2020年11月29日「光を信じなさい」

光の子となるために、光のあるうちに、光を信じなさい。(ヨハネによる福音書12章36節)

主イエスは死を前にして「わたしは心騒ぐ」(27節)と言った。なぜ主は死を恐れたのか。死を恐れないで往生する者こそ偉大な宗教家ではないのか。人間は死の本質を知らない。しかし、「わたしと父とは一つである」(10・30)と言われる主イエスは、罪人の死が神との断絶であることを知るゆえに、罪人に代わって受ける死を前にして恐れ悩まれた。

神は人間が神の言葉に応答して生きることを求める。もし神の意思を無視して自己本位に生きているならば、その人は神の前では失われた者、「暗闇の中を歩く者」である。その人は神の義が現れる終わりの日が来る時、永遠に失われる。しかし、神が世に遣わされた御子(みこ)イエスは、神の義と愛を示して、人々が神のもとに立ち帰るためにご自分の力を注いだ。その働きの目指すところは、悔い改める者たちが無条件に神に赦(ゆる)され、神に受け入れられるための贖(あがな)いの死であった。主イエスは「わたしは地上から上げられるき、すべての人を自分のもとへ引き寄せよう」(32節)と言う。主は死を前にして恐れ悩みつつも、「わたしはまさにこの時のために来たのだ」(27節)と言い、「父よ、御名(みな)の栄光を現してください」(28節)と祈って、十字架の死を引き受けられた。主イエスの贖いの死によって、罪を裁く神の義と罪人を救う神の愛は全うされた。

今日の聖句は、神の前に失われた者を見出すご自分の働きと死を示しつつ、救いの光があるうちに、つまり、終わりの日が来ないうちに、「わたしを信じ、光の子となりなさい」と呼びかける主の言葉である。光の子とは、主の言葉に応えて神のもとに立ち帰り、神の義と愛の光を映し出す人のことである。

Share

Related Posts

None found

  1. 3月5日「お前たちの家は見捨てられ荒れ果てる」

  2. 2020年8月17日「災難に遭ったのは、罪深い者だったからだと思うのか。決してそうではない」

  3. 2020年10月9日「良心に従って神の前で」

  4. 8月29日はペ・ヨンジュンの誕生日

  5. 【chiyoのGOD ONLY KNOWS!】第4回 田舎にて

  6. 【宗教リテラシー向上委員会】 ムスリム女性のマスク事情 小村明子 2020年10月1日

  7. 【毎週日曜連載】神さまが共におられる神秘(106)稲川圭三

  8. 【聖書の不思議あれこれ!】第5回 「聖書」って何よ? その1 パダワン青木

  9. 【連載小説】月の都(1)下田ひとみ

  10. 【クリスチャンな日々】第13回 「STAY HOME」だけじゃありません。 MARO

  11. 3月22日「これを通して神を知ることができます」

  12. 2020年11月13日「感謝の祈りを唱えて」

  13. 【chiyoのGOD ONLY KNOWS!】第14回 温泉にて

  14. アメリカ大統領戦が激戦すぎてくつがえされた伝統 〜ペンシルバニア州のアーミッシュ〜 

  15. 【宗教リテラシー向上委員会】 ウィズコロナ時代の教会(1) 川島堅二 2020年7月11日

クリスチャンプレス をご支援ください

300円 1000円 5000円 10000円

※金額のご指定も可能です。

金額をご指定

リンク用バナーダウンロード

画像をダウンロードしてご利用ください。

リンクを張っていただいた場合は、ご連絡いただけると幸いです。