11月5日はヴィヴィアン・リーの誕生日

 

今日11月5日はヴィヴィアン・リーの誕生日。英国の大女優です。「風と共に去りぬ」「哀愁」「欲望という名の電車」などの名作に主演し、そのたぐいまれな美貌と演技力が称えられる一方、双極性障害(躁うつ病)や結核に苦しむ俳優人生でもありました。

ヴィヴィアン・リー

1913年にインドで生まれ、敬虔なカトリック信徒であった母親の意向で、6歳の時にインドを離れ、英国のカトリック女子修道院の寄宿学校に入学します。その頃から女優になる夢を抱き、37年に映画「無敵艦隊」のヒロインに抜擢されました。

「風と共に去りぬ」のスカーレット・オハラ役に決定したのはその翌年のクリスマスで、この世紀の大役を見事に演じきり、アカデミー主演女優賞を獲得しました。南北戦争を背景に、気性の激しい南部娘スカーレット・オハラの半生を描いた3時間42分の超大作。スカーレットの恋愛が軸となっていますが、南部の戦況がだんだんと厳しくなり、人々が疲弊していく姿がとても生々しく表現されています。

特に有名なのは、戦争ですべてを失ったスカーレットが、荒涼とした畑で見つけた泥だらけの小さな大根にかじりつき、泣きながらも立ち上がって、次のように宣言するシーンです。

「神様が証人である限り、私はこの試練を生き抜いてみせます。2度と家族を飢えさせません。人をだましたり、盗んだり、人殺ししたりしてでも」

聖書の教えとは真逆のことを言い放つスカーレットですが、この時代の嘘(うそ)ではない重みを持っており、とても印象に残るセリフです。

Share

Related Posts

None found

  1. 話題のスイーツ「マリトッツォ」はイースターの準備期間に食べるお菓子

  2. 【クリスチャンな日々】第28回 コロナ禍でこそクリスマスは輝く MARO

  3. 【今日は何の日】2004年11月15日 ワイ公国建国

  4. 〝教会はなぜ存在するか〟 「逃亡犯条例」改正反対運動と「福音宣言」の背景 香港紙「時代論壇」インタビューより 2020年8月25日

  5. 神さまが共におられる神秘(8)稲川圭三

  6. 【インタビュー】日本基督教団総会議長・石橋秀雄さん(1)「社会活動家ではなく、伝道者になるんだ」

  7. 2月24日「『何をしてほしいのか』と言われた」

  8. 【教会では聞けない?ぶっちゃけQ&A】 良い結婚相手にめぐり会うには? 西岡まり子

  9. クリスマスイブ、オンラインで燭火礼拝を体験してみませんか?

  10. 入管法改悪に抗議 キリスト者も連帯の〝シットイン〟 「人道に反する問題」

  11. 5月26日はル・マンの日

  12. 【連載小説】月の都(11)下田ひとみ

  13. 【最終回】神さまが共におられる神秘(110)稲川圭三

  14. 「ルワンダ虐殺を憶える受難礼拝」大井バプテスト教会で

  15. 【今日は何の日】1587年7月24日 バテレン追放令発令

クリスチャンプレス をご支援ください

300円 1000円 5000円 10000円

※金額のご指定も可能です。

金額をご指定

リンク用バナーダウンロード

画像をダウンロードしてご利用ください。

リンクを張っていただいた場合は、ご連絡いただけると幸いです。