• CT
  • クリスチャニティー・トゥデイ、オンラインの購読者1000万に上るキリスト教メディア
  • HOME
  • 記事
  • CT
  • 【米クリスチャニティ・トゥデイ】ニュージーランドのイスラム教徒襲撃にクリスチャンはどう対応すべきか(後編)

【米クリスチャニティ・トゥデイ】ニュージーランドのイスラム教徒襲撃にクリスチャンはどう対応すべきか(後編)

 

サラ・L・H・シャディー氏(ベテル大学哲学教授、『バブルからブリッジへ──宗教が多様な世界のためのクリスチャン教育』の著者)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Sara L. H. Shady, professor of philosophy, Bethel University, and author of From Bubble to Bridge: Educating Christians for a Multifaith World:

この世で起こるべきではない事件という悲劇的な戒めとして、私たちはニュージーランドでのテロ攻撃を残念に思っています。「愛には恐れがない。完全な愛は恐れを締め出します」(1ヨハネ4:18)という聖句を覚えておかなければなりません。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
While we lament the terrorist attacks in New Zealand as yet another tragic reminder that the world is not as it should be, we must remember the words of 1 John 4:18: There is no fear in love, but perfect love casts out fear.

神を愛し、すべての隣人を愛するという永続的な行動のほかに、憎しみと恐れに根ざした暴力に対処する術(すべ)はありません。つまり、世界中のイスラムに恐怖を感じる人たちと私たちが対話し、近隣や地域社会にいるイスラム教徒への思いやりと支持を示すことです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
There is no better response to violence rooted in hatred and fear than a persistent commitment to love God and love all neighbors. We can do this by speaking out against Islamophobia around the world, as well as by showing compassion and support for Muslims in our own neighborhoods and communities.

私たちの言葉と行動が世界中で神の平和を促し、あらゆる憎しみと恐れが消え去りますように。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
May our words and actions promote the peace of God throughout the world and cast out all forms of hatred and fear.

ジョニー・ムーア氏(クリスチャン指導者会議議長、アメリカの国際宗教自由委員会委員)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Johnnie Moore, president of the Congress of Christian Leaders and commissioner in the US Commission for International Religious Freedom:

まず怒りが湧き上がりました。そして、過激派から教会が攻撃されたという最初のニュースがあったとき、世界中のイスラム指導者からどれだけしばしばお悔やみを受けただろうと考えました。それは、迫害されたクリスチャンとイスラムの連帯という意義深い行動も同様です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
I felt sick to my stomach. Then I thought about how often I have been the recipient of condolences from Islamic leaders around the world at the first news of an extremist attack on a church, as well as other profound actions of Islamic solidarity with persecuted Christians.

ジョニー・ムーア氏(自身のフェイスブックより)

「アラブの春」(アラブ世界で起こった大規模な反政府デモ)の間、エジプトのイスラム教徒がカイロ最大の福音派教会を過激派から守るため、教会を包囲して警備に当たり、2年間で数人のイスラム教徒の警官が殺害されました。スンニ派イスラム教のアル・アズハル大学は彼らの英雄的行動を称賛し、「殉教者」という称号を授けました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Muslims in Egypt circled around Cairo’s largest evangelical church to protect it from extremists during the Arab spring, and in the last two years alone several Muslim police officers have died in multiple countries protecting churches from extremists. For their heroism, they received praise from Sunni Islam’s al-Azhar University, which issued a decree honoring them as “martyrs.”

これは、ネオナチ、白人国家主義者、反ユダヤ、反イスラムなどの過激派が私たちに口にしてほしくない出来事です。なぜなら、彼らがあおり立てている「文明の衝突」という話の効果を薄れさせることになるからです。これらは私たちが伝えるべき話です。そして、クリスチャン、特に福音派として私たちが築くべき友情です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
These are the stories that the extremists—whether they are neo-Nazis, white nationalists, anti-Semites, or Islamists—do not want us to tell because they degrade the “clash of civilizations” narrative they promote. Yet these are the stories that we must tell; and these are the friendships we must build, as Christians, and especially as evangelicals.

近年、福音派とイスラム教徒の関係が、地方でも、政治のトップ・レベルでも、そして世界各地で、信じられないほどの進歩を遂げていることを私はとても誇りに思います。信頼関係を急いで築く必要はありませんが、これらの努力を促進し、他のすべての宗教団体に広げなければなりません。正統主義者、つまり排他主義者でさえ、友情に歯向かうことはできません。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
I’m very proud of the unbelievable strides we’ve made between evangelicals and Muslims in recent years, at a local level and at the highest level, and in every corner in the world. While one cannot rush trust, we must expedite these efforts, and extend them to all other religious communities. Orthodoxy—even the exclusivist kind—is not at enmity with friendship.

だからこそ私は、ベッドのサイド・テーブルに置いてあったスマホをとり、ニュージーランドを含む世界中の何万人ものイスラム教徒に簡単なメッセージをツイッターでシェアしたのです。「礼拝中に誰かを殺害するほど邪悪なことはない。クリスチャンがテロ攻撃にあったとき、イスラム教徒は連帯感をもって立ち上がってくれました。今日、クリスチャンは、テロ攻撃にあったイスラム教徒と連帯感をもって共に立ち上がります。嘆き悲しみ泣いている人と共に泣いています。(アラビア語で)慈悲深く慈愛あまねき神の御名において」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
That’s why I grabbed my phone off my bedside table and shot off a simple tweet, that was shared by tens of thousands of Muslims around the world, including in New Zealand: “Nothing is more evil than killing someone at prayer. ‎Muslims have stood in solidarity w/ Christians when their churches have been terrorized; today, Christians stand in solidarity w/terrorized Muslims. ‎Mourning w/those who mourn; Weeping w/those who weep. ‎بسم الله الرحمان الرحيم.”

ジョセフ・カミング氏(自身のツイッターから)

ジョセフ・カミング氏(エール大学国際教会牧師。30年間にわたりイスラム教徒と働き、イスラム、クリスチャン、ユダヤ人指導者のアドバイザーとして定期的に中東、北アフリカ、アジアへ旅行している)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Joseph Cumming, pastor of the International Church at Yale University, has worked among Muslims for three decades and travels regularly to the Middle East, North Africa, and Asia as an advisor to Muslim, Christian, and Jewish leaders:

金曜日に起こった右翼の過激派で白人国家主義者によるイスラム教徒への礼拝中のテロ攻撃は、1993年10月の事件を思い出させました。モーリタニア・イスラム共和国でテロリストが、ミサが始まる前のカトリック大聖堂を襲撃したのです。私の友人でもあるレネ司祭とポールはそこで瀕死の重傷を負いました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Friday’s right-wing extremist, white nationalist terror attack on Muslims at prayer transported me in memory to October 1993, when a terrorist attacked the Catholic Cathedral in the Islamic Republic of Mauritania before Mass, gravely wounding and nearly killing two friends of mine—Fathers René and Paul.

次に予定されていた標的が私で、場合によっては最初の標的になっていたかもしれないとテロリストが供述したと聞き、妻とまだ幼い双子の子どもと暮らしていた私は恐怖に怯(おび)えました。そんな中で私たち家族を気にかけて擁護し、愛をもって手を差し伸べてくれたモーリタニアのすべてのイスラム教徒に深く感謝しました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
The attacker told police I was his next intended target, and might have been his first. That was a frightening time for my wife and me with our twin toddlers, living nearby. We were deeply grateful for every Mauritanian Muslim who spoke out in solidarity with us or reached out to us in love.

主イエスは、「人にしてもらいたいと思うことは何でも、あなたがたも人にしなさい」と言われました(マタイ7:12)。海外で危険な状況にあるクリスチャンを擁護する発言をイスラム教徒にしてほしいですか。苦しんでいるクリスチャンに、イスラム教徒が愛する隣人として手を差し伸べることを望みますか。そのためには、私たちがイスラム教徒に対して、隣人として接する必要があります。隣人であるイスラム教徒に手を差し伸べ、愛を伝え、支援していきましょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Jesus says we must do unto others as we would have them do unto us. Do we want Muslims to speak out defending Christians targeted by terrorists overseas? Do we want Muslims to reach out in love to support their suffering Christian neighbors? Then we must speak out defending Muslims. We must reach out to Muslim neighbors, communicating love and support.

かつてツリー・オブ・ライフ・ユダヤ教会やマザー・エマニュエル教会、また他の教会が経験したように、これは米国のイスラム教徒にとって、とても恐ろしい時です。しかし、「完全な愛は恐れを締め出します」(1ヨハネ4:18)という聖句を実践する機会でもあります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
This is a frightening time for Muslims in America, as it was for Tree of Life Synagogue, for Mother Emanuel Church, and others. This time is also an opportunity to demonstrate the perfect love which the Bible says overcomes fear.

ウォーレン・ラーソン氏(コロンビア国際大学、ズウェマー・イスラム研究センターの上級研究員兼教授)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Warren Larson, senior research fellow and professor at the Zwemer Center for Muslim Studies, Columbia International University:

クライストチャーチのモスクを襲撃した24歳の白人男性の顔を見たとき、「それは悪魔の顔であり、また私たちの顔でもある」と考えさせられました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Images of what a 24-year-old white male did at a mosque in Christchurch reminded me of something: “We have seen the face of evil and it is us.”

21世紀における最大の脅威はイスラムのテロであると私たちは考えるかもしれません。それは確かに脅威かもしれませんが、自分の中にある、自分と違うものに対する偏見、憎しみ、人種差別などはどうでしょう。イスラム嫌いはイスラム教徒嫌いに変わりつつあり、イスラム教徒を、特定の状況下で迫害されている少数派として考える時が来るかもしれません。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
We may have thought that the greatest threat in the 21st century is Islamic terrorism. It is a threat; but equally so is our own bigotry, hatred, and racism toward others who are a little bit different. Islamophobia is turning into Muslim-phobia, and it may be time to think of Muslims as a persecuted minority in certain contexts.

イスラムのテロリストに対して立ち上がることを望むなら、イスラム教徒が狙われる時には、私たちが声を上げ、立ち上がる必要があります。主イエスは、「人にしてもらいたいと思うことは何でも、あなたがたも人にしなさい」と言われたではありませんか。したがって私たちは、自ら進んでイスラム教徒に、優しさや思いやり、寛大な心をもった行動で応えなければなりません。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Besides, if we want them to stand up for Christians against Islamic terrorists, we need to speak up, and stand up, when they are targeted. Didn’t Jesus say, “Do unto others as you would have them do to you?” We must, therefore, take the initiative and respond with courteous acts of kindness, warmth, and generosity to Muslims in our midst.

アルバート・アインシュタインはこう言いました。「この世の中が危険な場所であるのは、凶悪な人たちのせいではなく、それについて人々が何もしないからである」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Albert Einstein put it this way, “The world is a dangerous place to live, not because of the people who are evil, but because of the people who don’t do anything about it.”

ロバート・ニコルソン氏(自身のツイッターから)

ロバート・ニコルソン氏(フィロス・プロジェクト代表、「プロビデンス」誌編集者)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Robert Nicholson, president of The Philos Project and editor of Providence magazine:

礼拝中のイスラム教徒を殺害した事件のニュースを聞いた瞬間、ぞっとしました。強く非難されなければなりません。そして、西洋のクリスチャンが進んでイスラム教について真剣に深い会話をする必要があります。18年前の同時多発テロの後、それを一つでも始めたでしょうか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
The killing of Muslims in a house of worship is appalling and must be condemned. But it reminds me that the West, and Christians in particular, need to have a serious and thoughtful conversation about Islam. Eighteen years after 9/11, I’m not sure we’ve even started one.

イスラム教とキリスト教の間の危機は現実のものです。クライストチャーチ大虐殺の後のSNSの反応を見れば、多くのイスラム教徒とクリスチャンは、それが現実のものであると気づくでしょう。うっ積した不満は最高潮に達しています。自由主義者は前向きな意見の一致を求めて二つのコミュニティーの違いについて論文を作成しようとしますが、その取り組みはどちらの側からも共感されません。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
The crisis between Islam and Christianity is real—or at least, many Muslims and Christians perceive it to be real as social media reactions after the Christchurch massacre showed. The pent-up frustration is reaching a fever pitch. Liberals try to paper over differences between the two communities in a quest for positive consensus, but that approach doesn’t resonate with believers on either side.

保守的なイスラム教徒とクリスチャンの間で、互いに敬意を払いながら、誠実で直接的な会話が行われる時が来ました。類似性よりむしろ違いの認識から始める会話。厳格な質問に対し、双方が無条件に自由に話し合い、熱心に耳を傾け、そして自分の言葉で互いを理解しようと努めることです。クライストチャーチ襲撃の余波の中で、クリスチャンが先に立っていくべきしょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
The time has come for an honest and direct, albeit respectful, conversation between conservative Muslims and Christians. A conversation that begins from a recognition of difference rather than similarity. Only a no-holds-barred approach to tough questions can begin to help the two sides speak freely, listen intently, and begin to understand each other on their own terms. In the aftermath of Christchurch, Christians should lead the way.

エフライム・テンデロ氏(自身のツイッターから)

エフライム・テンデロ氏(世界福音同盟最高責任者。ニュージーランド・クリスチャン・ネットワークとの共同公式声明を発表した)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Efraim Tendero, secretary general of the World Evangelical Alliance (WEA), issued a joint official statement with the New Zealand Christian Network (NZCN):

「今日のクライストチャーチにおけるイスラム教モスクへの暴力的な攻撃について恐怖を覚え、また大きな悲しみの中にいます」とニュージーランド・クリスチャン・ネットワーク(NZCN)は声明を出した。NZCNの広報担当者であるスチュアート・ランジ氏はこう言う。「今回の大虐殺には戦慄が走りました。信仰のあるなしにかかわらず、すべてのニュージーランド人は深く悲しんでいます」。ネットワークは、深刻な影響を受けたすべての家族やコミュニティーのために祈り、可能な限りあらゆる手段で彼らに支援を提供することを人々に促している。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
The New Zealand Christian Network “has expressed horror and great sadness about the violent attacks today on Muslim people and mosques in Christchurch.” NZCN spokesperson Stuart Lange called the attack “utterly appalling” and said it “will be deplored by all New Zealand people of all faiths or none.” The network urges people to pray for all the families and communities which will be deeply affected, and to offer them support in every way possible.

世界福音同盟(WEA)最高責任者であるエフライム・テンデロ氏は次のように述べた。「クライストチャーチでのテロ攻撃は、偏見と過激主義がからみ合った致命的な気性を再び思い出させます。そして、平和で愛にあふれた人々やコミュニティーの間で、敵意を抱かせる種をまき、破壊する方法を探し求めています。平和の主であるイエス・キリストの信者として、私たちはそのような暴力を非難し、凶悪な犯罪者には弁解の余地はないと、信仰のあるなしにかかわらず、誰に対しても明言します」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Efraim Tendero, secretary general and CEO of the WEA, said: “With this terrorist attacks at Christchurch, we are once again reminded of the intertwined and deadly nature of prejudice and extremism, how it seeks to destroy and sow enmity among peace-loving people and communities. As followers of Jesus Christ, the Prince of Peace, we condemn such violence and state in the clearest terms that there is no justification whatsoever to commit such a heinous crime against people of any faith or no faith.

「この悲惨な攻撃で愛する人を失った人々の家族に私たちは哀悼の意を表し、彼らとコミュニティーに慰めと癒やしが与えられるよう祈ります。私たち全員がこの悲劇の犠牲者のために説明責任と正義を求めています。しかし、このような重大な時には、『悪に負けることなく、善をもって悪に勝ちなさい』(ローマ12:21)とあるように、悪に対して悪を返すのではなく、善をもって悪に打ち勝つことが最も必要だと確信しています」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
“We mourn with the families of those who have lost loved ones in this tragic attack and pray for God to give comfort and healing to them as well as the community. As we all seek accountability and justice for all the victims of this tragedy, we are convinced that in crucial times such as this we need to all the more demonstrate the best in humanity by not repaying evil with evil, but by overcoming evil with good (Romans 12:21).

「福音派クリスチャンの地球規模の家族(あらゆる肌の色、民族、言語、文化、社会的地位の人が含まれる多様な家族)として、私たちは次のことを信じています。聖書によると、神は人間をご自身のかたちに創造し、それぞれの人生に永遠の価値を与えているのです。この悲劇的な出来事がコミュニティーを憎しみで分断するのではなく、そのような憎しみを非難するためにコミュニティーが結びつき、慰めと支援の輪を広げるために、あらゆる社会的・文化的障壁を乗り越えて手を差し伸べることが私たちの願いと祈りです」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
“As a global family of evangelical Christians—a diverse family that includes people of all complexions, ethnicities, languages, cultures, and social standings—we are committed to upholding that according to the Bible, God has created each human being in his image, which gives eternal value to each individual life. It is our hope and prayer that rather than dividing the community with hatred, this tragic event will bring the community together in condemning such hatred and that they would reach out to each other across any social or cultural barriers to extend comfort and support at this time.”

(ジュネーブの国連人権理事会でWEAがナショナリズムを非難する口頭声明を発表した日、この襲撃が起こった。さらに、異なる信仰の人々の間に尊敬と理解の橋渡しをする努力の一環として、WEAは長年にわたり、ムスリムとの対話にも携わってきた。最近の例としては、先月、アブダビで開催された人間の友愛に関する国際会議にテンデロ氏が参加したことが挙げられる。)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(The attack came on the same day the WEA presented an oral statement at the United Nations Human Rights Council in Geneva that denounces nationalism. Furthermore, as part of its effort to build bridges of respect and understanding between people of different faiths and no faith, the WEA has also been engaged in dialogue with Muslims for many years. A recent example is Tendero’s participation in the Global Conference on Human Fraternity in Abu Dhabi last month.)

執筆:ジェイソン・キャスパー

本記事は「クリスチャニティー・トゥデイ」(米国)より翻訳、転載しました。翻訳にあたって、多少の省略をしています。

出典URL:https://www.christianitytoday.com/news/2019/march/new-zealand-mosque-shooting-christchurch-christians-muslims.html

Share

Related Posts

None found

おすすめ