2020年12月9日「わたしは既に世に勝っている」

あなたがたには世で苦難がある。しかし、勇気を出しなさい。わたしは既に世に勝っている。(ヨハネによる福音書16章33節)

人の子として生きた主イエスは、人々の嘲(あざけ)り、悲しみ、貧しさ、孤独という苦難を経験した。主はこの世の苦難の背後に、人間の罪と、人間を罪に駆り立てる悪魔を見ておられた。今日、人間は高度な文明社会を築き、生活の様々な不便を克服した。しかし、この世には今なお、人を非人間的な行動に駆り立てる悪魔的な力が跳梁(ちょうりょう)し、闇が覆っている。

「わたしは既に世に勝っている」と主イエスは言った。主イエスは不条理な人間の罪によって殺されたが、神によって復活し、罪に勝利された。この方こそ人をして世の罪に勝たせる救い主である。罪と死に勝利した主イエスが私たちのところに来て、「勇気を出しなさい」と語りかけられる。

主イエスは、十字架の死と復活によって私たちを罪の支配から解放し、神の支配に招き入れる。そして、私たちを神の民として世に遣わす。「全世界に行って、すべての造られたものに福音を宣べ伝えなさい」(マルコ16・15)。

私たちが遣わされて行く世は、罪によって引き起されるさまざまな問題に満ちている。私たち自身も自分の罪に泣かされる。しかし、私たちは落胆しない。私たちの体にはなお罪が染みついていても、私たちはすでに主によって罪を贖(あがな)われた者である。神の国が成就される終わりの日に、主は私たちの罪の体を完全に贖い清めてくださるであろう。私たちは神の国の成就を待ち望みながら、罪と戦う。私たちは弱いが、主が共におられる。主の言葉を聞き、主に祈ることができる。主はいつも言葉と霊によって、私たちに生きる勇気を与えてくださる。

Share

Related Posts

None found

  1. 【連載小説】月の都(4)下田ひとみ

  2. 炎の絶縁宣言!! 〜教会からの手紙を焼いたルター〜

  3. 4月16日「すべてのものは、神に向かっている」

  4. 6月25日は弘前学院大学の創立記念日

  5. 【今日は何の日】1938年9月28日 ベン・E・キングの誕生日

  6. 2020年9月27日「わたしのために選び出しなさい」

  7. 【宗教リテラシー向上委員会】 オンラインによるムスリムとの接点(1) 小村明子

  8. 8月15日は日本にキリスト教が伝わった日

  9. 4月14日「自分のために残しておいた」

  10. 11月16日は茨城キリスト教大学と青山学院大学の創立記念日

  11. 今日は信じられないことを信じる記念日

  12. 【今日は何の日】11月9日 IT断食の日

  13. 2020年10月19日「キリストの愛の広さ、長さ、高さ、深さ」

  14. 豚を食べるか食べないか、それが問題だ。

  15. 【夕暮れに、なお光あり】 ついてない、ということ 小島誠志 2020年8月1日

リンク用バナーダウンロード

画像をダウンロードしてご利用ください。

リンクを張っていただいた場合は、ご連絡いただけると幸いです。