クリスチャニティー・トゥデイ

【CHRISTIANITY TODAY】牧師の自殺──私たちが知っておくべき3つのこと(前編)

 

牧師が自殺をした。

それは思わず見返してしまうような文言だ。私たちは、牧師が自ら命を絶つような事態を想像していない。牧師たちは人々の生活を助け、新しい人生について話す人々だ。自らの命を終わらせるような人々ではない。しかし悲劇は起こった。ジャリッド・ウィルソン※は、他の著名な牧師たちと同じように自殺で亡くなったのだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
That’s a sentence that might cause us to look twice.
We don’t expect pastors to take their own lives. They help people with their lives.
They talk about new life. They don’t end their own.
And yet another tragedy happened. Yet another well-known pastor—Jarrid Wilson—died by suicide.

ジャリッド・ウィルソン(自身のツイッターから)

※ジャリッド・ウィルソンは米国の牧師、カウンセラー。米カリフォルニア州のメガチャーチ「ハーベスト・クリスチャン・フェローシップ」で副牧師を務めるかたわら、希死念慮を持つうつ病の人を支援する働き「希望の賛歌」を妻とともに設立した。二人の男児の父親。9月9日に30歳で自殺した。著書に『30の言葉──私たちの残りのための祈り』、『不思議な探究──全能の神との日ごとの出会い』、『愛は酸素──神はどのように命を与え、あなたの世界を変えるか』などがある。

すべての自殺は衝撃的なものだが、著名な牧師(またはキリスト教界の有名人)が自分の命を絶つとき、そこにはある種の疑問が浮かぶ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Every suicide shocks us, but when a well-known pastor (or any Christian public figure) takes his or her own life, it causes questions to arise.

それはもともと考えるべきことなのかもしれない。私たちはそのことを通して、「牧師とは何者であり、何を行う人なのか」という現実的な問いに直面させられる。このことが世界自殺予防デー(9月10日)というタイミングで起こったことで悲劇性が高められている部分もあるだろう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Perhaps it should. Perhaps in some ways it brings us back to the reality of who pastors are and what they do. Perhaps the tragedy is compounded even more by the fact that so many of us are hearing about it on World Suicide Prevention Day.

世界自殺予防デー

今朝目を覚ましたとき、私は自殺に関する記事を書くつもりはなかった。私はこの重要な日について考えを巡らせてはいたものの、それはツイッターにあとで投稿するだけに留めるつもりでいた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
When I woke up this morning, I hadn’t actually planned to write an article on suicide. I debated it, but decided simply to tweet later in the day about this important day.

ところが、友人であるジャリッドについての記事を目にしてしまった。彼は牧師であり、メンタルヘルスについての識者でもあった。このことを受けて私は、この記事が牧師や教会指導者への励ましになることを願いつつ、いくつかの思いを共有したいと思う。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
But then I read about my friend Jarrid, a pastor and mental health advocate. So instead, I want to share some thoughts that, I hope, might be of some encouragement to pastors and church leaders.

個人が世界自殺予防デーに意識を高める一つの方法(写真:Gourami Watcher)

まず初めに書いておきたいのは、今日多くの人が自殺について多くの有益なことを書いていること、その言葉は注目して読むに値するものだということだ。それらのいくつかはキリスト教の指導者によるものであり、私はよくリック・ウォーレン(毎週2万2000人が礼拝に出席する南部バプテスト連盟・サドルバック教会の主任牧師)とケイ・ウォーレン夫妻がシェアしていることに目を通すようにしている(彼らのコメントはこちら)。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Let me first say that many people have written many helpful things about suicide today, and they’re worthy of our reading and our attention. Some of them are by Christian leaders, and I often look to Rick and Kay Warren for what they might share. (See their comments here.)

私も以前、教会と自殺についての記事を「クリスチャニティー・トゥデイ」に書いたことがある。そして、キリスト教コミュニティー以外でも無数の情報が提供されている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
I’ve written about the church and suicide before as well.
But there are countless resources out there written from outside the Christian community as well.

残念なことだが、福音派コミュニティーには、自分たちのコミュニティーの外に助けを求めることをためらうという現実がある。しかし正直に言ってこれは、メンタルヘルスの問題が深刻化している私たちの助けになりうる重要な情報だ。特に私たちはみな、自殺予防ホットラインの番号を知っているべきだろう。それが必要となる時が来るかもしれないのだから。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Regrettably, one of the realities of the evangelical community is our hesitancy to look outside of our community for help. But truth be told—and I can attest from this very reality in my own extended family—these are important resources that can help us as we deal with the growing issue of mental health. Notably, it is important that all of us know the number of the suicide prevention hotline, for at some point we may need to use it. (That number is 1-800-273-8255, by the way.)

これは、牧師を含む私たち全員にとって非常に現実的な問題であることを認識する必要がある。結局のところ、牧師も人の子なのだ。そして牧師には、うつ病やその他の問題が余計に重荷となる特殊な理由がある。そのいくつかを紹介しよう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
We must recognize this is a very real issue for all of us, including us pastors. Pastors, after all, are people too. And sometimes there are unique reasons pastors struggle with depression (and other issues). Let me share some of those reasons.

宣教の裏側

一つめの理由は、舞台裏で何が起こっているか、教会の多くの人が知っていないということだ。現実には、牧師は心理的・感情的・精神的な苦しみを負っている。彼ら彼女らの中には、うつ病などの病気と戦う現実を抱えている人もおり、それはイエスの弟子や牧師になることで消え去るわけではない。チャールズ・スポルジョンは、うつ病の激しい発作に苦しんでいたことが知られている。またホイートン大学のフィリップ・ライケン学長は、自らのうつとの闘病について詳(つまび)らかに話したこともある(動画参照)。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
First, I think many times people in the church are unaware of what happens behind the curtain. The reality is that pastors struggle psychologically, emotionally, and spiritually. They struggle sometimes with physiological realities in and around depression, and becoming a follower of Jesus and becoming a pastor does not necessarily make those things disappear. Charles Spurgeon was well known for his deep bouts with suffering and depression. Wheaton College president, Philip Ryken, transparently shared about his own struggle with depression.

しかし現実には、舞台裏を見ることは難しい。私はほとんどの日曜日、人々の前に立って、「私の素晴らしい人生」について話すことができている。だが一方で、「素晴らしい人生」からほど遠い月曜日や金曜日だってあるのだ。それは他の多くの人もそうだろう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
But the reality is, it’s hard for us to look behind the curtain. I will tell you that most Sundays I can get up in front of a group of people and speak “my best life.” But there are also Mondays and Fridays where my best life is far from my concern, and so it is with many of us.

牧師が真の関係性を築き、必要な助けを得るにあたって、時には教会の構造自体が妨げの壁となることだってある。(後編に続く)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Sometimes, the structure of church itself creates and perpetuates that very curtain that keeps pastors from being in true relationships and getting the help they need.
Print Friendly, PDF & Email
よかったらフォローお願いします。
よかったらシェア

関連記事

神学校特集
フェローワーカー募集中!
フェローワーカーとは 献金のお願い
クリスチャンプレスは皆様の祈りとサポートで支えられています

日本聖書協会おすすめ聖書特集

-クリスチャニティー・トゥデイ
-

天城山荘・キャンペーンエントリー


クリプレ限定キャンペーン

必須お名前

必須メールアドレス

任意メッセージ内容

フェローワーカーに登録すると合わせて感謝

*本キャンペーンはクリプレ限定です、お問い合わせ窓口もクリプレのみの対応となります。
*施設詳細はこちら http://amagisanso.com/

天城山荘

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial

Copyright© クリスチャンプレス , 2019 All Rights Reserved.