ヴェルサイユ宮殿の王室礼拝堂、修復工事が終了

ヴェルサイユ宮殿王室礼拝堂

2017年より3年間に渡って修復工事が行われていたフランス・ヴェルサイユ宮殿の「王室礼拝堂」の修復が終了した。3日、日本メディアとしてはで初めて取材を許可されたANNが報じた。

ヴェルサイユ宮殿は1682年、絶対君主制を築いたことでも知られるフランス王・ルイ14世によって建設された。バロック建築の代表作ともいわれ、1979年には世界文化遺産に登録されている。

王室礼拝堂は、王室の主席建築家であったジュール・アルドゥアン=マンサールによって1699年から建造が始まり、完成には11年もの月日を要したという。床には美しい大理石が敷き詰められており、天井を見上げれば、キリスト教の教理である“三位一体”※を表現したフレスコ画が描かれている。大きなオルガンは、フランスを代表するオルガン建造家、フランソワ=アンリ・クリコが手がけたものだ。

※父なる神、子なるイエス・キリスト、そして聖霊が一体(一つのもの)であるという考え方のこと

ヴェルサイユ宮殿はフランスを代表する観光名所でもある

かつてこの場所は、毎日の礼拝はもちろんのこと、聖霊勲章(現在の国家功労勲章)の授与など、さまざまな催し物の際にも用いられた。1770年にはルイ16世とマリー・アントワネットの結婚式が執り行われた。

フランスで最も訪れたい観光地の一つに数えられるヴェルサイユ宮殿だが、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、現在は閉館中。公式サイトでは、歴史的建造物を維持するための寄付を募っており、オンラインショップでオリジナルグッズ等の販売も行っている。

ヴェルサイユ宮殿公式サイト:https://en.chateauversailles.fr/

Share

Related Posts

  1. スコット・マクナイト著『福音の再発見』新装改訂版 出版記念トークイベントのゲストに岩渕まこと氏

  2. 2倍の祝福を受けて2人のダウン症児を育てる 益子昌貴さん

  3. キリストの弟子たち(1)ペトロ(12使徒) 編集部

  4. 【インタビュー】卒業後も「教会を愛する」クリスチャンを育てる KGK総主事と副総主事に聞く(1)

  5. 8月23日はディック・ブルーナの誕生日

  6. カトリック京都教区、聖週間から復活節第二主日まで公開ミサを休止

  7. 【米CT】トランプ大統領にとって手痛いのは、福音派白人層よりもカトリックの白人層を失うこと。(2)

  8. 日本宗教連盟 持続化給付金めぐり宗教法人も支給対象とするよう自民党に要望していた経緯を公開 2020年6月26日

  9. 【米クリスチャニティ・トゥデイ】とらえどころのない存在⑨ もはや舞台のスターとなった説教者(前編)

  10. カトリック大阪大司教区、9日の聖木曜日から公開ミサを再開する予定だったが、4月末まで中止を延長

  11. 台風21号 西日本の教会にも大きな爪あと

  12. 【米クリスチャニティ・トゥデイ】アドベントにゆっくりメシアを待つ方法(対訳)

  13. 【米クリスチャニティ・トゥデイ】福音派クリスチャンがトランプに投票した2016年大統領選についての調査(対訳)

  14. ローレンス・デ・ヴリースさんと月本昭男さん「聖書 聖書協会共同訳」発行記念公開講演

  15. 理辺良保行上智大学名誉教授、帰天 80歳

クリスチャンプレス をご支援ください

300円 1000円 5000円 10000円

※金額のご指定も可能です。

金額をご指定

リンク用バナーダウンロード

画像をダウンロードしてご利用ください。

リンクを張っていただいた場合は、ご連絡いただけると幸いです。