元沖縄キリスト教短期大学学長の大城実さん、召天 85歳

 

元沖縄キリスト教短期大学学長の大城実(おおしろ・みのる)さんが20日午後7時59分、肝不全のため自宅で召天した。85歳。告別式は30日午後2時から沖縄キリスト教学院大学・短期大学内のチャペル(沖縄県西原町翁長777)で執り行われ、午後3時から一般献花が行われる。喪主は妻のジェーン満子(みつこ)さん。

1934年、糸満市生まれ。沖縄戦で負傷し、米軍の野戦病院に収容されて左脚を切断した。病院で看護兵と交流したことがきっかけでキリスト教と関わることに。戦後、米ハワイ大学やドルー神学校で学んだ後、67年に受按し、沖縄キリスト教団・糸満教会で牧師を務めた。64年から短大に移り、1979年から3期12年間、沖縄キリスト教短期大学(当時)の学長を務める。2012年に沖縄キリスト教平和研究所所長に就任。県内の戦争遺族や宗教家らが国を訴えた「沖縄靖国訴訟」原告にも加わった。

編著書に『27度線の南から──沖縄キリスト者の証言』(日本基督教団出版局)、『戦さ場と廃墟の中から──戦中・戦後の沖縄に生きた人々』(日本キリスト教団沖縄教区)などがある。

Share
関連記事

Related Posts

None found

おすすめ