11月6日は本田美奈子が亡くなった日

 

今日11月6日は本田美奈子が亡くなった日です。

1985年にアイドルとしてデビューし、90年代、ミュージカル女優として活躍。2003年に初のクラシック・アルバム「AVE MARIA」をリリースして活躍の場を広げますが、その2年後、急性骨髄性白血病により38歳で亡くなりました。

彼女の歌う「アメイジング・グレイス」は、亡くなる直前にリリースされたことも重なり、多くの人の記憶に深く刻まれることになりました。この賛美歌を作詞したジョン・ニュートンの自伝『「アメージング・グレース」物語』(彩流社)を翻訳した中澤幸夫氏は、「この曲の普及に貢献した人は何といっても本田美奈子.さんだ」と述べています。

ニュートンは18世紀の奴隷貿易に従事していましたが、奴隷船に乗っていた22歳の時に嵐にあい、神に祈ったといいます。そのとき奇跡的に命が助かったことを契機に、これまでの行いを悔い改め、30代から英国国教会の牧師としての道を歩み始めます。その時の気持ちをダビデの悔い改めの祈り(歴代上17章)に重ねて歌詞にしたのが「アメイジング・グレイス」です。罪深い自分を死から救ってくださった神への感謝に満ちたこの歌は、のちに世界中の教会で歌われる賛美歌になりました(日本の代表的な賛美歌集では『讃美歌21』451番、『讃美歌第二編』167番、『教会福音讃美歌』304番、『新聖歌』233番、『聖歌』229番など)。

本田美奈子はクリスチャンではありませんが、いつもステージに出る前には舞台の天井を見上げて祈りをささげていたというエピソードが残っています。こうした畏(おそ)れをもって歌われた曲だからこそ、聴く人の心を捉えたのかもしれません。(姓名判断により2004年から名前の後に「.」をつけて改名していますが、記事では「本田美奈子」としました)

Share

Related Posts

None found

  1. 東京神学大学の大住雄一学長について山畑譲氏に聞く

  2. 2月19日「わたしもその中にいるのである」

  3. カトリック大分教区、「聖なる3日間」の典礼を含め、公開ミサの中止を継続

  4. 東京神学大学、神学の学びの場をオンラインで提供 公開夜間神学講座を動画で配信中 

  5. 牧会あれこれ(5)賀来周一

  6. 【ヘブル語と詩の味わい③】 「散文と詩文」「詩篇103:1」 津村俊夫(『新改訳2017』翻訳編集委員長・聖書神学舎教師)

  7. ミロのヴィーナスの失われた両腕が持っていたものは禁断のリンゴ?

  8. 教理も死も超えて(上) 【アメリカのコロナ病棟から 関野和寛のゴッドブレス】第12回

  9. 【夕暮れに、なお光あり】 もっと教会のことばを 上林順一郎

  10. 北海道から九州まで日本バプテスト連盟の所属教会 新型ウイルスの影響で礼拝を中止するところも

  11. 天気予報でお馴染みのお兄さんが語る「神を信じるのと信じないのとどっちが得か」

  12. 関西学院大名誉教授、元東京女子大学学長の船本弘毅さん召天、83歳

  13. 7月8日は小坂忠の誕生日

  14. 【連載小説】月の都(9)下田ひとみ

  15. 東京シモン・コーラスによる第13回「クリスマス・ラブ・コンサート」

クリスチャンプレス をご支援ください

300円 1000円 5000円 10000円

※金額のご指定も可能です。

金額をご指定

リンク用バナーダウンロード

画像をダウンロードしてご利用ください。

リンクを張っていただいた場合は、ご連絡いただけると幸いです。