2020年12月31日「網を降ろし、漁をしなさい」

沖に漕ぎ出して網を降ろし、漁をしなさい(ルカによる福音書5章4節)

ゲネサレト湖畔で漁師たちが網を洗っていた。彼らは夜通し働いたが、不漁だった。網を洗う彼らの背中に、失意と不安を抱えて生きる人間の悲しみが浮かんでいる。主イエスは彼らに声をかけ、船に乗せて少し漕ぎ出してほしいと頼んだ。そして、腰をおろして船から海辺にいる人々に教えた。話し終わると、主イエスはシモンに今日の聖句を語って、彼の行動を促した。

陽が高くなってから、しかも、沖に出て漁をせよという主イエスの言葉は、長年漁師として培ったシモンの経験と常識を超えていた。彼は「先生、わたしたちは、夜通し苦労しましたが、何もとれませんでした。しかし、お言葉ですから、網を降ろしてみましょう」(5節)と答えた。自分の経験や常識を超えているが、「しかし」と言って、シモンは主の言葉に従った。すると、沢山の魚がかかり、網が破れそうになった。シモンたちは主の言葉に従うことによって、自分たちの経験や常識を超えた世界を知った。

「沖」は、原語では「深い所」である。「深みに乗りいだし、網を下して漁れ」(文語訳)。主イエスはシモンたちを沖の深み、見えない世界に漕ぎ出させた。主イエスが招くのは、見えない神の国である。私たちが主の言葉に促され、信じて従う時、この見えない深みの世界を知るようになる。この深みの世界が、見える世界で生きている私たちに希望を与える。悲しみや苦しみに打ちひしがれそうな私たちに、生きめぐる勇気を与える。困難の中にいる方が心の支えを聞かれて、「聖書に巡り合ったことで、小さな世界と大きな世界の両方を見られるようになったことです」と答えた。

Share

Related Posts

None found

  1. 【今日は何の日】1978年8月26日 ヨハネ・パウロ1世がローマ教皇就任

  2. 【毎週日曜連載】神さまが共におられる神秘(82)稲川圭三

  3. 神さまが共におられる神秘(66)稲川圭三

  4. 【chiyoのGOD ONLY KNOWS!】第13回 イスラエルにて

  5. 【宗教リテラシー向上委員会】 ウィズコロナ時代の教会(1) 川島堅二 2020年7月11日

  6. 【宗教リテラシー向上委員会】 聖俗の垣根を越えて 池口龍法 2020年11月11日

  7. 2020年12月5日「わたしの平和を与える」

  8. 2020年9月2日「わたしの言葉は決して滅びない」

  9. 2020年8月6日「貧しい人は福音を告げ知らされている」

  10. 2020年11月15日「渇いている人はだれでも」

  11. 【クリスチャンな日々】第15回 「正解でありますように!」と祈る傲慢 MARO

  12. 名横綱谷風を負かしたのは風邪でした

  13. 【連載小説】月の都(24)下田ひとみ

  14. お正月生まれの宗教改革の立役者!!でもルターじゃありません。

  15. 【今日は何の日】1757年11月28日 ウィリアム・ブレイクの誕生日

クリスチャンプレス をご支援ください

300円 1000円 5000円 10000円

※金額のご指定も可能です。

金額をご指定

リンク用バナーダウンロード

画像をダウンロードしてご利用ください。

リンクを張っていただいた場合は、ご連絡いただけると幸いです。