2020年12月27日「悔い改めにふさわしい実を結べ」

悔い改めにふさわしい実を結べ。『我々の父はアブラハムだ』などという考えを起こすな。言っておくが、神はこんな石ころからでも、アブラハムの子たちを造り出すことがおできになる。(ルカによる福音書3章8節)

福音書記者ルカは、主イエスの前に登場したバプテスマのヨハネの時代背景を、ローマの皇帝、総督、パレスチナの領主、ユダヤの大祭司の名前をあげて、詳しく述べる。「皇帝ティベリウスの治世の第15年」は、紀元28年から29年と推定される。主イエスの救いは、全人類にかかわる歴史的な出来事である。

ヨルダン川において宣教したバプテスマのヨハネは、イザヤが預言したように「主の道を整え」(4節)るために遣わされた荒れ野で叫ぶ声である。ヨハネは父祖アブラハムを持つ自分たちは神の民であると安心していたユダヤ人に今日の聖句を語って、悔い改めの実を結ばなければ神に捨てられると警告した。彼が語る悔い改めの実は、貧しい人に分けてやることであり、人から取りたてたり、ゆすり取ったり、だまし取ったりしないことである。すなわち、律法が求める愛と正義を実践することである。ヨハネは律法の実践を人々に求めただけでなく、自分にも厳しく課した。主イエスはバプテスマのヨハネのことを、「およそ女から生まれた者のうち、ヨハネより偉大な者はいない。しかし、神の国で最も小さな者でも、彼よりは偉大である」(7・8)と言った。主イエスの到来によって、律法による救いではなく、罪の赦(ゆる)しによる救いがもたらされたからである。しかし、律法による神の要求の厳しさを知らなければ、罪の赦(ゆる)しは安価な恵みとなるであろう。ヨハネは律法の実践を厳しく求めることによって、人々に罪のいかなるかを示し、救い主イエスを受け入れる備えをさせるのである。

Share

Related Posts

None found

  1. 神さまが共におられる神秘(77)稲川圭三

  2. 【クリスチャンな日々】第29回 コロナ時代の「目標」の立て方 MARO

  3. ネコ

    【今日は何の日】7月10日 「ウルトラマン」の初放送

  4. 【連載小説】月の都(3)下田ひとみ

  5. 2月11日「安心しなさい。恐れることはない」

  6. 【クリスチャンな日々】第31回 料理にはスパイスを、人生には聖書を MARO

  7. 【今日は何の日】1921年11月4日 原敬暗殺事件

  8. 【教会では聞けない?ぶっちゃけQ&A】 自ら信じた実感がない 上林順一郎

  9. 神さまが共におられる神秘(11)稲川圭三

  10. 「ラプンツェル」のモデルかも!? 〜聖バルバラの記念日〜

  11. 【毎月1日連載】牧会あれこれ (28) コロナ禍が起こした教会の新しい変化

  12. 島原の乱は「宗教戦争」ではなかった

  13. シェイクスピアは誕生日に亡くなった?誕生日にご用心!?

  14. 2020年8月16日「お前が用意した物は、誰のものになるのか」

  15. 【教会では聞けない?ぶっちゃけQ&A】 お坊さんとはお付き合いできない? 上林順一郎

クリスチャンプレス をご支援ください

300円 1000円 5000円 10000円

※金額のご指定も可能です。

金額をご指定

リンク用バナーダウンロード

画像をダウンロードしてご利用ください。

リンクを張っていただいた場合は、ご連絡いただけると幸いです。