フェリス女学院大学の新学長に国際交流学部教授の荒井真氏が選任

 

フェリス女学院は10月24日、フェリス女学院大学の次期学長に荒井真(あらい・まこと)氏(国際交流学部教授)を理事会で選出した。現学長の秋岡陽(あきおか・よう)氏の任期満了に伴うもので、任期は来年4月1日から24年3月31日までの4年間。

(写真提供:フェリス女学院)

荒井氏は1964年、東京生まれ。88年に上智大学法学部法律学科を卒業した後、90年に同大大学院で前期博士課程を修了、94年に同大大学院博士課程単位取得満期退学。97年からフェリス女学院大学国際交流学部国際交流学科の専任講師となり、助教授を経て、2010年から教授。13年から18年まで同大副学長を務めた。日本基督教団の教会員。

専門分野は、比較法、ヨーロッパ法史、ヨーロッパ大学史。共著に『法の理論37』(成文堂)、『少しだけ「政治」を考えよう!──若者が変える社会』(松柏社)などがある。

フェリス女学院は1870(明治3)年、米国改革派教会の宣教師メアリー・E・キダーにより、日本初の近代的女子教育機関として開校した。「フェリス」という校名は、その5年後、横浜山手に校舎を新築した際、同教会外国伝道局総主事のフェリス父子の支援によったことを記念して「フェリス・セミナリー」と名づけられたことに由来する。教育モットーは「For Others(他者のために)」。

Share

Related Posts

  1. キリスト教の聖地ってどこ?どんな場所?そもそも聖地って何?

  2. 【特集】東京基督教大学学長・山口陽一さん 時代に適応しながら、変わらない聖書信仰を

  3. 【インタビュー】日本基督教団総会議長・石橋秀雄さん(2)「サンドバック状態になりながらも支持してくれる人たちがいた」

  4. 米津玄師の最新アルバム「STRAY SHEEP(ストレイ・シープ)」と聖書

  5. 「聴くドラマ聖書」18日から無料ダウンロード開始 記者発表会に大和田伸也さん、井上芳雄さんら

  6. 【最終回】神さまが共におられる神秘(110)稲川圭三

  7. コロナ禍に生きる ~精神科の診察室から~

  8. ドキュメンタリー映画「牧師といのちの崖」アンコール上映が決定

  9. 求められる「新しい信仰様式」 上智大同窓会企画 神父2人がオンラインで対談 片柳弘史×晴佐久昌英 2020年7月1日

  10. コロナ禍だからこそ、世界とがっつりつながろう! 「いのフェス」初のオンライン開催

  11. 【インタビュー】ソプラノ歌手・ありめせつこさん(前編)「ザ・ブレッシング日本」に参加、賛美によって力を分かち合えた

  12. 新潟県で震度6強、山形県で震度6弱 イムマヌエル、バプ連の地元の教会は

  13. 聖学院大学、「全学礼拝」をアーカイブ化 フェイスブックで配信

  14. 【「キリスト新聞」との共同インタビュー】最初の告発をした小柳敦史氏 深井智朗氏の研究不正について語る(3)

  15. 「聖書協会共同訳」の聖書本文検索が可能に 無料でテキスト・データが使える

クリスチャンプレス をご支援ください

300円 1000円 5000円 10000円

※金額のご指定も可能です。

金額をご指定

リンク用バナーダウンロード

画像をダウンロードしてご利用ください。

リンクを張っていただいた場合は、ご連絡いただけると幸いです。