようになることを望み見ておられた。「彼は自らの苦しみの実りを見、それを知って満足する。わたしの僕は、多くの人が正しい者とされるために、彼らの罪を自ら負った」(イザヤ53・11)。主イエスを信じ、主に贖われた者は、神の愛の息吹きを受けて生きるようになり、霊的な命
の実を結ばせていただくのである。

Share

Related Posts

None found

  1. 6月23日は沖縄慰霊の日

  2. 塀の中からハレルヤ!(5) 憧れの東京で自分を見失った半生から逆転人生へ

  3. 【あっちゃん牧師のおいしい話】第8回 クリスマスプレゼント 齋藤篤

  4. 2020年10月15日「その愛によって、キリストと共に生かし」

  5. 【今日は何の日】10月7日 ミステリー記念日

  6. 【連載小説】月の都(10)下田ひとみ

  7. 【今日は何の日】2003年10月19日マザー・テレサが列福される

  8. 9月17日は松蔭女子学院の創立記念日

  9. 3月28日「その信仰が義と認められます」

  10. 【トナリビトの怪】(1)地球をつかむ神の手 波勢邦生 『アーギュメンツ#3』

  11. 3月30日「苦難をも誇りとします」

  12. 【発達障害クリスチャンのつぶやき】 はじめて聖書を読むかたへ(1)まずは何から買うか

  13. 【今日は何の日】1694年11月21日 ヴォルテールの誕生日

  14. 日本に来たことがないのに大友宗麟を描いた人

  15. キリストの弟子たち(1)ペトロ(12使徒) 編集部

クリスチャンプレス をご支援ください

300円 1000円 5000円 10000円

※金額のご指定も可能です。

金額をご指定

リンク用バナーダウンロード

画像をダウンロードしてご利用ください。

リンクを張っていただいた場合は、ご連絡いただけると幸いです。