クリスチャニティー・トゥデイ

【CHRISTIANITY TODAY】あらゆる手話によって福音を(対訳)

投稿日:2019年1月22日 更新日: -

16カ国のクリスチャンがついに、それぞれの国の手話による新約聖書を手にすることになった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Christians in 16 countries will finally get their own versions of New Testament stories.

およそ16万人が初めて新約聖書に触れられるのだ。ろう者のための手話訳聖書製作のため、「パッション・カンファレンス」で約50万ドルの献金が集まったおかげだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
An estimated 160,000 people will be able to experience New Testament stories in their own sign languages for the first time thanks to this week’s Passion Conference, which raised nearly a half-million dollars for Bible translations for the deaf.

手話訳聖書アプリ(提供::日本ろう福音協会)

ろう聖書協会によれば、手話は世界中に数百も存在するが、聖書全巻の手話訳はない。自分が使う手話で御言葉に触れることは、聖書のより深い理解に欠かせないのに、それができるのは世界のろう者のわずか2%だという。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Though there are hundreds of sign languages, none have a full Bible translation, and just 2 percent of deaf people around the world have access to the Gospels in their sign languages, which is crucial for deeper understanding of Scripture, according to the Deaf Bible Society.

「パッション2019」で4万人から集められた献金は世界16カ国に届けられ、福音書の手話訳に役立てられる。メキシコ、キューバ、コロンビア、モルドバ、エジプト、ガーナ、南アフリカ、タンザニア、エチオピア、南スーダン、ミャンマー、タイ、マレーシア、フィリピン、日本、そしてロシアだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Donations from the 40,000 students at Passion 2019 will go toward translating Gospel stories for the deaf in 16 countries: Mexico, Cuba, Colombia, Moldova, Egypt, Ghana, South Africa, Tanzania, Ethiopia, South Sudan, Myanmar, Thailand, Malaysia, the Philippines, Japan, and Russia.

この数年でルーイー・ギグリオの学生カンファレンスでは数百万ドルの献金を集めているが、参加者に手話訳聖書製作の支援を呼びかけたのは今回が初めて。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
In recent years, Louie Giglio’s popular student conference has raised millions for justice causes, but this was its first year urging participants to back sign language Bible translations.

カンファレンス」はアトランタ、ダラス、そしてワシントンDCで開かれた。フィリピンでバイブル・スタディーのリーダーを務めるろう者の女性がメイン・ステージに立ち、手話で祈りをささげ、通訳を通してアピールした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
The event, held in Atlanta, Dallas, and Washington, DC, featured from the main stage a 21-year-old who leads Bible studies for the deaf in her community in the Philippines. She prayed in sign language and appeared with an interpreter.

「私は耳に障がいがあり、左耳に補聴器をつけています。今年の『パッション2019』の目的がろう者への支援と知って涙が出た」と参加者の一人はツイッターでつぶやいた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
“I’m partially deaf and wear a hearing aid in my left ear. So to hear that the #Passion2019 mission this year is to help reach deaf community, I cried,” tweeted one attendee.

ウィクリフ聖書翻訳協会によると、世界ではおよそ400種の手話が使われており、手話訳は聖書翻訳の最後のフロンティアと考えられていたという。新約聖書がすべて訳されているのは米国手話だけだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Sign languages, with an estimated 400 different versions used around the world, have been considered the final frontier for Bible translation, according to Wycliffe Bible Translators. American Sign Language is the only one that has a full New Testament translation.

手話は書き言葉や話し言葉とは構造が違うため、聖書を手話で視覚的に語るためには独自のプロセスが必要となる。ろう聖書協会は、「年代別聖書翻訳(CBT)では物語ごとに訳すが、書物別翻訳(BBB)では章・節ごとに訳している」と説明する。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Because sign languages aren’t structured like text-based or spoken languages, they require their own processes for passages of Scripture to be told visually through sign. Chronological Bible Translation (CBT) translates the Bible by stories, while Book-by-Book (BBB) translation uses the chapter and verse structure, the Deaf Bible Society explained.

「パッション」の参加者からの44万8000ドルの献金は、「あらゆる言語で聖書翻訳」キャンペーンに用いられる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
The $448,000 in donations from Passion attendees will go toward its Hope in Every Language translation campaign.

手話訳は通常、聖書釈義や審議、再検討がすむと、ろう者同士が見て学んだり分かち合ったりできるよう、映像で記録される(ユーチューブは、子どもの教育やバイブル・スタディー、説教翻訳などのための視覚材料を提供することで、ろう者へのミニストリーを支援している)。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Once they’ve gone through the process of scriptural exegesis, consultation, and review, sign language translations are typically recorded on video so that the deaf can watch, learn, and share the stories in their communities. (YouTube has helped ministries reach the deaf with specialized visual resources for children’s education, Bible study, sermon translation, and more.)

この数十年、日本の翻訳者は聖書の日本手話(JSL)訳を進めている。クリスチャニティー・トゥデイ(CT)は2013年、日本が世界に先駆けて全聖書の手話翻訳を完成させる日が来るだろうとレポートした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
For decades, translators in Japan have made progress translating the Bible into Japanese Sign Language (JSL). In 2013, CT reported that the country may one day become the first to finalize a complete Bible translation.

日本で30年以上にわたって働いているマーク・ペナー氏は、これまでろう者のための教会開拓を行っていたが、ウィクリフの協力による日本手話およびタイ手話プロジェクトの一環として、手話翻訳の体系化にその働きを移している。聴覚障がいを持つ日本のクリスチャンが、書かれた聖書を使うしかなかった頃、聖書全体の福音を伝えるのにたいへん苦労したという。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Over 30 years in Japan, Mark Penner shifted his role from being a church planter among the deaf to organizing translation efforts as part of Japanese Sign Language and Thai Sign Language projects supported by Wycliffe. When deaf Christians in Japan relied only on written text, they struggled to interpret the gospel message throughout Scripture, he said.

「長くて複雑なものを把握できないと、単純なことしか理解できません。『これをしなさい。あれをしてはいけない』に終始してしまうのです。そのため教会は律法主義的になりがちです」とペナー氏。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
“If you can’t grasp the meaning of the long, complex stuff, you grasp the meaning of the simple stuff. And that’s, ‘Do this, don’t do that. Do this, don’t do that.’ So your churches tend to end up being very legalistic,” said Penner.

「それでは、神の愛や恵み、真実を深く理解できないことになります。言葉にできないために、神について理解できないことが非常に多いのです」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
“And you can’t really dig down and get a deep understanding of the love of God, the grace, the truth. There are just so many things about God that you can’t really grasp because it’s not in your language.”

世界70万人のろう者に手話訳聖書を届けようという2017年のサイレント・マイノリティー・キャンペーンで、手話がどのように視覚的に物語を構成するかをウィクリフは説明している。たとえば、イエスが5000人に食べ物を与えた話(マルコ6:30~44)では、どれだけ多くの男性とその家族がその場にいたかの描写から始まる。このことは、書かれた聖書では最後の節まで出てこない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
In its Silent Minority campaign, a 2017 initiative to bring more translations to the world’s 70 million people who are deaf, Wycliffe described how sign languages often structure stories around visual setups—like opening the story of Jesus feeding the 5,000 (Mark 6:30–44) with the detail about how many men and their families were there, which doesn’t come until the final line in the written text.

「手話訳翻訳の目標は、福音を広め、書かれた聖書にろう者が頼らず、心の言葉で聖書を持つことです」と、タイの年代別聖書翻訳チームのリーダー、パストラポーン・サラコンは言う。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
“My goal for the Scripture translation is to spread the Good News so that Deaf people don’t have to rely on the written word but can have it in their heart language,” said Pastraporn Sarakong, leader of Wycliffe’s Chronological Bible Translation team in Thailand.

「私たちはみな罪人ですが、神が赦(ゆる)しと和解の道を用意してくださったという福音を理解してほしい。それが神が望まれることであり、私がみ旨に従うことで、ろう者が暗闇に取り残されることなく、福音を理解し、神を知ることができるよう定められたのです」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
“I want them to be able to understand the Good News that, although we have all sinned, God has provided a way for us to be forgiven and reconciled to him. I know that is God’s desire, and he’s put it on my heart to obey him so that the Deaf are not left in the dark but can come to understand the Good News and come to know God.”

アトランタでのパッションに参加したフィリピンの若いリーダー、アイラは、フィリピン手話に訳されている10の物語を用いたバイブル・スタディーを始めた。こういった翻訳は、ろうクリスチャンが聖書を学ぶ助けになるだけでなく、学んだことを共有するのにも役立つ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Ira, the young Filipina leader who attended Passion in Atlanta, launched a Bible study using the 10 stories that have been translated into Filipino Sign Language so far. Such translations make it easier for Christians to not only understand scriptural lessons for themselves but also to share them with fellow members of the deaf community.

また、ろうクリスチャンの信仰を養い、教会につながり、福音を自分のこととして理解する助けにもなる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
These stories help deaf Christians grow in their own faith, remain connected to their churches, and internalize the gospel message.

「今日は世界中のろうの人にとって勝利の日。手話訳聖書の必要性が広く認識されました。この活動に光を当ててくれたルーイー・ギグリオに感謝!」と、ろう聖書協会はフェイスブックに投稿した。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
“Today was a win for Deaf people all around the world as we raise awareness for the need for sign language Bibles,” the Deaf Bible Society posted on Facebook. “Thank you Louie Giglio for shedding light on this movement!”

「パッション」の学生たちは2011年の聖書翻訳プロジェクトのために25万ドル近い献金を集めた。2年前には、カンファレンスの出席者が7000人の子どものスポンサーとなった。ミニストリーの歴史の中でも最大規模の支援だ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Passion students previously raised nearly a quarter-million dollars for a Bible translation project in 2011. Two years ago, conference attendees sponsored 7,000 children, including every Compassion child available in four countries, in the largest donor surge in the ministry’s history.

パッションの参加者は2012年、「現代版奴隷制」に歯止めをかけるために3300万ドル、2015年にはホームレスのために2万枚のタオルとソックス、2016年にはシリアの女性と子どものための病院に80万ドルを支援している。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
As CT previously reported, the crowds at Passion had also given $3.3 million to end modern slavery in 2012, 20,000 towels and socks for the homeless in 2015, and $800,000 for a hospital for women and children in Syria in 2016.

第21回パッション・カンファレンスは、マット・チャンドラー、クリスティン・ケイン、チャド・ヴィーチらを迎え、レクレーやカリ・ジョブなどの人気クリスチャン・アーティストによる演奏も行われ、金曜日に閉会した。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
The 21st annual Passion Conference, which concluded Friday, featured Matt Chandler, Christine Caine, and Chad Veach, with music by Lecrae, Kari Jobe, and other popular worship artists.

執筆:ケイト・シェルナット

本記事は「クリスチャニティー・トゥデイ」(米国)より翻訳、転載しました。翻訳にあたって、多少の省略をしています。

出典URL:https://www.christianitytoday.com/news/2019/january/passion-deaf-bible-society-wycliffe-sign-language-translate.html

 

Print Friendly, PDF & Email
よかったらシェア

関連記事

神学校特集
フェローワーカー募集中!
フェローワーカーとは 献金のお願い
クリスチャンプレスは皆様の祈りとサポートで支えられています

日本聖書協会おすすめ聖書特集

-クリスチャニティー・トゥデイ
-

天城山荘・キャンペーンエントリー


クリプレ限定キャンペーン

必須お名前

必須メールアドレス

任意メッセージ内容

フェローワーカーに登録すると合わせて感謝

*本キャンペーンはクリプレ限定です、お問い合わせ窓口もクリプレのみの対応となります。
*施設詳細はこちら http://amagisanso.com/

天城山荘

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial

Copyright© クリスチャンプレス , 2019 All Rights Reserved.