2020年12月28日「聖霊と火で、バプテスマをお授けになる」

わたしは、その方の履物のひもを解く値打ちもない。その方は、聖霊と火であなたたちにバプテスマをお授けになる。(ルカによる福音書3章16節)

ローマ帝国に支配されていたユダヤ人の間には、メシア待望の機運が高かった。メシアを名乗って抵抗運動を起こす者たちも少なくない時代だった。人々はバプテスマのヨハネの説教を聞いて、彼がメシアではないかと考えた。ヨハネがその気になれば、人々に押し上げられて、ユダヤ人たちの指導者となることもできた。しかし、彼は自分がメシアではなく、自分の後に来る方がメシアであること、その方は自分よりはるかに優れた業をすることを、今日の聖句で人々に語った。「火」とは、「殻を消えることのない火で焼き払われる」(17節)とあるように、律法が求める実を結ばない者を滅ぼす神の裁きである。しかし、だれが神の裁きを免れることができようか。私たちは皆、律法によって神に義とされない罪人である。

ヨハネがメシアと証言した主イエスは、罪人のために十字架にかけられ、神の裁きを引き受けられた。主イエスの十字架の死によって、神は私たちの罪を赦(ゆる)す無償の愛を現された。「死者の中からの復活によって力ある神の子と定められた」(ローマ1・4)主イエスは、今、聖霊によって、私たちに神の無償の愛を示す十字架の福音を語り、罪の赦(ゆる)しを受けるようにと働いておられる。そして、信じる者にバプテスマを授けて、神の愛のうちに生きる神の民とする。神の民はいつも聖霊の主と共にあり、聖霊の主に導かれて、神の無償の愛を示す十字架の福音を宣教し、神の愛のうちに生きる幸いを証しする。神の民の宣教と証しを通して、人々に語りかけ、信仰に導き、バプテスマを授けて神の民とするのは、聖霊の主である。

Share

Related Posts

None found

  1. 2020年10月30日「来て、見なさい」

  2. 2020年8月11日「収穫の主に願いなさい」

  3. 2020年8月6日「貧しい人は福音を告げ知らされている」

  4. 2月28日「どうして礼服を着ないでここに入って来たのか」

  5. 2020年11月6日「霊と真理を持って父を礼拝する時が来る」

  6. 2月14日「この岩の上にわたしの教会を建てる」

  7. 2020年12月3日「わたしを通らなければ」

  8. 2020年8月20日「人々を連れて来て、この家をいっぱいに」

  9. 2020年11月13日「感謝の祈りを唱えて」

  10. 1月25日「なぜ怖がるのか」

  11. 2020年12月19日「あなたがたに平和があるように」

  12. 3月20日「あなたがたに会いたいのは、力になりたいから」

  13. 1月10日「みだらな思いで、見る者は誰でも」

  14. 2020年8月22日「一緒に喜んでください」

  15. 2020年8月3日「神が抱いておられる熱い思い」

リンク用バナーダウンロード

画像をダウンロードしてご利用ください。

リンクを張っていただいた場合は、ご連絡いただけると幸いです。