2020年11月30日「わたしは光として世に来た」

わたしを信じる者が、だれも暗闇の中にとどまることのないように、わたしは光として世に来た。(ヨハネによる福音書12章46節)

神は人を神の言葉に応える人格的な存在として創造した。神はいろいろな方法で人間に語りかける。神はその戒めを人間の良心に語り、イスラエルの預言者を通して語り、この終わりの時には、御子(みこ)によって語りかける。

主イエスは今日の聖句によって、ご自分が世に来た目的を語った。「暗闇」とは人間が神に背を向けて神の戒めに従わず、争い、殺し合っている世界である。「殺してはならない」とは神の戒めである。どうして人を殺してはならないのか。その理由は、人の命はみな神によって造られたものだからである。その命とは、生物的な命にとどまらず、神の戒めに自由意思で応える人格的な命である。それゆえに、主イエスは人の体を殺す者だけでなく、人を悪く言う者も人殺しであると言う。戦争や殺人は言うまでもなく、いじめ、蔑(さげす)み、虐待など、他者を傷つける倫理の乱れは、「殺してはならない」という神の戒めに背く罪であり、この世を暗闇にする元凶である。今も神は御子(みこ)によって人間に語りかけ、人が神に立ち帰るのを待っておられる。いや、神のほうから人の世に来られたのである。それが主イエスである。

主イエスは「わたしは、世を裁くためではなく、世を救うために来た」(48節)と言い、人が神に立ち帰る道を開いてくださった。主イエスを信じ、主の言葉に聞き従う者は神との交わりを回復し、神の愛の中に生きる。そして、神の愛に応えて、神の戒めに叶(かな)う生き方を心がける。主イエスを信じる者は、もはや暗闇の中にとどまることはない。

Share

Related Posts

None found

  1. 2月27日「これが隅の親石となった」

  2. 神さまが共におられる神秘(63)稲川圭三

  3. 2020年12月15日「イエスは、自ら十字架を背負い」

  4. 【夕暮れに、なお光あり】 あいさつ 小島誠志 2020年8月11日

  5. 神さまが共におられる神秘(52)稲川圭三

  6. 【東アジアのリアル】 新型コロナと韓国教会の教会学校 李 恵源

  7. 9月18日は宮城学院の創立記念日

  8. 教理も死も超えて(上) 【アメリカのコロナ病棟から 関野和寛のゴッドブレス】第12回

  9. 【連載小説】月の都(5)下田ひとみ

  10. 神さまが共におられる神秘(56)稲川圭三

  11. 7月2日は救世軍の創立記念日

  12. 「デッカンショー♫」の最後の巨人。世界を作ったのは神でなく「意志」である。 

  13. 【毎日連載】思い出の杉谷牧師(16)下田ひとみ

  14. 7月3日は涙の日

  15. 12月8日は待降節第2主日と徳冨蘆花の誕生日

クリスチャンプレス をご支援ください

300円 1000円 5000円 10000円

※金額のご指定も可能です。

金額をご指定

リンク用バナーダウンロード

画像をダウンロードしてご利用ください。

リンクを張っていただいた場合は、ご連絡いただけると幸いです。