2020年12月1日「あなたがたも互いに洗い合わなければならない」

主であり、師であるわたしがあなたがたの足を洗ったのだから、あなたがたも互いに足を洗い合わなければならない。(ヨハネによる福音書13章14節)

最後の晩餐(ばんさん)の時、主イエスはたらいに水をくんで弟子たちの足を洗った。当時のユダヤでは、洗足(せんぞく)は僕(しもべ)のする仕事であった。ペトロは戸惑い、主に「わたしの足を洗わないでください」と懇願した。すると、主はペトロに「わたしのしていることは、今あなたには分かるまいが、後で、分かるようになる」(37節)と言った。

事実、弟子たちが洗足の深い意味を悟ったのは、主イエスの死と復活の後であった。福音書は洗足の意味を、「イエスは、この世から父のもとへ移る御自分の時が来たことを悟り、世にいる弟子たちを愛して、この上なく愛し抜かれた」(1節)と記す。弟子たちはしばしば罪を犯して主イエスを悲しませたが、主は彼らを愛し抜かれて、罪にまみれた彼らの足を洗われた。「キリストは神の身分でありながら、...自分を無にして、僕の身分になり、人間と同じ者になられました。人間の姿で現れ、へりくだって、死に至るまで、それも十字架の死に至るまで従順でした」(フィリピ2・6〜8)。

主イエスは弟子たちの足を洗い終わり、席に着いてから、今日の聖句を語った。私たちは主に従う道を歩みながら、罪を犯し、主を悲しませる人間である。しかし、私たちは落ち込んだり、開き直ったりしない。罪にまみれた足を洗ってくださる主がおられるからである。私たちは大胆に主の前に、罪にまみれた自分の足を差し出し、洗っていただく。主イエスが私たちの罪を十字架の血で洗ってくださると知る時、私たちの内に主の愛があふれ、私たちは新しい力を得て、互いに足を洗い合う主の弟子として立ち上がらせていただく。

Share

Related Posts

None found

  1. 【今日は何の日】1192年8月21日 源頼朝が征夷大将軍に就任

  2. 【連載小説】月の都(39)下田ひとみ

  3. 【宗教リテラシー向上委員会】 女性ムスリムの服装に見る異文化の受容 小村明子 2020年8月1日

  4. 世界で2番目に多くの言語に訳された本を書いた人

  5. 5月17日「自分の命を失ったら、何の得があろうか」

  6. 【今日は何の日】◆1405年10月18日 ピウス2世誕生日 ◆1503年10月18日 ピウス3世召天日

  7. ヒトラーの作った恐ろしい「キリスト教」

  8. 【今日は何の日】1880年11月6日 マラリア原虫が発見された日

  9. 児童福祉の現場から3 「助けて」と「ありがとう」を言える人

  10. 【今日は何の日】1541年8月18日(天文10年7月27日) 日本にカボチャ伝来

  11. 神さまが共におられる神秘(22)

  12. 【Road to えきゅぷろ2022】 模索の中の「えきゅかふぇ」の可能性

  13. 【宗教リテラシー向上委員会】 ウィズコロナ時代の教会(2) 川島堅二 2020年9月11日

  14. 豚を食べるか食べないか、それが問題だ。

  15. 【東アジアのリアル】 台湾キリスト教長老教会の視点から見た李登輝 鄭 睦群

クリスチャンプレス をご支援ください

300円 1000円 5000円 10000円

※金額のご指定も可能です。

金額をご指定

リンク用バナーダウンロード

画像をダウンロードしてご利用ください。

リンクを張っていただいた場合は、ご連絡いただけると幸いです。