クリスチャニティー・トゥデイ

【CHRISTIANITY TODAY】クリスチャンのアーシア・ビビさん、冒とくによる死刑罪から解放 パキスタン(対訳)

投稿日:2018年11月20日 更新日:

 

8年間拘留されていたクリスチャンのアーシア・ビビさんが、最高裁判所の判決により無罪となった。それを受けて、大都市ではイスラム強硬派による激しい抗議活動が起きている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Jailed Christian mother acquitted by Supreme Court after eight years. Violent protests erupt in major cities.

2015年4月、アーシア・ビビの夫と娘に会う教皇フランシスコ(写真:HazteOir.org)

5人の母親であるアーシア・ビビさんを釈放したら、抗議活動によって全国的に麻痺状態になりかねない。そのような恐ろしい結果を招く可能性がある中で、10月31日、イスラムの国では死刑に相当する預言者ムハマンドを冒とくした罪で拘留されていたアーシア・ビビさんに、パキスタン最高裁判所が逆転無罪の判決を下した。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Today the Supreme Court of Pakistan acquitted Asia Bibi of committing blasphemy against the Prophet Muhammad, a crime punishable with death in the Muslim country, amid threats of nationwide paralyzing protests and “horrible” consequences to judges and army generals if the Christian mother of five was released.

それに対して、イスラム強硬派による抗議活動がすでにイスラマバードやラホール、カラチで勃発している。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
In response, protests have already erupted in Islamabad, Lahore, and Karachi, among other cities.

最終審理で3人の裁判官が、ビビさんは故意に訴えられたとして、具体的な証拠や目撃者の証言が矛盾している点に基づき、起訴側の証言に疑いがある点を審理した上で、二つの下級裁判所による有罪判決を覆し、彼女の死刑判決を取り消した。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
I n their final judgment, reviewed by CT, reversing Bibi’s convictions by two lower courts and removing her death sentence, the panel of three judges ruled that Bibi was “wrongly” accused by two sisters with the help of a local cleric, based on “material contradictions and inconsistent statements of the witnesses” that “cast a shadow of doubt on the prosecution’s version of facts.”

「さらに、裁判外でなされた自白は自発的なものではなく、『殺す』と脅すなど訴追者が不当な圧力をかけ、強制したものだ。それは有罪を宣告する十分な証拠にはなりえない」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
“Furthermore, the alleged extra-judicial confession was not voluntary but rather resulted out of coercion and undue pressure as the appellant was forcibly brought before the complainant in presence of a gathering, who were threatening to kill her; as such, it cannot be made the basis of a conviction,” they wrote.

「したがって、控訴人は無罪とし、釈放されるべきだ」と裁判官は結論づけた。裁判官の一人は、「ビビを告発する人は、7世紀にムハマンドとキリスト教徒の間で結ばれた契約を侵害している」と非難する。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
“Therefore, the appellant being innocent deserves acquittal,” the judges concluded.

One even accused Bibi’s accusers of violating a covenant made by Muhammad with Christians in the seventh century but still valid today.

「冒とくは重罪。しかし、控訴人の宗教と宗教的感情を訴え、預言者ムハンマド(平和なる者)の名前で虚偽と真実をごちゃ混ぜにすることも冒とく的だ」と裁判官アシフ・サイード・コーサは記している。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
“Blasphemy is a serious offense,” wrote justice Asif Saeed Khosa, “but the insult of the appellant’s religion and religious sensibilities by the complainant party and then mixing truth with falsehood in the name of the Holy Prophet Muhammad (Peace Be Upon Him) was also not short of being blasphemous.

アラビア語で「アーシア」は「罪深い」を意味するが、皮肉なことに今回の事例は、シェークスピアの「リア王」の言葉を引用すれば、「罪を犯しておらず、むしろ自分は被害者だ」に当てはまるようだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
“It is ironical that in the Arabic language the appellant’s name Asia means ‘sinful’ but in the circumstances of the present case she appears to be a person, in the words of Shakespeare’s King Leare [sic], ‘more sinned against than sinning.’”

夫のアシク・マシさんとロンドンにいる娘たちは、8年もの間、不当に拘留されていたビビさんの安全な解放と再会とを心待ちにしているが、いまだに獄中にいる彼女の身を案じている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Bibi’s husband Ashiq Masih and their two daughters, currently in London, anxiously await her safe release and reunion with her after eight years of wrongful detention.

パキスタンの英字新聞 The Express Tribune はこんな記事を掲載した。「AFP通信によると、80年代と90年代にアフガニスタン紛争に参加する民兵の募集と訓練に中心的役割を果たしたレッド・モスク(首都イスラマバードの重要なモスク)は、彼女の出国禁止を求め、ビビさんの名前を飛行禁止者リストに載せるため、イスラマバード最高裁判所に申し立てをした。またレッドモスクは、もし彼女が釈放されたら、反政府運動の中心的存在になるだろうと発表した」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
However, Agence France-Presse has reported that the Red Mosque [Lal Masjid]—a significant mosque in the capital, Islamabad, which played a pivotal role in the 1980s and ’90s in recruiting and training mujaheedin for the Soviet-Afghan war—filed a petition in the Islamabad High Court to put Bibi’s name “on the no-fly list” so that she could not leave the country. The Red Mosque “will become a center for the anti-government movement” if she is released, reported The Express Tribune.

国家に迫害されているキリスト教徒を支援する宣教団体オープン・ドアーズUSAのCEO、カリー・デビッド氏はこう述べている。「判決を聞いてホッとした。これらの罪状は、彼女がクリスチャンであるというアイデンティティーと虚偽の非難から生まれたものだ。パキスタンは、宗教上の自由と基本的人権を国民に提供するため、追加措置を講じることを期待する」。ちなみにパキスタンは、2018年度版ワールド・ウォッチ・リストにおいて、キリスト教徒であることが困難な50カ国のうち5位だ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
“We are breathing a sigh of relief today,” stated David Curry, CEO of Open Doors USA, “… as these charges stemmed from her Christian identity as well as false accusations against her. We are hopeful that Pakistan will now take additional steps to offer religious freedom and basic human rights throughout the country.” Pakistan ranks No. 5 on the 2018 World Watch List of the 50 countries where it’s hardest to be a Christian.

ビビさんは、パキスタンの冒とく法のもとで死刑を宣告された初の女性クリスチャン。最高裁判所まで上告されながら勝利したのは2例目になる(2002年にアヤブ・マシが釈放されたが、それがビビさんの無罪が確定される13番目の理由となった)。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Bibi was the first Christian woman sentenced to death under Pakistan’s blasphemy laws, and only the second (after Ayub Masih, released in 2002 and discussed in point No. 13 of Bibi’s acquittal) whose blasphemy case has gone up to the Supreme Court and won release.

10月8日、「クリスチャニティー・トゥデイ」のスタッフも傍聴する審理で、3人の裁判官は両者に尋問したが、31日まで判決を延期していた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Earlier this month, the three-member bench—chief justice Mian Saqib Nisar and justices Khosa and Mazhar Alam Khan Miankhel—heard arguments from both sides on October 8 at a hearing attended by CT, but reserved their verdict until today.

「国内で冒とく事件が起こらないようにするのが国家の義務であり、その行為が冒とくかどうか、個人や集団(暴徒)が決定するのではない」と彼らは記した。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
“It is the duty of the State to ensure that no incident of blasphemy shall take place in the country,” they wrote. “… However, it is not for the individuals, or a gathering (mob), to decide as to whether any act” amounts to blasphemy.

2016年判決より引用する。

「冒とく行為は不愉快で不道徳であり、不寛容の現れであるが、同時に、そのような行為についての誤った主張は、犯罪者であること以外は同じように憎まれる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Commission of blasphemy is abhorrent and immoral besides being a manifestation of intolerance but at the same time a false allegation regarding commission of such an offence is equally detestable besides being culpable.

イスラム教が冒とくされたという場合、虚偽の主張をした人に対してもイスラム教は非常に厳しい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
If our religion of Islam comes down heavily upon commission of blasphemy then Islam is also very tough against those who level false allegations of a crime.

したがってパキスタン・イスラム共和国は、そのような違法行為に関する虚偽の主張に基づいて罪のない人を捜査したり裁判にしたりすることを強制、あるいは拘束しないようにすることができる」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
It is, therefore, for the State of the Islamic Republic of Pakistan to ensure that no innocent person is compelled or constrained to face an investigation or a trial on the basis of false or trumped up allegations regarding commission of such an offence.

最高裁判官は、ムハマンドの言行録「ハディース」を引用して判決を締めくくった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
The chief justice ended the ruling by citing a hadith (saying) of Muhammad:

「注意しなさい。非イスラム教徒の少数派に対して、残酷で厳しく、彼らの権利を抑え、必要以上のものを負担させ、自由意志に反して奪うような行為を犯したら、私(預言者ムハマンド)は、審判の日にその人を訴えるだろう」(アブダウド)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
“Beware! Whoever is cruel and hard on a non-Muslim minority, or curtails their rights, or burdens them with more than they can bear, or takes anything from them against their free will; I (Prophet Muhammad) will complain against the person on the Day of Judgment.” (Abu Dawud)

このような判決結果を予想して、強硬派イスラム教徒のTLP(Tehreek-e-Labaik Pakistan )は10月14日に全国的な抗議活動を行い、「ビビが解放されれば、裁判官には恐ろしい終わりが待っているだろう」と警告した。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Anticipating such a ruling, a hardline Islamist party, Tehreek-e-Labaik Pakistan (TLP), held countrywide protests on October 14 and warned that the judges would meet a “horrible” end if Bibi was released.

「TLPは冒とく法を執拗(しつよう)なほど支持しており、預言者の名誉を守るための暴力を公然と正当化している」とVOA(ボイス・オブ・アメリカ)は語った。これは、ビビさんが釈放後に国を去った場合、残されたパキスタン在住のキリスト教徒の信仰生活を脅かすものだ(TLPは、パキスタンのスンニ派よりも穏やかではあるが、他のイスラム教徒よりも冒とく法に対しては熱狂的)。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
The TLP is “a staunch supporter of the blasphemy law and openly justify violence to safeguard what they call the honor of the prophet,” reported VOA. This frightens the minuscule population of Pakistani Christians of repercussions after Bibi leaves the country. (The TLP is the more moderate side of Sunni Muslims in Pakistan, but they are more zealous than any other Islamic sect.)

最高裁判所がビビさんの無罪判決を発表した日に、TLPのピア・アフザル・カドリール氏は次のような声明を出した。「彼女を解放することによって国家も背教者になるので、国家でさえも殺さなければならない。以前、私の fatwah(イスラム学者によって出される法律的判決)に基づいて、イクバル・バッティ(1997年に二人のキリスト教徒を冒とく罪から釈放した高等裁判所判事)はライオンに殺された。今、私はこれらの最高裁判官の判事に同じ fatwah を出し、アーシアを解放する裁判官はすべて殺されなければならない」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
“Any judge who acquits Asia must be killed,” TLP patron Pir Afzal Qadri told a public gathering the day the Supreme Court was reading Bibi’s case. “Even the state should kill him because he has become an apostate by releasing her. Earlier, based on my fatwah, Iqbal Bhatti [a high court judge who had released two Christians in 1997 in a frivolous blasphemy charge] was killed by a lion, Ahmed Sher Niazi. Now I give the same fatwah [for these Supreme Court judges].”

ビビさんの無罪判決により、冒とくを口実にしたキリスト教徒に対する数十の共同攻撃が行われ、60人以上が殺された。パキスタンでキリスト教は、冒とく法の廃止や改正を公式に要求している唯一の宗教的少数派だ。そのため、キリスト教徒に対し、多くの不相応な攻撃や残虐行為が起きている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
More than 60 people have been killed over blasphemy accusations—a fact cited by the judges in their acquittal of Bibi—and dozens of communal attacks have taken place against Christians on the pretext of blasphemy. Pakistani Christians are the only religious minority that has publicly demanded the repeal or amendment of the nation’s blasphemy laws, largely because they are the only religious minority that has—disproportionate to its size—suffered so many attacks, brutalities, and criminal litigation on account of the laws.

ビビさんは2009年6月14日の午後、他の女性労働者約20人とファルサ・ベリーを摘んでいた。そこで彼女はコーランとムハマンドに対して悪口を話し始めたため、聖職者と村の長老が会議を開き、この問題を5日間にわたり徹底的に調査した。その際、ビビさんは彼らの前で冒とく的な発言をしたと認め、許しを求めたと供述している。この裁判外で行った自白によってビビさんは警察に連行されたのだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
In Bibi’s case, the prosecution alleged that she was “a Christian preacher.” On the afternoon of June 14, 2009, she was picking falsa berries in the fields of Sheikhupura along with about 20 other female workers. There, she allegedly started speaking ill against the Qur’an and the Prophet Muhammad. An “assembly” of clerics and village elders thoroughly investigated the matter for five days, and Bibi “confessed” to saying blasphemous statements before this “assembly” and sought “pardon.” After this extrajudicial confession, she was handed over to the police.

審理裁判所は、3つの冒とく的な発言をしたとして、2010年11月にビビさんを有罪とし、死刑を宣告した。その後、教皇ベネディクト16世が彼女の恩赦を訴え、サルマン・タセール・パンジャブ州知事は彼女に会いに刑務所に行き、恩赦の訴えにサインをさせた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
A trial court condemned Bibi in November 2010 to death for allegedly speaking three blasphemous statements. The then Punjab governor, Salmaan Taseer, went to meet her in prison and had her sign a clemency appeal after Pope Benedict XVI appealed for her pardon.

ローマ教皇と州知事がビビさんを支援したことにより、「パキスタンの内政への介入だ」と、数千人が国中で抗議活動する結果となった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
The pope’s demand and Taseer’s support of Bibi resulted in thousands of people protesting across the country, declaring it to be an intervention in Pakistan’s internal affairs.

同年12月には、国が州知事を告訴しなかったため、聖職者マウラナ・ユサフ・クレシがビビさんの首に5000ドルの賞金をかけた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
In December that same year, renowned cleric Maulana Yousaf Qureshi put a $5,000 bounty on Bibi’s head while the Pakistani state couldn’t charge him.

「冒とくの疑いのある人を支援している人々も、冒とくの罪を犯しているのと同じ」として、2011年1月にタセール州知事は自身の警備員ムンタズ・クダリによって銃殺された。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Supporting a person suspected of blasphemy also translates in the eyes of many as committing blasphemy, and that resulted in Taseer’s murder. He was gunned down by his own security guard Mumtaz Qadri in January 2011.

わずか2カ月後には、唯一のカトリックの大臣で連邦閣僚のシャアバズ・バッティも、ビビさんを支援し、パキスタンの冒とく法を改正することを主張したため、タリバン(Tehreek-e-Taliban)のメンバーによって銃撃された。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Only two months later, the only Catholic Christian minister in the federal cabinet, Shahbaz Bhatti, was also gunned down by members of Tehreek-e-Taliban for supporting Bibi and for advocating that Pakistan’s blasphemy laws be amended.

2014年10月、ラホール高等裁判所は、ビビさんの事件における審理裁判所の判決を支持した。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
In October 2014, the Lahore High Court upheld the decision of the trial court in Bibi’s case.

国中の英雄として称賛されているカドリをパキスタン最高裁判所は有罪とし、2016年2月、絞首刑に処した。TLPは、カドリが不当に絞首刑されたと考える人々によって設立され、現在、国の本格的な神権を求めて闘争している。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Qadri was hailed as a hero across the country, but despite warnings the Supreme Court of Pakistan convicted him. In February 2016, he was hanged. The TLP was founded by those finding Qadri’s hanging unjustified, and is now struggling for a full-blown theocracy in the country.

最高裁判所の3人の裁判官が2016年10月に事件を審理し始めたが、一人の裁判官は最初の聴聞後に棄権を申し立て、残りの審理を不定期に延期した。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
A three-member bench of the Supreme Court started hearing the case in October 2016 but one of the judges recused himself after the first hearing, postponing the rest for an indefinite time.

今年4月、最高裁長官ニーザーはビビさんの事件をすぐに取り上げると約束したが、結局、10月8日にそれは行われた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
In April this year, chief justice Nisar promised to pick Bibi’s case back up soon, and then heard it on October 8.

パキスタンのほとんどのクリスチャンは、虐げられた「ヒンズー教徒」の階級出身だ。農村では、同じ器で食べたり飲んだりすることをしばしば拒否され、イスラム教徒からは握手をされることもない。そのような背景から、一般的にキリスト教徒はパキスタンでは「社会の除け者」と見なされている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Most Pakistani Christians come from a downtrodden “untouchable” Hindu caste, which is why in rural settings they are often refused haircuts, eating and drinking from the same utensils, and rarely even shake hands with Muslims. Because most of them hail from such a background, Christians in general are considered “untouchable” in Pakistan, despite it being an Islamic country.

2009年6月14日、畑で働いていたビビさんは、一緒に働いていた二人の女性に水を持ってきたが、ビビさんがクリスチャンだったので、二人はそれを受け取ることを拒否した。「言い争いは、水を拒絶されたことから始まり、激しい言い争いに発展した」と彼女は裁判所に供述した。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
On June 14, 2009, Bibi was working in the fields and she brought water for her two female coworkers who refused to take it from her, telling her they couldn’t since she was “Christian.” (Both the trial court and then the Lahore High Court did not take into consideration that it was not Bibi who initiated the argument, but the two sisters.) She submitted to the trial court that an argument broke out over their refusal, and “some hot words were exchanged.”

告発者の弁護士であるグラム・ムスタファ・チャウドリーは10月8日の審理で、最高裁判官の前で以下のように述べて争った。「アーシア・ビビは、何百年も前にイスラム・スペインで始まったムーブメントとは何かを話した」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Her accuser’s lawyer contended before the Supreme Court, in the October 8 hearing attended by CT, that “Asia Bibi exactly spoke what [hundreds of years ago] started as a ‘movement’ in Muslim Spain.”

「それはイスラム教がスペインを支配していた時に始まり、今ではイスラムとイスラム聖職者を軽蔑するキリスト教の一部となっている」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
“It started in Spain [when it was ruled by Muslims] and now it is part of the Christian faith to disrespect Islam and the Holy Prophet,” said Ghulam Mustafa Chaudhry, counsel for complainant Muhammad Salaam.

「司祭はスペインでキリスト教徒の若者を集め、『預言者ムハマンドを無視するまで、パラダイスに入ることはできない』と教えた。その後、毎日、キリスト教徒の若者が出てきて、預言者に対して無礼な話をし、斬首された」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
“A priest gathered Christian youths in Spain and taught them that they could not enter paradise until they disrespected the Prophet Muhammad. After this, each day a Christian youth came out who spoke disrespectful words against the Prophet and was beheaded.”

ビビさんは、自分は文字の読み書きができないため、彼女がキリスト教伝道者であることを検察は証明できなかったと裁判所に申し出ていた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Bibi had submitted in court that she was illiterate and that the prosecution failed to prove that she was a “Christian preacher.”

この事件を調査した警察官のムハンマド・アミン・ボカリと土地所有者のムハンマド・アイドリーは共に裁判官の前で、「飲料水に関する交渉から問題が生じた」と証言した。しかし検察側は、「ビビさんが議論を挑発したのであり、彼女はキリスト教伝道者だ」と主張した。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Police superintendent Muhammad Amin Bokhari, who investigated the case, and the land owner, Muhammad Idrees, both testified before the trial court that the matter arose from an altercation over drinking water. But the prosecution claimed that Bibi was a preacher to hide the “provocation” element in the argument. However, Supreme Court justice Khosa noticed this.

しかし最高裁判所のコーサ裁判官はこう語った。「裁判が始まる前に、最初の調査報告書を書いた弁護士の供述についてはどう思うか。アーシア・ビビが発言したという侮辱的な言葉は、実際に彼女に訴えを起こした弁護士によって作られた可能性がある」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
“But what do you think about the lawyer [who was never identified or presented in court] who wrote the First Information Report?” said Khosa. The judge “remarked that it was possible that the blasphemous words that Asia Bibi was accused of uttering were actually made by the lawyer who drafted the complaint against her,” reported Dawn.

一方、チャウドリー弁護士はこう述べる。「パルダ(女性を男性からかくまう、南アジアのイスラム教徒間の風習)を忠実に守っている女性が裁判所に来て、証拠が矛盾しているからといってビビの処罰は撤回されるべきではないと申し出た」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Chaudhry said that faithful women observing purdah [the practice among South Asian Muslims of “screening” women from men]had come to the courts to give evidence and that Bibi’s punishment should not be canceled over technical matters.

コーサ裁判官はこうも述べている。「証人と苦情申立人が、彼らの証言から事実の一部を取り除いて真実を曲げた」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Khosa also stated that the witnesses and the complainant adulterated the truth by removing the part of the incident from their testimony which was not going in their favor.

「イスラム教徒はこんなことを受け入れることはできない」とチャウドリー弁護士。「被告はこの罪を犯した後、英雄になる。彼らの家族は海外に亡命する。冒とく以上に最悪の犯罪はないにもかかわらず、一人も絞首されないことなどありえようか」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
“No Muslim can even think of doing this,” said Chaudhry in response. “The defendants turn into heroes after committing this crime. Their families get asylum abroad. There cannot be a worst crime than blasphemy, but not a single individual is ever hanged.”

しかし、裁判官はこれらの主張には納得せず、信憑性のある証拠を提示するよう求めた。最高裁判官は、「裁判外での被告人の自白は、刑法上最も弱い証拠だ。それは容認できる証拠だが、最も弱い」と述べた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
The judges, however, did not seem convinced over these assertions and asked to be presented credible evidence. The chief justice said that extrajudicial confession was the weakest form of evidence in criminal law. “It is admissible evidence, but the weakest one.”

この判決でコーサ裁判官は、ビビさんの告発者と下級裁判所の両方を批判した。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
In today’s ruling, justice Khosa criticized both Bibi’s accusers and the lower courts.

「この事件のあらゆる事実的側面に関して、検察が提出した証拠には目立った矛盾がある。真実を話さないか、少なくとも全部の真実を明らかにしないための証拠を提供し、実際に事実を知っている関係者から話を聞かずに捜査を行っている。不利な状況につながる事実であっても、真実全体を明らかにしなければならない。それに加えて、都合のよいことや明らかな嘘(うそ)に下級裁判所が言及しなかったことは遺憾だ」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
“The glaring and stark contradictions in the evidence produced by the prosecution in respect of every factual aspect of this case … lead to an irresistible and unfortunate impression that all those concerned in the case with providing evidence and conducting investigation had taken upon themselves not to speak the truth or at least not to divulge the whole truth,” he wrote in a concurring opinion. “It is equally disturbing to note that the courts below had also, conveniently or otherwise, failed to advert to such contradictions and some downright falsehood.

また、「全能のアラーがコーランで定めたことに注意を払っていれば、関係者全員がもっとうまくやれただろう」と補足意見の中で書いている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
“All concerned would have certainly done better if they had paid heed to what Almighty Allah has ordained in the Holy Qur’an:

「あなたの信仰の中で、アラーのために堅く立ち、正義の証人となり、民を憎まないように守ってください。それが正義です。アラーを恐れます。確かにアラーはあなたがしていることを知っています」(サラ・マダイダ8節)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
“O you who have believed, be persistently standing firm for Allah, witnesses in justice, and do not let the hatred of a people prevent you from being just. Be just, that is nearer to righteousness. And fear Allah; indeed, Allah is acquainted with what you do.” (Surah Al-Ma’idah: verse 8)

「罪に陥ってはいけません。もしあなたが証言を歪め、それを断っても、アラーはあなたがしていることを知っています」(アラ・ニサ135節)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
“So follow not [personal] inclination, lest you not be just. And if you distort [your testimony] or refuse [to give it], then indeed Allah is ever, with what you do, acquainted.” (Surah An-Nisa: verse 135)

コーサ裁判官はまた、「628年にシナイ山でキリスト教徒の修道士とムハマンドよって作られた約束を破った」とビビさんの告発者を批判した。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Khosa also criticized Bibi’s accusers for violating a covenant made by Muhammad with Christian monks on Mount Sinai in 628.

「成立した約束は永遠で普遍的であり、カタリナ修道院だけにとどまらなかった」と彼は書いている。「憲章によって授けられる権利は譲渡できない。そしてムハマンドは、『キリスト教徒全員が彼の盟友であり、キリスト教徒を虐待することは神との契約に違反する』と宣言した」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
“The promise made was eternal and universal and was not limited to St. Catherine alone,” he wrote. “The rights conferred by the charter are inalienable and the Holy Prophet Muhammad (Peace Be Upon Him) had declared that Christians, all of them, were his allies and he equated ill treatment of Christians with violating God’s covenant.

「憲章は、キリスト教徒が特権を享受するための条件を課しておらず、彼らがキリスト教徒であるだけで十分だったことは注目に値する。彼らは信念を変える必要はなく、支払いをする必要もなく、何の義務もなかった。この憲章は、いかなる義務も必要ないという権利であり、財産権、宗教の自由、労働の自由、人の安全を明確に保護するものだ」と彼は結んでいる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
“It is noticeable that the charter imposed no conditions on Christians for enjoying its privileges and it was enough that they were Christians,” he wrote. “They were not required to alter their beliefs, they did not have to make any payments and they did not have any obligations. The charter was of rights without any duties and it clearly protected the right to property, freedom of religion, freedom of work, and security of person.”

本記事は「クリスチャニティー・トゥデイ」(米国)より翻訳、転載しました。翻訳にあたって、多少の省略をしています。

出典URL:https://www.christianitytoday.com/news/2018/october/asia-bibi-free-pakistan-blasphemy-death-supreme-court.html

関連記事

神学校特集
フェローワーカー募集中!
フェローワーカーとは 献金のお願い
クリスチャンプレスは皆様の祈りとサポートで支えられています

日本聖書協会おすすめ聖書特集

-クリスチャニティー・トゥデイ

Copyright© クリスチャンプレス , 2020 All Rights Reserved.