2020年12月19日「あなたがたに平和があるように」

イエスが来て真ん中に立ち、「あなたがたに平和があるように」と言われた。そう言って、手とわき腹とをお見せになった。(ヨハネによる福音書20章19〜20節)

主イエスの十字架の死に打ちのめされた弟子たちは、人々の追跡の手が自分たちにも襲いかかることを怖れて、家に閉じこもっていた。今日の聖句は、人生に絶望していた弟子たちに、復活の主が現れた出来事とその意味を伝えている。弟子たちの前に現れた主イエスは、手には釘跡があり、わき腹に槍(やり)の傷跡がある、紛れもなく十字架で死んだ方であった。すなわち、復活の主はご自分の十字架の死が主を示して、平和を告げる。今や、弟子たちは主の死によって贖(あがな)われた神の子たちである。主イエスが宣言する平和は、まさに神の子とされた平和である。この平和を得て、弟子たちは恐れから解放され、苦難に立ち向かってゆく人間に変えられた。

主イエスの復活は幻視体験(げんしたいけん)であると言う人がいる。しかし、幻ならば各人が見るものは違うはずだから、「主は復活された」という弟子たちの共通の告白は生まれなかったであろう。また、幻は生前に生活を共にした者に意味があるのであって、そうでない者には意味も力もない。しかし、その後も多くの者たちが主イエスに贖われ、救われて、希望と勇気を与えられているのは、復活の主が生きて働いているからである。

私たちキリスト者はさまざまな人間の限界に直面するが、そこで働いてくださる主イエスの臨在を知っている。ゆえに、死という人間最大の限界を迎える時も、私たちはそこから働いてくださる神の「始まり」を信じ、神を待ち望む。死は私たちの目には終わりでも、神の目にはそうではない。主の十字架の死と復活は、この「始まり」に目を向けよとの神の招きである。

Share

Related Posts

None found

  1. 【くめさゆりのDAY BY DAY】第3回 Withコロナな日々徒然 久米小百合

  2. キリストの弟子たち(1)ペトロ(12使徒) 編集部

  3. ヒトラーの作った恐ろしい「キリスト教」

  4. 2月27日は中村うさぎの誕生日

  5. Mr.100ドル札の「週替わり目標」

  6. 【今日は何の日】1881年10月25日 パブロ・ピカソ誕生日

  7. 6月9日は有島武郎の命日

  8. 2020年8月6日「貧しい人は福音を告げ知らされている」

  9. 【連載小説】月の都(36)下田ひとみ

  10. 7月4日はアメリカ独立記念日

  11. 死んでから復活したら生命保険はどうなる? 

  12. 2020年9月16日「立ち上がり、歩きなさい」

  13. 2020年11月14日「あなたは永遠の言葉を持っておられます」

  14. 1月11日は鏡開きの日

  15. 【今日は何の日】10月9日 熟睡の日

リンク用バナーダウンロード

画像をダウンロードしてご利用ください。

リンクを張っていただいた場合は、ご連絡いただけると幸いです。