今日は何の日?

11月12日は島尾敏雄の帰天日

投稿日:2019年11月12日 更新日: -

 

今日11月12日は島尾敏雄の帰天日。日本文学大賞などをとった代表作『死の棘』は、小栗康平監督が映画化してカンヌ国際映画祭でもグランプリを受賞しました。このタイトルは、「死のとげは罪であり、罪の力は律法です」(1コリント15:56)から取られています。

横浜市生まれですが、関東大震災のため神戸に引っ越し、小学校のころプロテスタント教会の日曜学校に通っていました。加計呂麻(かけろま)島に特攻隊指揮官として駐屯中にミホと出会い、戦後、結婚。

島尾敏雄。加計呂麻島に行く直前、1944年夏に撮られた写真。

しかし、夫の浮気を知ったミホが精神に異常をきたし、病気療養のため、妻の実家のある奄美大島に移住します。その翌年の1956年12月、奄美のカトリック名瀬聖心(みこころ)教会で二人の子どもと共に洗礼を受けました(洗礼名ペトロ)。ミホは生後1週間で幼児洗礼を受けており、カトリック信徒だった夫人の親戚に勧められたのです。

『死の棘』を執筆した旧居の庭にある文学碑には、島尾の直筆で「病める葦も折らず、けぶる燈心も消さない」とイザヤ書42章3節の言葉が刻まれています。

Print Friendly, PDF & Email
よかったらフォローお願いします。
よかったらシェア
神学校特集
フェローワーカー募集中!
フェローワーカーとは 献金のお願い
クリスチャンプレスは皆様の祈りとサポートで支えられています

日本聖書協会おすすめ聖書特集

-今日は何の日?
-

天城山荘・キャンペーンエントリー


クリプレ限定キャンペーン

必須お名前

必須メールアドレス

任意メッセージ内容

フェローワーカーに登録すると合わせて感謝

*本キャンペーンはクリプレ限定です、お問い合わせ窓口もクリプレのみの対応となります。
*施設詳細はこちら http://amagisanso.com/

天城山荘

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial

Copyright© クリスチャンプレス , 2019 All Rights Reserved.