10月11日はモーリアックの誕生日

 

今日10月11日はモーリアックの誕生日。1952年にノーベル文学賞を受賞したフランスのカトリック作家です。遠藤周作などにも影響を与えた代表作『テレーズ・デスケルウ』は2012年、「テレーズの罪」として映画化されました。

『キリスト教文学事典』(教文館)によると、母方の一族はみな敬虔なカトリックで、モーリアックも幼年時より母から厳しい宗教教育を受けました。「もし私が、神を信じない父の代わりにカトリック信者の母を失っていたら、今の私はどうなっていたか想像もつかない」と言っています。

(写真: Agence Meurisse)

1952年12月10日、ストックホルム市庁舎でのノーベル賞授賞式でのスピーチの最後にこう語りました。

答えが何であれ、私たちは一つの点に同意しなければなりません。非キリスト教化された人類は、十字架につけられたままだということです。十字架と人間の苦しみとの関係を壊すのは、どんな世俗的な力なのでしょう。詩編の作者が叫び声を上げた底知れぬ深淵にも下り立ったスウェーデンの作家ストリンドベリでさえ、その墓に一つの言葉が刻まれることを望みました。永遠の門を揺さぶり、その中に入るのに十分な言葉、「私たちの唯一の希望である十字架よ」(O Crux, ave, spes unica)です。そんなに苦しんだ後でも、彼はその希望による守りとその愛の陰で休んでいるのです。……作品の登場人物を通して彼は苦悩の秘密を伝えたように、その平安の秘密にも今夜、出会わせてくれるでしょう。

ちなみに今夜は十三夜。新月から数えて13日目で、満月の8割ほどの丸さの名月を愛でる日本固有の風習です。「十三夜に曇りなし」とも呼ばれ、空気が澄み、天気も崩れにくい季節なので、毎年、きれいな月を観賞できますが、今年は残念ながら台風19号の影響で見られそうにありません。

Share

Related Posts

  1. キリスト教主義大学(プロテスタント)の「新型コロナウイルス感染症」への対応

  2. 【あっちゃん牧師のおいしい話】第5回 これはジュースだ! 齋藤篤

  3. 7月13日は野村英夫の帰天日

  4. 【クリスチャンな日々】第14回 厳然たる絶対的なレバニラ定食 MARO

  5. 神さまが共におられる神秘(76)稲川圭三

  6. 4月18日は山本五十六(やまもと・いそろく)の命日

  7. 2020年9月6日「そして、激しく泣いた」

  8. 6月6日はカール・ユングの召天日

  9. NHK大河ドラマ「麒麟がくる」とキリスト教(15)本能寺の変と細川ガラシャ 前編

  10. 思い出の杉谷牧師(8)下田ひとみ

  11. カトリック東京大司教区、さいたま教区はミサを中止 名古屋教区は8日から 横浜教区は現場の判断にゆだねる

  12. カトリック名古屋教区、主日ミサをしない選択を教区全域に適用、聖なる3日間の典礼はユーチューブで動画配信

  13. 2020年9月3日「わたしの血による新しい契約」

  14. 2020年12月28日「聖霊と火で、バプテスマをお授けになる」

  15. 2020年9月11日「父が約束されたものをあなたがたに送る」

クリスチャンプレス をご支援ください

300円 1000円 5000円 10000円

※金額のご指定も可能です。

金額をご指定

リンク用バナーダウンロード

画像をダウンロードしてご利用ください。

リンクを張っていただいた場合は、ご連絡いただけると幸いです。