2020年12月6日「わたしの愛にとどまりなさい」

父がわたしを愛されたように、わたしもあなたがたを愛してきた。わたしの愛にとどまりなさい。(ヨハネによる福音書15章9節)

主イエスはご自分と弟子たちとの関係を「わたしはぶどうの木、あなたがたは枝である。人がわたしにつながっており、わたしもその人につながっていれば、その人は豊かに実を結ぶ」(5節)と言った。「実」とは主が求める愛の実践である。私たちは主に繋がっていなければ、自分では愛の実を結べない。

主に繋がるとは、第一に、聖書を通して主の言葉を聞き、その言葉を心に留めて、主に祈ることである。主イエスは「あなたがたがわたしにつながっており、わたしの言葉があなたがたの内にいつもあるならば、望むものを何でも願いなさい」(7節)と言う。私たちは「愛し合いなさい」という主の言葉を聞き、愛の戒めが自分の力を超えているゆえに、愛し合うことを望んで、主に願い求める。

第二は、主イエスの愛の中に留まることである。今日の聖句は、まず御子(みこ)イエスに対する父なる神の愛が語られている。神は唯一であると同時に、父、子、聖霊であるとは、神ご自身が互いに愛し合う神、愛そのものであるということである。愛は一人では成り立たない。私たちは、私を創造された神は愛であり、だれが私を愛してくれるより先に、神は私を愛していると知るべきである。主イエスはその生涯と十字架の死において、人々の罪に傷つけられながらも、なお無条件に人々を包む神の愛を現された。主イエスの愛に留まるとは、十字架の主を仰ぎ、神がどんなに大きな愛を現されたかを心に留めていることである。私たちはどんなに神に愛されているかを知って、互いに愛し合うことを願うようになる。

Share

Related Posts

None found

  1. 直江兼続の「愛」ってどんな愛? 〜愛の兜をめぐるあれこれ〜

  2. キリスト教主義大学(ミッションスクール)紹介(1) 編集部

  3. 神さまが共におられる神秘(57)稲川圭三

  4. 2020年11月24日「この病気は死で終わるのではない」

  5. 【今日は何の日】1911年8月22日 『モナ・リザ』盗難事件

  6. 2020年11月9日「起き上がりなさい」

  7. 【クリスチャンな日々】第29回 コロナ時代の「目標」の立て方 MARO

  8. 2020年11月15日「渇いている人はだれでも」

  9. 【夕暮れに、なお光あり】 飼い葉桶の救い主 渡辺正男 2020年12月25日

  10. 【宗教リテラシー向上委員会】 コロナ禍におけるハラール対応(2) 小村明子 2021年2月1日

  11. あのキャラメルの天使マークの由来はマシュマロ?

  12. 【毎月1日連載】牧会あれこれ(19)賀来周一

  13. 【今日は何の日】394年9月6日 フリギドゥスの戦いでテオドシウス帝が勝利

  14. 【今日は何の日】1880年11月6日 マラリア原虫が発見された日

  15. 【夕暮れに、なお光あり】 また会う日まで 上林順一郎 2020年11月11日

クリスチャンプレス をご支援ください

300円 1000円 5000円 10000円

※金額のご指定も可能です。

金額をご指定

リンク用バナーダウンロード

画像をダウンロードしてご利用ください。

リンクを張っていただいた場合は、ご連絡いただけると幸いです。