10月14日はビング・クロスビーが亡くなった日

 

今日10月14日はビング・クロスビーが亡くなった日。米国の歌手であり、俳優です。

「聖メリーの鐘」のビング・クロスビー(写真:Utzdman55)

1942年に発売され、全世界で4500万枚以上も売れた「ホワイト・クリスマス」は、『羊をめぐる冒険』で主人公が26回もリピートするほど、村上春樹作品では定番です。ほかにも「サイレント・ナイト」などクリスマス・キャロルも歌っていることから、「クリスマス・ソングの王様」と呼ばれています。

また、ミュージカル映画全盛期に生涯で57本の映画に出演しました。映画「我が道を往く」(レオ・マッケリー監督)では、ニューヨークの下町にある古びた教会の立て直しのために派遣された若い神父オマリーを演じ、アカデミー主演男優賞を受賞しています。戦時中に制作されたにもかかわらず、戦意高揚などとはいっさい関係なく、またアクションや派手な見せ場もなく、若い神父と老いた神父のやりとりを中心にした、静かで人間味あふれた同作品は、作品賞や監督賞など7部門を獲得しました。映画評論家の淀川長治さんが戦後、進駐軍の兵士たちに「最近観た映画で良かったものは」と質問したところ、皆が口をそろえたように「Going My Way(我が道を往く)」と答えたといいます。

クロスビーのオマリー神父とイングリット・バーグマンのシスターが共演した同監督による「聖メリーの鐘」は姉妹作です。

Share

Related Posts

None found

  1. 名誉教皇ベネディクト16世の兄G・ラッツィンガー神父死去 2020年7月6日

  2. 5月1日はアイルトン・セナの帰天日

  3. フィリピンの教会爆発事件、イスラム過激派組織の夫婦による自爆テロか

  4. 【今日は何の日】紀元前539年10月17日 キュロス2世がバビロン入城

  5. 福音派の代表的な日本同盟基督教団、諸教会の状況把握に乗り出す オンラインでの聖餐は控えて

  6. 聖書に登場するちょっぴりエロチックな植物

  7. 【毎週日曜連載】神さまが共におられる神秘(105)稲川圭三

  8. 【連載小説】月の都(44)下田ひとみ

  9. 5月4日はオードリー・ヘップバーンの誕生日

  10. 「デッカンショー♫」の最後の巨人。世界を作ったのは神でなく「意志」である。 

  11. 5月2日「イエスが、お叱りになると」

  12. 【「キリスト新聞」との共同インタビュー】最初の告発をした小柳敦史氏 深井智朗氏の研究不正について語る(1)

  13. 2020年11月5日「わたしが与える水を飲む者は」

  14. 洗礼者ヨハネの首を願ったサロメから、聖母マリアまで「ギュスターヴ・モロー展──サロメと宿命の女たち」パナソニック汐留美術館で

  15. 理辺良保行上智大学名誉教授、帰天 80歳

クリスチャンプレス をご支援ください

300円 1000円 5000円 10000円

※金額のご指定も可能です。

金額をご指定

リンク用バナーダウンロード

画像をダウンロードしてご利用ください。

リンクを張っていただいた場合は、ご連絡いただけると幸いです。