【終戦記念日】平壌から引き揚げた野中孝子さん

 

現在88歳の野中孝子さん(日本アッセンブリーズ・オブ・ゴッド教団・篠原教会員)は、戦争の体験を語ることのできる数少ない一人だ。

当時、朝鮮総督府に勤めていた両親と一緒に、生まれてすぐ京城府(けいじょうふ)に渡った。3歳違いの妹が生まれる頃、現在の北朝鮮の平壌(ピョンヤン)に移り、父は数年後、小さな医院を開業した。

1940年、家族で

1941(昭和16)年12月8日、野中さんがいつものように学校に行くと、校長が生徒全員を講堂に招集。「日本軍がハワイの真珠湾を攻撃した。これから日本は米国と戦争状態に入る」と告げた。子ども心に、「あんなに大きな国と小さな日本が戦って、本当に大丈夫なのだろうか」と思ったという。

1943年、家族と看護師

44(昭和19)年9月、防空訓練のためと兵士が母を無理やり引っ張り出そうとした。「産後、体調がすぐれない」と断ると、「非国民め。これでは朝鮮人に示しがつかない」と怒鳴られた。その夜、頭痛を訴えた母は、「痛い、痛い」と苦しみながら、数十分後、脳血栓のため息を引き取った。

翌年6月、子どもたち4人のためと父が再婚。野中さんは16歳になった。

8月15日。正午から重要なニュースがあると聞かされ、家族全員と近所の人数人と共にラジオの前に座った。ラジオが「ジージーガーガー」と鳴って、何を言っているのかよく聞き取れなかったが、雰囲気から日本は戦争に負けたと分かった。父は、「日本軍が負けるはずがない。一時休戦ではないか」と言ったが、野中さんは「今日から空襲の心配がないのだ。ゆっくり眠れる」とホッとしたという。

しかし、その日の午後には、あんなに静かだった町が急に騒がしくなり、手に手に朝鮮国旗を持った人々が「マンセー(万歳)、マンセー」と叫び、あちこちで銃声も響いた。

野中さんは戸をしっかりと閉めた家の中で震えていた。「戦争に負けたのだ」と心の底から感じた瞬間だった。それまで日本国内だと思っていたその土地は、翌日には「外地」になり、米ソの分割占領ラインである北緯38度線が引かれ、往来ができなくなった。ソ連軍も侵攻してきて、略奪が始まり、事態は悪化の一途をたどった。

父の医院は接収され、父自身も軍に連行されたが、3日後には解放された。そして、平壌を通って日本に帰国する人たちのために診療を始めた。着の身着のままで逃げてきた人々の中には、発疹チフスで亡くなっていく人が毎日いた。一度接収された病院には薬も医療機器もほとんど残ってなく、診療はできても、「何もしてあげられない」と父は悔やんだ。

そうしているうちに、今度は父がチフスを発症。高熱で苦しんだのち、1週間で帰らぬ人に。終戦から半年経った1月のことだった。

父の死後、朝鮮の治安部隊が家に来たかと思うと、次々と家財を奪い、家も追い出されてしまった。義母と妹弟と一緒に、歩いて38度線を超え、米軍キャンプからぎゅうぎゅう詰めの貨車に乗せられて釜山(プサン)に到着。そこから日本に向かう船に乗った。

その船中で義母が腹痛を訴えた。日本に着き、港の病院で診てもらうと、「腹水が溜まっている」と言われ、それから数日後、義母も亡くなった。妹と弟と4人きりになってしまった。

それから、幼い時に一度だけ訪ねた山口県の本家にたどり着き、そこで暮らすことになった。その後、野中さんは、父と同じ医療の道を志し、結婚して東京に引っ越した後も看護師を続けた。

「世田谷の尾山台に教会ができるらしいよ」と、クリスチャンだった患者の一人に聞いた。

「その時、おそらく初めて『聖書』や『教会』という言葉を聞いたのではないかと思います。しかし、さほど興味を持つことなく、その教会へは足が向かいませんでした」

それから数年。テレビの伝道番組を見て、「悩んでいる人、迷っている人は教会を案内しますから、お電話ください」という招きの言葉に応え、篠原教会の扉をたたいた。そして78年に受洗。その後、家族もクリスチャンになり、犬の散歩をしている人にも声をかけて教会に誘うほど、熱心にまわりの人に伝道した。

「私たちの体験は、国内にいて空襲を体験した人や、原爆を目の当たりにした人とは違うかもしれません。しかし、戦争は多くの人を苦しめることに違いはありません。妹弟(きょうだい)と共に心細い戦後を過ごしましたが、まわりの人に助けられ、神様の愛をいただきながら、ここまで生きてこられました。本当に感謝なことです。

患者さんから尾山台の教会のことを聞き、それから半世紀以上経った今、まさか孫がその日本ナザレン教団・尾山台教会の牧師の妻となり、ひ孫と一緒にそこに住むことになるなんて思いもしませんでした。神様のなさることは何一つ無駄なことはないと感じています」

Share

Related Posts

None found

  1. 「ルワンダ虐殺を憶える受難礼拝」大井バプテスト教会で

  2. 金沢の高山右近資料館「ギャラリー・ジュスト」館長 奈良献児さん

  3. 【解説】キリスト教とはどんな宗教?特徴や教えを解説しました。

  4. コロナ禍を越えて目指す共生社会 対談 佐々木 炎(「ホッとスペース中原」理事長)×晴佐久昌英(カトリック上野・浅草教会主任司祭)

  5. キリスト教主義大学(プロテスタント)対面授業を拡大 21年度、安全な環境で再びキャンパスへ

  6. 7月31日は杉原千畝の永眠日

  7. 「聴くドラマ聖書」18日から無料ダウンロード開始 記者発表会に大和田伸也さん、井上芳雄さんら

  8. 日本ホーリネス教団、外出自粛などの要請が出た地域では教会に集まらないで

  9. 【インタビュー】日本聖書神学校校長・神保望さん 召命に応えて献身したい社会人の受け皿に(前編)

  10. 日本ナザレン教団本部・目黒教会完成感謝礼拝式

  11. 【インタビュー】一人ひとりの子どものいのちを生かす教育を目指して 自由学園理事長の村山順吉さんに聞く(後編)

  12. 【インタビュー】シンガーソングライターの Manami さん(前編) ドラマ「ハケンの品格」の主題歌作詞も

  13. 【「キリスト新聞」との共同インタビュー】最初の告発をした小柳敦史氏 深井智朗氏の研究不正について語る(1)

  14. 【クリスチャンビギナーズ】第7回 いまさら聞けない、キリスト教葬儀の基本

  15. 【今日は何の日】1933年10月22日 リンゴ事件

クリスチャンプレス をご支援ください

300円 1000円 5000円 10000円

※金額のご指定も可能です。

金額をご指定

リンク用バナーダウンロード

画像をダウンロードしてご利用ください。

リンクを張っていただいた場合は、ご連絡いただけると幸いです。