今日は何の日?

11月10日は井戸の日

投稿日:2019年11月10日 更新日: -

 

今日11月10日は井戸の日。「いい(1)井(1)戸(10)」の語呂合わせです。全国さく井(せい)協会が2006年より実施しています。

蛇口をひねれば飲み水が出る水道の完備されている日本でも、雨不足や震災などで断水を余儀なくされることもあります。そのため、衛生的な地下水をくみ上げられる井戸の良さが見直されています。

島崎藤村が利用していた井戸(長野県小諸市、写真:sakaori)

聖書に最初に出てくる「井戸は、ベエル・ラハイ・ロイと呼ばれるようになった」(創世16:14)。アブラハムの妻サラにいじめられて逃げ出した女奴隷ハガルが神の御使いに出会った場所です。「ベエル・ラハイ・ロイ」とは、「私を顧みられる生ける神の井戸」という意味。

続いて出てくる井戸も、イシュマエルを生んだハガルがアブラハムのもとから追い出されてさまよい、渇きで死にそうになっている時、「神がハガルの目を開かれたので、彼女は水のある井戸を見つけた。彼女は行って革袋に水を満たし、子供に飲ませた」(同2:19)。

このように聖書には井戸がたびたび出てきます。ただ雨の降らないパレスチナでは、井戸は非常に深く掘らなければならないために貴重であり、井戸をめぐっての争いもしばしばでした。

何より旧約聖書で井戸は男女が出会う場所です。イサクの結婚相手を探していたアブラハムの僕(しもべ)は、井戸でリベカに出会い(創世24章)、ヤコブがラケルと出会ったのも井戸(同29章)、モーセも井戸でツィポラと出会って結婚することになりました(出エジプト2章)。

カール・ハインリッヒ・ブロッホ「井戸端の女」

そして新約聖書では、イエスがサマリアの女と「ヤコブの井戸」で出会います(ヨハネ4:6)。

ところでサマリア人の伝承では、これはヤコブが掘ったとされる井戸ですが、聖書にその記述はありません。ただ、その井戸のあった「シカル」(5節)は、ヤコブがその土地の一部を購入した「シケム」(創世33:19)と同一という説もあります。

女は言った。「主よ、あなたはくむ物をお持ちでないし、井戸は深いのです。どこからその生きた水を手にお入れになるのですか。あなたは、わたしたちの父ヤコブよりも偉いのですか。ヤコブがこの井戸をわたしたちに与え、彼自身も、その子供や家畜も、この井戸から水を飲んだのです」。イエスは答えて言われた。「この水を飲む者はだれでもまた渇く。しかし、わたしが与える水を飲む者は決して渇かない。わたしが与える水はその人の内で泉となり、永遠の命に至る水がわき出る。」(11~14節)

Print Friendly, PDF & Email
よかったらシェア
神学校特集
フェローワーカー募集中!
フェローワーカーとは 献金のお願い
クリスチャンプレスは皆様の祈りとサポートで支えられています

日本聖書協会おすすめ聖書特集

-今日は何の日?
-

天城山荘・キャンペーンエントリー


クリプレ限定キャンペーン

必須お名前

必須メールアドレス

任意メッセージ内容

フェローワーカーに登録すると合わせて感謝

*本キャンペーンはクリプレ限定です、お問い合わせ窓口もクリプレのみの対応となります。
*施設詳細はこちら http://amagisanso.com/

天城山荘

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial

Copyright© クリスチャンプレス , 2019 All Rights Reserved.