インタビュー

【終戦記念日】平壌から引き揚げた野中孝子さん

投稿日:

Print Friendly, PDF & Email

 

現在88歳の野中孝子さん(日本アッセンブリーズ・オブ・ゴッド教団・篠原教会員)は、戦争の体験を語ることのできる数少ない一人だ。

当時、朝鮮総督府に勤めていた両親と一緒に、生まれてすぐ京城府(けいじょうふ)に渡った。3歳違いの妹が生まれる頃、現在の北朝鮮の平壌(ピョンヤン)に移り、父は数年後、小さな医院を開業した。

1940年、家族で

1941(昭和16)年12月8日、野中さんがいつものように学校に行くと、校長が生徒全員を講堂に招集。「日本軍がハワイの真珠湾を攻撃した。これから日本は米国と戦争状態に入る」と告げた。子ども心に、「あんなに大きな国と小さな日本が戦って、本当に大丈夫なのだろうか」と思ったという。

1943年、家族と看護師

44(昭和19)年9月、防空訓練のためと兵士が母を無理やり引っ張り出そうとした。「産後、体調がすぐれない」と断ると、「非国民め。これでは朝鮮人に示しがつかない」と怒鳴られた。その夜、頭痛を訴えた母は、「痛い、痛い」と苦しみながら、数十分後、脳血栓のため息を引き取った。

翌年6月、子どもたち4人のためと父が再婚。野中さんは16歳になった。

8月15日。正午から重要なニュースがあると聞かされ、家族全員と近所の人数人と共にラジオの前に座った。ラジオが「ジージーガーガー」と鳴って、何を言っているのかよく聞き取れなかったが、雰囲気から日本は戦争に負けたと分かった。父は、「日本軍が負けるはずがない。一時休戦ではないか」と言ったが、野中さんは「今日から空襲の心配がないのだ。ゆっくり眠れる」とホッとしたという。

しかし、その日の午後には、あんなに静かだった町が急に騒がしくなり、手に手に朝鮮国旗を持った人々が「マンセー(万歳)、マンセー」と叫び、あちこちで銃声も響いた。

野中さんは戸をしっかりと閉めた家の中で震えていた。「戦争に負けたのだ」と心の底から感じた瞬間だった。それまで日本国内だと思っていたその土地は、翌日には「外地」になり、米ソの分割占領ラインである北緯38度線が引かれ、往来ができなくなった。ソ連軍も侵攻してきて、略奪が始まり、事態は悪化の一途をたどった。

父の医院は接収され、父自身も軍に連行されたが、3日後には解放された。そして、平壌を通って日本に帰国する人たちのために診療を始めた。着の身着のままで逃げてきた人々の中には、発疹チフスで亡くなっていく人が毎日いた。一度接収された病院には薬も医療機器もほとんど残ってなく、診療はできても、「何もしてあげられない」と父は悔やんだ。

そうしているうちに、今度は父がチフスを発症。高熱で苦しんだのち、1週間で帰らぬ人に。終戦から半年経った1月のことだった。

父の死後、朝鮮の治安部隊が家に来たかと思うと、次々と家財を奪い、家も追い出されてしまった。義母と妹弟と一緒に、歩いて38度線を超え、米軍キャンプからぎゅうぎゅう詰めの貨車に乗せられて釜山(プサン)に到着。そこから日本に向かう船に乗った。

その船中で義母が腹痛を訴えた。日本に着き、港の病院で診てもらうと、「腹水が溜まっている」と言われ、それから数日後、義母も亡くなった。妹と弟と4人きりになってしまった。

それから、幼い時に一度だけ訪ねた山口県の本家にたどり着き、そこで暮らすことになった。その後、野中さんは、父と同じ医療の道を志し、結婚して東京に引っ越した後も看護師を続けた。

「世田谷の尾山台に教会ができるらしいよ」と、クリスチャンだった患者の一人に聞いた。

「その時、おそらく初めて『聖書』や『教会』という言葉を聞いたのではないかと思います。しかし、さほど興味を持つことなく、その教会へは足が向かいませんでした」

それから数年。テレビの伝道番組を見て、「悩んでいる人、迷っている人は教会を案内しますから、お電話ください」という招きの言葉に応え、篠原教会の扉をたたいた。そして78年に受洗。その後、家族もクリスチャンになり、犬の散歩をしている人にも声をかけて教会に誘うほど、熱心にまわりの人に伝道した。

「私たちの体験は、国内にいて空襲を体験した人や、原爆を目の当たりにした人とは違うかもしれません。しかし、戦争は多くの人を苦しめることに違いはありません。妹弟(きょうだい)と共に心細い戦後を過ごしましたが、まわりの人に助けられ、神様の愛をいただきながら、ここまで生きてこられました。本当に感謝なことです。

患者さんから尾山台の教会のことを聞き、それから半世紀以上経った今、まさか孫がその日本ナザレン教団・尾山台教会の牧師の妻となり、ひ孫と一緒にそこに住むことになるなんて思いもしませんでした。神様のなさることは何一つ無駄なことはないと感じています」

-インタビュー
-

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
守田早生里(もりた・さおり)

守田早生里(もりた・さおり)

日本ナザレン教団会員。社会問題をキリスト教の観点から取材。フリーライター歴10年。趣味はライフストーリーを聞くこと、食べること、読書、ドライブ。

2018年11月17日 患難との戦い(フィリピの信徒への手紙 1:12-20)
Print Friendly, PDF & Email

兄弟たち、わたしの身に起こったことが、かえって福音の前進に役立ったと知ってほしい。

つまり、わたしが監禁されているのはキリストのためであると、兵営全体、その他のすべての人々に知れ渡り、

主に結ばれた兄弟たちの中で多くの者が、わたしの捕らわれているのを見て確信を得、恐れることなくますます勇敢に、御言葉を語るようになったのです。

キリストを宣べ伝えるのに、ねたみと争いの念にかられてする者もいれば、善意でする者もいます。

一方は、わたしが福音を弁明するために捕らわれているのを知って、愛の動機からそうするのですが、

他方は、自分の利益を求めて、獄中のわたしをいっそう苦しめようという不純な動機からキリストを告げ知らせているのです。

だが、それがなんであろう。口実であれ、真実であれ、とにかく、キリストが告げ知らされているのですから、わたしはそれを喜んでいます。これからも喜びます。

というのは、あなたがたの祈りと、イエス・キリストの霊の助けとによって、このことがわたしの救いになると知っているからです。

そして、どんなことにも恥をかかず、これまでのように今も、生きるにも死ぬにも、わたしの身によってキリストが公然とあがめられるようにと切に願い、希望しています。

(フィリピの信徒への手紙 1:12-20)

Copyright© クリスチャンプレス , 2018 All Rights Reserved.