「日本のマザー・テレサ」緒方貞子さん帰天、92歳

 

日本人初の国連難民高等弁務官として難民問題などに尽力した緒方貞子(おがた・さだこ)さんが22日に帰天したことが29日、分かった。92歳。葬儀は29日午後、カトリック田園調布教会(東京都大田区)で営まれた。聖心女子大の後輩で、長年親交のあった上皇后美智子さまも弔問に訪れた。

(写真:World Economic Foru)

緒方貞子回顧録』(岩波書店)によると、1927年、東京都生まれ。曽祖父は元首相の犬養毅。外交官である父親の転勤のため、幼少期を米国サンフランシスコやポートランド、中国の福州や広東、香港などで過ごす。小学校4年生の時に帰国した後、カトリックの聖心女子学院に転入。48年、新学制になった聖心女子大学文学部英文科に第一期生として入学した。同期生に須賀敦子がいる。初代学長エリザベス・ブリット(米国聖心会シスター)に大きな影響を受け、在学中、カトリックの洗礼を受けた。その後、米国ジョージタウン大学で国際関係論の修士号、カリフォルニア大学バークレー校で政治学博士号を取得。

74年、国際基督教大学准教授、80年、上智大教授に就任。76年には、日本人女性として初の国連公使に起用された。その後、国連人権委員会の日本政府代表などを務め、91~2000年、国連難民高等弁務官として、イラクのクルド人やルワンダ難民の支援などに取り組んだ。01年からアフガニスタン復興支援総理特別代表、国連有識者ハイレベル委員会委員などを歴任。03~12年、国際協力機構(JICA)の初代理事長。アフガンや南スーダンなど途上国支援に尽力した。

Share

Related Posts

  1. 表現の大切さが再確認された「聖書協会共同訳」 石川立氏と春日いづみ氏による対談

  2. 神学校座談会「コロナ時代の神学教育とは?」後編 対面とオンラインの「ハイブリッド」主流に 2020年11月21日

  3. 「まんが平戸切支丹ものがたり」春日集落編の全3冊完成 潜伏キリシタンの殉教聖地などを描く

  4. 8月7日ははだしの英雄アベベの誕生日

  5. 12月6日は聖ニコラスの帰天日

  6. 【インタビュー】金ジングクさんと鈴木まどかさん夫妻 キリストにあってスポーツも礼拝です!

  7. 【インタビュー】テコンドーのメダリストで牧師の岡本依子さん(前編)

  8. 聖公会が設立した学校などを紹介 立教学院展示館で日本聖公会関係学校展

  9. 8月27日は宮澤賢治の誕生日

  10. 関東学院大学、新学長に小山嚴也氏が就任

  11. 新型コロナ 宮城で感染者数増加、大学は4月からの予定を変更

  12. カトリック福岡教区、「緊急事態宣言」解除を受けて6月1日から公開ミサを再開

  13. 【訃報】 村瀬俊夫さん(日本長老教会牧師) 2020年8月18日

  14. 11月23日はパスカルの回心した日

  15. 9月4日はブルックナーの誕生日

クリスチャンプレス をご支援ください

300円 1000円 5000円 10000円

※金額のご指定も可能です。

金額をご指定

リンク用バナーダウンロード

画像をダウンロードしてご利用ください。

リンクを張っていただいた場合は、ご連絡いただけると幸いです。