クリスチャニティー・トゥデイ

【CHRISTIANITY TODAY】ニュージーランドのイスラム教徒襲撃にクリスチャンはどう対応すべきか(前編)

 

先週の金曜日(3月15日)、ニュージーランドのクライストチャーチにある二つのモスクで、白人至上主義者の男がイスラム教徒をテロ攻撃した。50人が死亡、さらに50人が負傷した。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Last Friday, Muslim worshipers at two mosques in Christchurch, New Zealand, suffered a terrorist attack at the hands of an avowed white supremacist. 50 people were killed, with another 50 injured.

オーストラリア国籍の容疑者は襲撃の前、反移民と反イスラムについて長い声明文をフェイスブックに投稿していた。その後、襲撃の様子を自らライブ配信している。犠牲者の中にはパキスタン、トルコ、サウジアラビア、ヨルダン、バングラデシュ、インドネシア、そしてマレーシア出身者もいた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Prior to the attack, the citizen of Australia posted a lengthy manifesto to social media, filled with anti-immigrant and anti-Muslim themes. He then proceeded to livestream the shooting. Some victims originally hailed from Pakistan, Turkey, Saudi Arabia, Jordan, Bangladesh, Indonesia, and Malaysia.

最近のイスラム諸国をはじめ、各地で起きている礼拝中のクリスチャンへの攻撃を踏まえ、「クリスチャニティー・トゥデイ」は福音派の指導者に、クライストチャーチ・モスクの大虐殺にクリスチャンはどう対応すべきか意見を求めた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Given recent attacks on Christians in their places of worship, including many in Muslim nations, CT invited evangelical leaders to weigh in: How should Christians respond to Christchurch?

リチャード・シュマック氏(自身のツイッターから)

リチャード・シュマック氏(オーストラリア、メルボルン神学校のアーサー・ジェフリー・イスラム教研究センター長)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Richard Shumack, director of the Arthur Jeffery Centre for the Study of Islam at Melbourne School of Theology, Australia:

すぐに思い浮かんだのは、主イエスの「山上の垂訓」(マタイ5~7章)です。クリスチャンはどのようにクライストチャーチの事件に対応すべきか。それは服喪、正義、そして平和です。クリスチャンは、イスラム教徒の兄弟姉妹と共に嘆き、この凶悪な犯罪者に正しい裁きがあるよう、そして激しい人種主義の時代にあって、平和を仲介することに可能な限り努力し、力をつぎ込むことです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
The thing that came to mind immediately is Jesus’ beatitudes. How should Christians react to Christchurch? With mourning, a hunger for justice, and peacemaking. Christians must mourn with their Muslim brothers and sisters, thirst for the perpetrators of this heinous crime to be brought to justice, and put every possible effort into brokering peace in an age of furious tribalism.

私はまた、ニュージーランド、ウェリントンの英国国教会の主教が引用したドストエフスキーの賢明な知恵の言葉を心から受け入れます。「人間が犯した罪を見て当惑するとき、私たちはそれとどのように戦うべきか分からない。力で戦うのか、謙虚な愛で戦うべきか。そのような時は常に『私は謙虚な愛でそれと戦う』と決心しよう。そうきっぱりと決心したら、全世界で勝利を得ることができる。謙虚に愛することは非常に大きな力だ。すべてのものの中で最強であり、それに変わるものは何もない」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
I also embrace wholeheartedly the poignant wisdom of Dostoevsky quoted by the Anglican bishop of Wellington, New Zealand: At some ideas you stand perplexed, especially at the sight of human sins, uncertain whether to combat it by force or by humble love. Always decide, “I will combat it with humble love.” If you make up your mind about that once and for all, you can conquer the whole world. Loving humility is a terrible force; it is the strongest of all things and there is nothing like it.

マーク・ドゥリー氏(自身のツイッターから)

マーク・ドゥリー氏(オーストラリア、メルボルン出身の英国国教会牧師、イスラム教に関する著書がある)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Mark Durie, Anglican pastor from Melbourne, Australia, and author of books on Islam:

アレキサンダー・ソルジェニーツィン(ソビエトのノーベル文学賞受賞作家)はこのように述べました。「悪事を働くためには、まず自分が良いことをしていると信じなければならない」。ブレントン・タラント容疑者は、移住者を「侵略者」と呼び、自分の暴力によって、白人と移民との間に人種的な戦争が到来することを知らせるのが目的だとSNSに投稿しました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Mark Durie, Anglican pastor from Melbourne, Australia, and author of books on Islam:
Alexander Solzhenitsyn observed that “to do evil, a human being must first of all believe that what he is doing is good.” Brenton Tarrant, the accused Christchurch killer, wrote that his violence was intended to usher in a racial war between whites and immigrants, whom he calls “invaders.”

この弱肉強食の掟(おきて)に従った虐殺の目的は、キリスト教の核心をまったく否認しています。主イエスは反対のことを教えられました。私たちの隣人を自分自身のように愛するということです。この憎しみに対する適切な答えに賛同するかのように、世界中から「イスラム教徒の犠牲者と心を合わせる」との無数のメッセージが集まっています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
This law-of-the-jungle genocidal purpose is an utter repudiation of the core of Christianity. Jesus taught the opposite: to love our neighbor as our very selves. In a fitting answer to this hatred, countless expressions of solidarity with the Muslim victims have been coming in from around the globe.

今日、イスラム教国に住むクリスチャンは、西欧諸国に住むイスラム教徒よりはるかに、自分の信仰のために殺される可能性が高くなっています。それでも主イエスの教えは、憎しみの感情に対する解毒剤です。主イエスの真の信者は、思いがけない悲劇に苦しんでいる犠牲者を思いやり、気づかいをすぐに示します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Christians living in Muslim countries today are far more likely to be killed for their faith than are Muslims living in the West, yet the teachings of Jesus are an antidote to dogmas of hatred. The true followers of Jesus will be quick to show compassion and care for the suffering victims of this appalling tragedy.

マーティン・アッカド氏(自身のツイッターから)

マーティン・アッカド氏(レバノンにあるアラビア・バプテスト神学校中東研究所所長、フラー神学校イスラム研究准教授)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Martin Accad, director, Institute of Middle East Studies at Arab Baptist Theological Seminary (Lebanon), and associate professor of Islamic Studies, Fuller Theological Seminary:

ニュージーランドの銃乱射事件を聞いた後、私の心に浮かんだ思いは、教会がこの悲劇の中で果たすべき重大な責任を持っているということです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
The main thoughts that have been running through my mind after hearing of the New Zealand shootings is that the church has a crucial responsibility to play in this tragedy.

確かに射撃者は、クリスチャンの世界観や動機を主張しているのではありません。むしろ、人種差別や白人至上主義、外国人嫌悪によって動機づけられているように思われます。しかしクリスチャンは、イスラム教とその信者に対する今の社会の姿勢にどんな影響を与えてきたか、反省しなければなりません。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Admittedly, the shooters did not claim a Christian worldview or motivation, but rather seem to have been motivated by racism, white supremacy, and xenophobia. However, Christians must search their souls for any contribution they might have made to the current shape of our societies’ attitude towards Islam and Muslims.

教会はイスラム教とその信者に対して、あまりにも攻撃的で、わけもなく恐ろしいというイメージを持っています。しかし、そうした恐怖や外国人嫌悪と戦うのではなく、その感情を理解した上で、主イエスが自ら模範となって教えてくださった愛と平和の精神で接するようにと、近年の福音派による書籍の多くでは書かれています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Our churches are feeding on too many aggressive, polemical, and fearful writings about Islam and Muslims. Many books written by evangelicals in recent years contribute to fear and xenophobia instead of fighting these feelings and reactions with the loving and peaceful attitude that our Lord Jesus taught us and modeled for us.

現時点で教会が積極的にすべきことは、キリスト教やイスラム教、ユダヤ教の共通の基盤と伝統を研究して書き表すという新しい取り組みです。私たちはイスラム教徒を隣人と見なし、イスラム教とその預言者と聖典を、対話と平和構築の根拠と見なし、私たちを結びつけ、両者の橋渡しをするという新しい考え方を始めなければなりません。私たちが共存することを念頭に置いて、多様な信仰に向かっていくためには、共通の根拠を探し求めていくことです。そのような社会環境の中で初めて、主イエスとその愛がユニークであることを宣言できるようになります。それこそが私たちを神に引き寄せ、神の救いへと招くのです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
The church at this juncture has to work aggressively on fighting these perceptions by putting out new research and writing that emphasizes the common ground and heritage of Christianity, Islam, and Judaism. We must inaugurate a new trend of thinking and writing that sees Muslims as neighbors, and Islam, its prophet, and its holy book as grounds for dialogue and peace-building in celebration of what unites us and serves as bridges between us. It is on common ground that we will be able to work towards multifaith societies built on coexistence in search for the common good. It is in the context of such societies that we will be able to proclaim the uniqueness of Jesus and his love that attracts us to God and invites us into his salvific Kingdom.

ジョン・アズマー氏(コロンビア神学校のホームページから)

ジョン・アズマー氏(コロンビア神学校で世界のキリスト教とイスラム教の教授、ローザンヌ運動におけるイスラム教との仲介者)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
John Azumah, professor of World Christianity and Islam, Columbia Theological Seminary, and the Lausanne Movement’s Catalyst for Islam:

ニュージーランドは、見知らぬ人や弱者へのケアについて聖書を通して教えられているクリスチャン大国の一つです。難民としてニュージーランドへ避難してきた多くの罪のない男女や子どもが犠牲になり、胸を痛めています。それも50人もの人が礼拝の場で虐殺されたのです。どんなクリスチャンでも「マラナ・タ(主よ、すぐに来てください)」と叫ぶこと以外に何を言えるでしょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
I am just heartbroken for the families—innocent men, women, and children—many of whom fled to New Zealand for refuge, a majority Christian country with all the biblical teaching and injunctions about caring for strangers and the vulnerable. And yet, that was the place 50 of them were slaughtered, in their places of worship. What can anyone, any Christian, say about this except to cry out maranatha (come quickly, Lord!)?

私はクリスチャンとして、イスラム教徒が急進的になり、世界中のクリスチャンが差別され、迫害され、憎まれることを懸念しています。私がひどく心配しているのは、実際に急進的なイスラム教徒がクリスチャンに対して、恐れと憎しみ、さらに暴力に心が支配されているように思えることです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
As a Christian, I am very worried about the radicalization of Muslims and the discrimination, persecution, and hatred directed towards Christians around the world. But what troubles me more is the way radical Islam is radicalizing Christians along the way. In fact, it seems to me that radical Islam is now defining Christian witness and filling Christians with fear, hatred, and even violence. This is what deeply troubles me.

私は、クリスチャンがイスラム教徒を愛すべきだと、口先だけで説教しているのではありません。恐れや憎しみの感情が、神への信仰を宣言する者にどんな影響があるか、さらに重要なことは、信徒に対してどんな影響をもたらすかが心配なのです。これらは不健康な感情であり、個々の信徒やキリストの体すべての幸せに対してダメージを与えます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
I am not sermonizing that Christians should love Muslims. I am troubled about what fear and hatred is doing to our witness—and even more importantly, what it is doing to our congregation members. These are unhealthy emotions which do not hold well for the wellbeing of individual members and the whole body of Christ.

私たちは、敵が使っているのと同じ武器を配備したくなる誘惑に抵抗しなければなりません。無防備な人々に対して、恐れや増悪を理由にして暴力行使を説くのは陰謀論であり、はっきりとした虚偽です。さもなければ私たちは、自分が戦っていると言っている敵の姿(つまり自分)を鏡に見ることになります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
We have to resist the temptation of deploying the same weapons the enemy is using: be it conspiracy theories and outright falsehood to preach fear and hatred, or the use of violence against anyone, least of all the most vulnerable. Otherwise, we become the mirror image of the enemy we say we are fighting.

イスラム教とすべてのイスラム教徒を悪魔化するのではなく、急進派や過激派に反対するイスラム教徒の学者や指導者を見きわめ、彼らに働きかけなければなりません。過激論がイスラム信仰をハイジャックしたように、クリスチャンは、白人至上主義者のような過激派グループにその信仰と証しをハイジャックされないよう注意する必要があります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Rather than demonizing Islam and all Muslims, the church needs to identify and work with Muslim scholars and leaders who oppose the radicals and militants in their midst. Just as the extremist elements within Islam have hijacked the Islamic faith, Christians need to be mindful not to allow extremist fringe groups like white supremacists to highjack the Christian faith and witness.

ボブ・ロバーツ氏(自身のツイッターから)

ボブ・ロバーツ氏(テキサス州ノースウッド教会創立牧師)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Bob Roberts, founding pastor of NorthWood Church in Texas:

クリスチャンがすべきことは、まず第一に、これを間違ったテロ行為として明白に非難することです。うわべだけや弱々しい被害者支援の声明は、このテロ行為を非難していないと解釈される可能性があります。また、「白人至上主義」拒絶の声を大きく上げることも非常に重要です。私たちがどの立場に立っているかは疑いの余地はありません。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
First, Christians should unequivocally condemn this as a terrorist act that is wrong. No quasi- or weak supporting statements that could be construed as less than condemnation of this act of terror. A verbal full-throated rejection of “white supremacy” is also very important. Let there be no doubt where we stand.

第二に、意識してイスラム教徒の礼拝の権利と、その個人的な支援について、口に出して支持すべきです。これは、隣人であるイスラム教徒に手を差し伸べ、あなたの家に招き、両者の間に橋を築く機会となるはずです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Second, Christians should intentionally reach out and verbally affirm Muslims’ right to worship and their personal support of that as well. This should be a moment to reach out to your Muslim neighbors and invite them to your home and build those bridges.

第三に、常にヘイト・スピーチに反対すべきです。各国の極端な先入観、無制限な言論、そして不作法な言葉や行為は、私たちを破壊する文化を生み出しました。人間性を奪い、レッテルをはり、他の人種や宗教を軽蔑し、社会の最下層にいる人々を傷つけることは、傲慢(ごうまん)で自己中心的な究極の罪です。SNSの普及により、新しいタイプの嫌悪感が生まれています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Third, Christians should stand up against hate speech any time and any place they hear it. Our country’s intense polarization, unrestrained speech, and incivility has created a culture that is destroying all of us. Dehumanizing, labeling, and the belittling of races, religions, and hurting people at the lowest levels of society is the ultimate sin of arrogant and self-centered people. Social media has taken hate to new levels.

第四に、クリスチャンとして金曜日にモスクを訪問し、花をささげ、支援する旨を伝えるとよいでしょう。また牧師は、日曜日にイマーム(イスラム教指導者)を教会に招き、信教の自由の権利を支持することを公に伝え、彼らのために祈ることができます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Fourth, your church should visit a mosque on Friday and pass out flowers or statements of support. The pastor could also invite the imam to church Sunday and publicly tell him they support their right to religious freedom—and pray for them.

あなたの隣人である飢え渇いている者、避難所が必要な者、刑務所にいる者、ホームレスを愛することを主イエスがどんなに大切にしているか、また、あなたの行動は神の前で裁かれるということを忘れないでください(マタイ25:31~46)。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
And don’t forget all that Jesus stuff about loving God and your neighbor, the “least of these” in hunger, thirst, shelter, prison, and homeless, and that you’ll be judged before God for what you do.
Print Friendly, PDF & Email
よかったらシェア

関連記事

神学校特集
フェローワーカー募集中!
フェローワーカーとは 献金のお願い
クリスチャンプレスは皆様の祈りとサポートで支えられています

日本聖書協会おすすめ聖書特集

-クリスチャニティー・トゥデイ
-

天城山荘・キャンペーンエントリー


クリプレ限定キャンペーン

必須お名前

必須メールアドレス

任意メッセージ内容

フェローワーカーに登録すると合わせて感謝

*本キャンペーンはクリプレ限定です、お問い合わせ窓口もクリプレのみの対応となります。
*施設詳細はこちら http://amagisanso.com/

天城山荘

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial

Copyright© クリスチャンプレス , 2019 All Rights Reserved.