2020年12月10日「永遠の命とは、イエス・キリストを知ることです」

永遠の命とは、唯一のまことの神であられるあなたと、あなたのお遣わしになったイエス・キリストを知ることです。(ヨハネによる福音書17章3節)

今日の聖句の「知る」とは、知識的な「知」ではない。神を「あなた」と呼び、神に「私は」と答える人格的な関係のことである。ちょうど、私がある人と出会い、その人を信じるようになって、いつも言葉を交わし、一緒にいることを喜ぶ関係である。神を知り、イエス・キリストを知るとは、私が主イエスによって神の愛と真実を知り、神を信じて生きることを決心し、その時からいつも神の言葉を聞き、神に向かって語りかけることを喜ぶ、そういう人格的な交わりによって、神が私にとってかけがえのない方となることである。そして、神に愛されていることを心強く思い、私も神に喜ばれる者として生きようと願う人間に変えられてゆく、そのような神との交わりが「永遠の命」である。

永遠の命とは、今すでに神との交わりによって、「死から命へと移っている」(5・24)ことである。しかし、万物が更新され、神の国が成就するのは終わりの日である。終わりの日が到来して、神を知っている者たちが「裁かれることなく、死から命へと」移される時、永遠の命は成就する。

神を信じるとは、神と交わりを持つことである。思索することではなく、祈ることである。日々、「主よ、お話しください。僕(しもべ)は聞いております」(サムエル3・9)と祈って、聖書から語りかける神の言葉を聞き、神の霊によって導かれて生きることである。「祈りは聖なる労働である」(フォーサイス)。労働はそれなりの決意と実行力が必要である。私たちが決意して「神さま」と呼びかける言葉を、神は聞いておられ、必ず答えてくださる。

Share

Related Posts

None found

  1. 【Road to えきゅぷろ2022】 シリーズ「セクシャリティ×教会×コロナ」開催に向けて(3)見よ、兄弟が共に座っている 2021年2月11日

  2. 2020年12月4日「あなたがたはわたしを見る」

  3. 「キリスト教=ヨーロッパの宗教」のイメージはこの人から?

  4. 【連載小説】月の都(44)下田ひとみ

  5. 2020年11月23日「わたしの声を聞き分ける」

  6. ギロチンの導入は死刑廃止への第一歩だった?

  7. 日本人牧師、アメリカのコロナ病棟へ初潜入 【アメリカのコロナ病棟から 関野和寛のゴッドブレス】第2回

  8. 6月18日「神からいただいた恵みによって」

  9. 【夕暮れに、なお光あり】 また会う日まで 上林順一郎 2020年11月11日

  10. アイルトン・セナという生き方

  11. 神さまが共におられる神秘(36)稲川圭三

  12. 3月2日「だれの子だろうか」

  13. 【今日は何の日】1541年8月18日(天文10年7月27日) 日本にカボチャ伝来

  14. 信仰を封印して、神に創られた人間の愛おしさを描く 下田ひとみ『落ち葉シティ2』

  15. 1月4日「これは私の愛する子、私の心に適う者」

クリスチャンプレス をご支援ください

300円 1000円 5000円 10000円

※金額のご指定も可能です。

金額をご指定

リンク用バナーダウンロード

画像をダウンロードしてご利用ください。

リンクを張っていただいた場合は、ご連絡いただけると幸いです。